Hatena::Groupmanabiai

心うなずく方へ、進め ー山形:高ー このページをアンテナに追加 RSSフィード

□自己紹介□
山形県で高校教員をやっておりますtkrst1227と申します。担当は理科です。'17.05に『学び合い』(二重括弧の学び合い)に出会い、'17.12から実践を開始しました。知識も実践期間もまだまだ浅いですが、自分自身が日々学び成長しながら、目の前の生徒のためになることに取り組んでいきたいと思います。県内外の方で『』や授業改善のために情報交換してくださる方がいらっしゃいましたらsummerkick56あっとまーくgmail.comまでご連絡くださいませんか。よろしくお願いします!

□ご案内□
◇山形『学び合い』の会
主に鶴岡と寒河江の中学校の先生方が中心となって定期的に開催されている研修会です。『』を実践されている方をはじめ、『』を知ってはいるけど実践はしていない方や『』について殆ど知らない方も参加されます。次回の開催は〈未定('1901現在)〉です。一緒に参加しませんか?多くの方をお誘いします。

◇チーム山形勉強会
授業改善をコンセプトに定期的に開催される有志教員による勉強会です。各人の日々の授業における問題課題を持ち寄ったり、テーマを決めて協議したりと取り組み方は様々です。次回の開催は〈未定('1901現在)〉です。こちらにも多くの方をお誘いします。

※どちらも開催が決まりましたら随時更新してご案内いたします。

2019/01/04 (金)

今月の勉強会の予定

17:32 | 今月の勉強会の予定 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー を含むブックマーク はてなブックマーク - 今月の勉強会の予定 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー 今月の勉強会の予定 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー のブックマークコメント

明けましておめでとうございます。

私のブログをご覧くださっている方、ご覧いただきましてありがとうございます。今年も拙い文章で自分のあれこれを発信して参りたいと思います。何かお気づきの点やご感想やご助言がありましたら是非お願いいたします。



今日から多くの方が仕事初めでしたね。お疲れさまです。自分はお休み頂いて、引き続き残りの正月休みを満喫してました(家事育児ちょいちょいやりました)。

さて、今年も昨年以上に学びの場に参加していきたいと思っております。現在の今月の予定は、

○チーム山形勉強会

・1/5(土)、PM2:00~in米沢

・授業の導入、授業におけるICTの活用について等

○菊地道場山形支部1月勉強会

・1/12(土)、PM1:00~in寒河江

・『学び合い』を考える、菊地道場のいろは等

になっています。現在自分は『』の考え方で授業を実施しておりますが、色んな方から多くの学びや刺激、情報や気付きを得るために、可能な限り幅広く研修会や勉強会に参加していこうと思います。詳細は下記をご覧ください。ご一緒できる方は是非有意義な時間を一緒に作っていきましょう。




□■□詳細■□■

○チーム山形勉強会

https://www.facebook.com/events/373841070047283/?ti=cl


○菊地道場山形支部1月勉強会

(担当の方より)

明けましておめでとうございます🎵

今年もよろしくお願いします!

早速ですが、1月の山形支部勉強会の告知をします!

テーマは『みんなでいこうか!~新年からフル回転~』

日付 1月12日(土)

場所 ハートフルセンター

 ( 山形県寒河江市中央2丁目2−1)

内容 『学び合い』について考える

   菊池道場のいろは、質問大会

   

冬の時期にたくさんの主義主張を学び、肥やしにしていきたいと思います!

今年も覚悟を決めて、突き進みます!✨

是非皆さんも参加しましょう👊

参加できる方はコメントください!

□■□詳細終■□■

2018/12/31 (月)

2018年、2学期の振り返り

22:34 | 2018年、2学期の振り返り - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー を含むブックマーク はてなブックマーク - 2018年、2学期の振り返り - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー 2018年、2学期の振り返り - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー のブックマークコメント

紅白やガキつか等をいろいろ見ながら過ごしてます。

さて、12/13の日記で紹介した授業後の振り返りカードを実物を用いて自分自身が振り返りたい。

感想等自由コメント欄は、それこそ生徒の多様性が出る。記号を用いたルーブリックでの自己評価とは違い、自由コメントでは生徒個々の生の声が聞けるし、『』に対する感想(特に自分が気にしていたのは『』に対する抵抗感や反論など、何かメッセージを残す生徒がいるのではないか、そういう生徒のため、という自分の不安?)のためであった。幸い?にも、今のところない。

さて、その自由コメント、さまざまな多種多様な書き方や内容があるが、私は今回3種類に分けてみた。それは、

A:授業の課題内容の理解における一般的な感想

B:Aよりも発展的な、高度な意見や感想

C:『』の考え方が多少なりとも伝わったのかと感じられるような感想

に分けてみた。それが以下の画像になる(アップロードが順番通りでなかったら見づらくて申し訳ございません…)。

まずAの2枚は、それぞれの生徒が「分かった」「理解した」と書いてある。こういうコメントには共通して“アウトプットしたか?しよう!”とう趣旨の返信コメントをしている。自分の分かったは自分が思っているほど分からない。だから他者の力を借りて確認しよう。そのために自分の言葉・言語で対話を通して自分の理解度を確認しよう、というようにはたらきかけている。

続いてBの3枚。これまでずっと伝えてきているが、私は授業では一切教えていない(まれに質問された場合は答えるようにはしているが、これはほんのわずか)。そんな中で、生徒たちがこのようなコメントを残すのは、生徒たちのそもそもの学力(入学時の状況)を考えると、やはり生徒“たち”は力があるんだなあと感心する。課題に対する考え方も、そこから閃いたことも、正誤であるかをおいといても発想に驚かされる。生徒たちは有能なのだなあと、こういうコメントを目にすると改めて気付かされる。

そしてCの3枚。私自身が『学びあい』という言葉をこれまで使った回数は少ないが、「全員達成」や「一人も見捨てない」なほぼ毎授業で言葉にしている。教員が言っているからという状態ではなく、なぜそうすることが得なのかを少なからず理解してくれた、もしくは、生徒なりにこの授業の趣旨を納得してくれたと感じている。こういうコメントをする生徒が、次の6割の生徒を動かしてくれるのだろうと今後も期待したい。

さて、今回は、あくまで授業で用いている振り返りカードから見えることや感じることをまとめてみました。3学期はどんなコメントが出るのかが楽しみである。何より、授業中の生徒の変容をしっかり見取っていきたい。f:id:tkrst1227:20181231223623j:image

f:id:tkrst1227:20181231223619j:image

f:id:tkrst1227:20181231223615j:image

f:id:tkrst1227:20181231223609j:image

f:id:tkrst1227:20181231223604j:image

f:id:tkrst1227:20181231223559j:image

f:id:tkrst1227:20181231223556j:image

f:id:tkrst1227:20181231223553j:image

2018/12/22 (土)

学びの場:若者座談会KADARIBA長井

23:15 | 学びの場:若者座談会KADARIBA長井 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー を含むブックマーク はてなブックマーク - 学びの場:若者座談会KADARIBA長井 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー 学びの場:若者座談会KADARIBA長井 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー のブックマークコメント

今日は勤務地の長井市で開催された上記の会に参加。

これまで校内の分掌(生徒部など)でこういうイベントに関わることなく、自ら参加することもなかった。他の会が各所で開かれる今日、思い切って地元の会に赴いた。

長井市役所地域つくり推進課の方より、長井市のリアルな現状を伺う。地方であれば大方このような現状であることは容易に想像がつくが、はたして地域の方々はどれだけ自分事ととらえているのか。行政および一部の方々だけでは中々前進しにくいのは、そこに大きな課題があるからかなと感じた。それはもちろん社会人一年目を送り出す我々教育現場の在り方も関わってくるだろう。

(元々は生粋の卓球好きの方々が集まっただけの会だったそうな…)長井を盛り上げるべく多くの方や団体を巻き込んでいくスパイクファミリーの小林さんを始め、多くの方々の長井愛を感じ、これからの長井へ対する不安よりを危惧することよりも(内心はあるとは思うけども)長井の魅力・面白さをどう引き伸ばしていこうかと前向きな考え方、けん玉を通して様々な可能性を見出だす姿勢に刺激を受ける。やはり、地元に生まれ育った人たちだからこそ、地元に対する熱量は濃く高いものがあった。

今日のイベントにおいて、ファシリテーターを立てて、ファシリテーショングラフィックを用いた、対話や協議の円滑な進行及び“見える化”の形式にも自分自身は興味関心を抱く。ファシグラは各場面でかなり有効性が高いと思う。

現役高校生は2校から計3人の参加。んーこれがいろんな意味での現状なのだろう。まだまだ現場でできそうなことはありそうだな。ただ、高校生も大人も意識改革は容易なことではない、でも、そこを変えずしての明るい長井の未来は簡単にやって来ないだろう。

地域の方々と、正にどストレートに地域のあれこれについて語る今日のような場はとても貴重だ。人との出会いが新たな学びや気付き、価値観を与えてくれる。主催された皆様、ありがとうございました。

2018/12/19 (水)

未来像を強く語る

23:46 | 未来像を強く語る - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー を含むブックマーク はてなブックマーク - 未来像を強く語る - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー 未来像を強く語る - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー のブックマークコメント

過去の授業において「こんな大人に~」とか「あんな社会人に~」とどれだけ話をしてきただろうか(ポジティブな意味で)。何度となくしてきたとは思うが、そこに自分の本音や本心がどこまで込められていたかはさだかではない。しかし今は、5年後や10年後、20年後のみんなが「こうであったら~」とか「ああであったら~」とか、具体的に言える。今日の授業では“気が利く大人になろう”だった。授業中の数人の行動とその意味を伝え、それが出来ることは素晴らしいし、そんな大人になれればもっとスゴい、と語った。教師は人それぞれ子どもや生徒たちにつけさせたい力や伸ばしてあげたい力があると思うが、それをしっかり強く語れる、こちらのビジョンをちゃんと伝えらる、他の授業や手法では出来ないとは言わないが、『』だからこそここまで考えられるし言える、そして伝わる子も出てくる。やっぱスゲーんだと改めて感じた今日でした。

※ざっくりとした内容でスミマセン…

2018/12/13 (木)

生徒の振り返りカードのコメントより

22:21 | 生徒の振り返りカードのコメントより - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー を含むブックマーク はてなブックマーク - 生徒の振り返りカードのコメントより - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー 生徒の振り返りカードのコメントより - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー のブックマークコメント

私は授業の最後の語りの前に、ルーブリック型の振り返りカードを記入させている。内容は、

①理解度

②対話の度合い

③全員達成に向けて

④自由コメント

になっている。①~③はA~Dを選択するようにしており、④は生徒がその日感じたことや気づいたことを書く。このカード自体を評価には入れないと伝えているので、④を書かない生徒も若干名いる。あくまで自分(=生徒)のために書くものであることと、私自身が生徒の『』の授業への様々な感想や意見を拾う手段であることを目的にしている。

以前も同じように振り返りカードに関しては触れたかもしれないが、ここ数回の授業で「誰も見捨てずに」とか「全員達成を目指して」など、日ごろ私が語るキーワードを用いている生徒がいた。まぁこれだけで何かがガラリと変わる訳ではないが、今までになかったことでもあるので、何か感じてくれた生徒、気付いてくれた生徒がいるのかなぁという期待から、少しの自信に繋がる出来事だった。のちほど画像も記載したい。

授業レベルで考えないことは各所でいろんな方が述べられている。どうしても私は「そうであったとしても、楽しいにこしたことはないハズ」と心のどこかで思ってしまっている。その一方で、目の前の生徒たちが、5年後や10年後にどのような姿になっているか、どのようか社会で生きているのか、それを考えながら(イメージしながら)授業の様子を見ていると、目の前の授業、取り組む30何分かの様子はさほど気にならなくなった。うまく言えないですが、やはり何を思うか、どう願うか、そこが『』では重要なんだと感じた。