Hatena::Groupmanabiai

toitoi37の『一日一善』

信州大学と三崎研究室を卒業し、現在常勤講師として中学校で理科を教えているtoitoi37です。自身の担当している学級で『学び合い』をしています。 沢山の方々と交流し、『学び合い』たいと思います。 メールアドレスは、yamaden.toidyと@gmail.comを繋いでください。

2010-01-27充実した一日でした・・・

 1月23日 越後の会に行ってきました!!

学び合い』の会は何度行ってもほっとします。自分が何かを得ようと、吸収しようとして行く場所ですので、たくさんの驚きや考察をします。「教育」は毎日、学校現場で毎日触れているテーマですが、それについて意識して深く思考する、ということは普段中々しないので、非常に濃い、充実した一日となりました。

 J大の方々、準備に受付(駐車場誘導の方々には感謝でした)にと本当に大変だったと思います。充実した時間を過ごすことができました。学ぶ環境設定が整えられていました。本当にありがとうございました。

もう少し落ち着いた頃に、越後の会についてゆっくりと書きたいと思います。


 怒りまくった一日でした。

 久し振りに更新した日記がこんな内容でいいのか…という感じですが、本当に疲れました。

 ある生徒達は、溶かしたロウを実験に全く関係ないことで遊びに使い怒られ、他の生徒は、私の指導案簿を勝手に見て怒られ、ある生徒は不要物を持ってきて怒られ、ここまでくると疲れてイライラしているので、クラスの学活でも遊んでばかりいる生徒(顧問をしている部活の生徒であったために余計に)にもつい口をついて「今何の時間!?」と大きな声を出してしまったり。。

 疲れているときはちょっとしたことでも目についてしまって、イライラしてしまうもので、いけませんね。。

 「怒れるのは若いうちだよ~」と現場の先生には言われますが、今日は一時間に1回は怒っていました。感情で怒ってはいけないと思い、(帰りの会の頃にはやや感情的になっていましたが…)言葉を選んで話すので余計に疲れてしまいます。

今日、反省したのは、生徒を怒っている時間は私が抜けて、授業が進まないわけですから、今更ですが、授業の導入をやった後に生徒指導をした方がいいかも…と思いました。現場の先生方はどのようにしているのかも気になるところですが。。

若干、生徒に八つ当たりなんかもしてしまいましたが(生徒のお腹をつついたりして)、そんな部分も受け入れてくれている(?)生徒に感謝です。

SNE6149SNE61492010/01/28 16:02なんで叱られているのかが生徒に伝わっていればいいね~
理不尽な叱り方はしないようにね~

toitoi37toitoi372010/01/28 17:38いつも生徒と話をした後に
「何か納得いかないところはあるか?」
とは聞いているけれどね。。
言えるわけないよねぇ(笑)
いつもはそんなガミガミ言わないところを言われるから、びっくりはしてるかも…

OB1989OB19892010/05/15 06:247月3日(土)に「第6回『学び合い』を共に学び合う長野セミナーin松本」があります。ぜひお越しください。お会いできることを楽しみにしています。

2010-01-06遅ればせながら…

 あけましておめでとうございます!

 昨年は何から何まで『初めて』の1年でした。教員になって0年目から『学び合い』を行うという無謀なことをして、感じたことは数多くありました。嬉しいこともしんどいことも、今の割り切った自分に繋がってきていると思うと、色々と経験させてもらった感謝の1年でした。

 今年は昨年感じた数多の失敗を1つでも多く、プラスに変えていきたいと思っています。

 

 簡単ではありますが、今年もよろしくお願いします。

SNE6149SNE61492010/01/07 22:05まずは運転技術から(笑)
今年もよろしくお願いしますm(__)m

2009-12-10『学び合い』セミナーin松川

 充実した一時

 遅刻しちゃいけないと早めに自宅を出発し、2時間かけて松川まで行ってきました。今住んでいるところからはまだ見られない雪が積もった山々がとても綺麗で、それらをチラ見しながらの快適なドライブ。実践発表に対する不安と沢山の先生方とのお話ができることの楽しみが入り混じった複雑な気分でした。

 ですが、さすがは『学び合い』を学びにいらした方々。発表の際にはとても暖かい雰囲気を作っていただいたおかげで、素のままの私で発表をすることができました。

 

 『学び合い』を実践している立場として、私自身も『学び合い』をしていかなくちゃ…というより、もっと『学び合い』たいなぁと思いました。

 事務局の方々、先生方、本当にありがとうございました!

camel921camel9212009/12/11 01:44二つ返事で実践発表を引きう受けてくれてありがとう!来年はtoitoiに続かなきゃ!

iku-nakaiku-naka2009/12/11 07:31これからもどんどん外へ発信しましょう。
そうすると、いろいろなものが見えてきますよ~♪。

toitoi37toitoi372009/12/17 20:49コメントが遅くなり、すみませんでした。

camel921さん
まだまだ発達途上もいいところな発表でしたが、沢山の方々にご意見をいただき、温かな雰囲気の中でお話できたこともとてもありがたく思います。沢山のものを吸収していかなくちゃなぁと、思います。

iku-naka先生
内々にこもってばかりじゃいけませんよね。理科が楽しい!!って生徒に思って貰えるように、教材研究ももっとやっていかないといけないと思います。。あと3ヶ月ちょっとで終わってしまうので、生徒にも何か残したいですね。

2009-11-09教育実習生の感想

 『学び合い』授業を見て…

 先々週から教育実習生が我が校に来て、本日が教育実習最終日でした。先週、私の理科の同好会での授業を参観してくれ、「感想を聞かせてね~」と話したところ、びっしりメモを書いてくれました。ただ、残念だったのは、私の授業の良いところを言ってもらえなかったこと。

 聞けばよかったのですが、「このときはどうなんですか?」「あの場合は教師がもっと手を差し伸べるべきでは?」といった質問に答え、かつ、誤解をされては困ると思い、どういう考えで授業をしているのか、どんな考えがあっての語りだったのか、一生懸命話していたらば、結局、その部分は聞けずにタイムリミットがきてしまいました。

 

 彼女が指摘した内容は…

 ・正しい知識を確認する作業が必要なのではないのか

 ・理科の実験は‘実験の時間’‘まとめの時間’と、時間を区切って、

  実験の中での発見が理論に繋がるから、「そうか!」「なるほど!!」

  となるのではないのか。今の授業では生徒の驚きが感じられない。

 ・受験やテストのための自学自習では?

 ・理科の驚きや発見を実感するためには、教師の発問や誘導はもっと

  必要で、そんなことも組み込めたらもっと楽しい授業になるのでは。。

 ・具体的過ぎる目標は、生徒の見通しを明らかにさせすぎて、

  探る楽しみを削いでしまうのではないか。


 遠慮せず、はっきり、ばっさりとコメントする実習生さんでしたので、改めて読み返すと、ぐさりときますが、私も実践する者として、このまま誤解(?と言っていいのかは分かりませんが。。)されたままに大学に戻ってしまうのは何だかとても嫌だったので、その都度どのような意図があったのか、その対応策について話しました。

 ただ、彼女の顔を見る以上は、なるほど~とは思っていただけなかったようです。ふむむ…、自分の思っていることを相手に伝えるというのは、難しいことですね。

 「もっと解決に向かう生徒の姿を追って欲しかったなぁ」という言葉を飲み込んでしまいました。『学び合い』を知らず、授業における私の考えとほぼ真っ向から対立する人と会話をするのは、怖い(…と言っていいのか分からないのですが。。)です。話し終わった後、とても疲れました。

 お互いに魅力的な授業をと模索する上では、同じ方向を向いているのになぁと、ちょいと淋しくなりましたが。。ただ、彼女が質問してくる内容について、詰まることなく答えることが出来たことに、自分の成長を感じました。

 また、私自身、自らの考えを改めて振り返ることができました。やっぱりまだまだ追究して、『学び合い』を続けたいなぁと、彼女にある意味スイッチのリセットボタンを押された気分です。ぁ、お話の最後にN先生のお名前と『学び合い』をお伝えしました。

 さぁ、彼女は大学に戻って、検索してくれるだろうか・・・



 以下は私の彼女に宛てた、お手紙です。時間が無かったので、とても拙い文章になってしまいましたが。。

伝わったかなぁ。というか、これで、いいのかな。。公開するのは何だか緊張しますね(^ω^;)


先日は参観していただきありがとうございました。

(省略)

 T先生から頂いた意見の中で、これは伝えたいなぁと思った部分をピックアップしてみました。

 ちょいと理屈っぽくなりますが、ご了承ください。まず、私は『子どもは有能だ』という考えから、今の授業を行っています。すべての生徒は学習を解決できる能力をもっているこということです。

 ヒトの理解の仕方はそれぞれです。だから、私が話している内容を全ての生徒が理解できるとは思いませんし、私自身の経験で、それは無いな…と思います。人によって、この先生の言っていることは分かるけれど、あの先生はよく分からないということが、T先生の経験でもあるのではないかなぁと思います。。40人の生徒がいたら、40通りの分かり方が存在します。ですが、一斉授業だと、私は1通りの教え方しかできません。(少なくとも1時間の授業の中では。)同じ授業は2度できないですから。

 「こんなに丁寧に教えているのに、どうして分からないんだろう」と思うこともあります。これは、私の中に「これだけ丁寧に教えたのだから分かって当然だろう」という固定観念があるからです。そこにその生徒だけの分かり方があるという考えを、忘れてしまっています。これは大きな落とし穴です。

 私は誰一人として、授業が分からず、分からないがゆえにつまらなかったり、悲しい思いをしたりしてほしくありません。自分で復習しなさい・自分で分かろうとしないからダメだとは、言いたくない。

 だから今の『子どもは有能だ』という考えに則った授業を行っています。すべての生徒が一つの目標・課題に向かって、全員が授業の終わりには「分かったよ」と言って終わる授業にしたい。全員が分かるという課題なので、今までの生徒の姿から、低学力の生徒を高学力の生徒が黒板を使って一生懸命教えてあげている姿が見られました。お互いに助け合う生徒が見られます。そんな姿こそ私は大事にしたいと思っています。

 教員となってもう8ヶ月になりますが、まだまだ自身の教材研究の甘さを痛感する毎日です。日々少しづつ変化しながら、よい方向に変わりつつある生徒のよい姿を見逃してしまうこともあります。それでも、生徒は毎日を過ごしていきます。どれだけその毎日を充実したものとし、その生徒達が将来、充実した人生を送れるかを考えた時、困っているヒトを無視せず、誰かを助けてあげられるヒトになってほしいと私は願います。そういうヒトは誰かから必ず助けてもらえるからです。そしてヒトとのかかわり合いの中で折り合いを付けられる人間になってほしいと思います。学校教育の目標は『人格の完成』ですので。

 この授業の中で、そんなコミュニケーション能力をぜひつけて欲しい。そこが一番のねらいだったりします。困っている仲間を助けてあげたら、大いに褒め、見逃していたら、叱る。その繰り返しの毎日です。常に生徒全員が課題を達成できると信じ、全員が分かって教室に戻るということを求めます。ただ、信じるというのはとてもとても忍耐力のいることですが…

 私の力ではどうにもならない力を子どもたちは持っているので、その力を信じているし、頼っています。

 拙い文章になってしまいましたが、急いで書いた文章なので、伝わっているかどうか、不安ですが、J大学のN先生が『学び合い』について、本を書いていらっしゃるので、読んでみてください。

camel921camel9212009/12/07 00:39発表ありがとうございました!toitoiの飾らず、そのままを伝える発表は本当に共感できるものでした。アンケートにも名指しで分かりやすく素晴らしい発表だったとありましたよ!忙しい中本当にありがとうね!共に頑張りますぞよ!

masakichi-3masakichi-32009/12/08 03:12そうそう、toitoi37さんは飾らないから伝わるんだよ。そういう等身大のことばでできてるからこそ共感できる発表だったんだね。その点私は格好ばかりで…titoi37さんには毎度いやされております。明日のうさぎさんでもよろしくね。

camel921camel9212009/12/09 21:42昨日は素晴らしい時間をありがとう。くらい話ばかりしてごめんね。甘えん坊です。また行きましょう!
今度は、ワークシートかビデオ持参で中信ブロックの会へもどうぞ♪

toitoi37toitoi372009/12/10 10:18camel921さん
運営ありがとうございました!
ぃゃぃゃ。。こんなtoitoi37に貴重な発表の場をいただき、本当にありがとうございました。自身も今までを振り返るよい機会でしたし、自分でも改めて文字として自分に返した部分はプラスの面で大きかったので、とても充実した時間となりました。本当にありがとうございました!!
うさぎの会も付き合っていただきありがとうございました~(^ω^)

masakichi-3さん
運営ありがとうございました!
格好ばかりなんぞとんでもないですよ!!masakichi-3さんの視点は自分にないものなので、いつも尊敬しています。
私はどっちかと言うと、飾れるような言葉が出てこないだけなんですょ…
うさぎの会、ありがとうございました。
また年内に行いたいですね(^□^)

camel921さん
とんでもないです!
喋らないと胃に穴開いちゃいますよ!!
中信の会でも積極的に話題提供をしていけたらと思います。
今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

2009-11-04反省。。

 ただの文句

 こちらの思いを伝えるタイミングを逃すと、ただの文句や不満にしかならないということに、一昨日、生徒に気づかせてもらいました。

 そんなことを言った自分の姿を思い返すと、こんな先生に成ろうとしていたわけではないと、次回はそうならないよう、見ていかなくちゃいけないと思います。。

SNE6149SNE61492009/11/05 16:06「成長とは、自分の欠点を見つけて、改善することだ」とうちの母が言ってました。
toitoiは自分の欠点を見つけられたから、成長まであと1歩だね♪

toitoi37toitoi372009/11/09 20:09SNE6149さん
コメントありがとう!
そうですよね。
やゃ…
ありがとう!
一所に留まってはいけませんよね。
次々!!