Hatena::Groupmanabiai

心うなずく方へ、進め ー山形:高ー このページをアンテナに追加 RSSフィード

□自己紹介□
山形県で高校教員をやっておりますtkrst1227と申します。担当は理科です。'17.05に『学び合い』(二重括弧の学び合い)に出会い、'17.12から実践を開始しました。知識も実践期間もまだまだ浅いですが、自分自身が日々学び成長しながら、目の前の生徒のためになることに取り組んでいきたいと思います。県内外の方で『』や授業改善のために情報交換してくださる方がいらっしゃいましたらsummerkick56あっとまーくgmail.comまでご連絡くださいませんか。よろしくお願いします!

□ご案内□
◇山形『学び合い』の会
主に鶴岡と寒河江の中学校の先生方が中心となって定期的に開催されている研修会です。『』を実践されている方をはじめ、『』を知ってはいるけど実践はしていない方や『』について殆ど知らない方も参加されます。次回の開催は〈未定('18.10現在)〉です。一緒に参加しませんか?多くの方をお誘いします。
◇チーム山形勉強会
授業改善をコンセプトに定期的に開催される有志教員による勉強会です。各人の日々の授業における問題課題を持ち寄ったり、テーマを決めて協議したりと取り組み方は様々です。次回の開催は〈11.24PM2:00~in南陽市〉です。こちらにも多くの方をお誘いします。

※どちらも開催が決まりましたら随時更新してご案内いたします。

2018/11/12 (月)

心の教育《行動の教育

23:44 | 心の教育《行動の教育 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー を含むブックマーク はてなブックマーク - 心の教育《行動の教育 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー 心の教育《行動の教育 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー のブックマークコメント

週はじめ、一日最後の6時間目のあるクラスの授業。

私が担任しているクラスであるが、朝は週はじめということがあり、いつものようにグッタリだったが、予想以上に6時間目の授業は元気だった。ただ、細かく見れば、世間話をするグループ、手遊びで盛り上がるグループもちらほら。そんな中でも黙々と課題に取り組み、数人との対話で課題解決を目指すグループもいる。つまり、いつも通りである。

今日は、以前、Facebookでシェアした東京麹町中学校の工藤校長先生の話を思い出す。どんなに優しい気持ちがあっても行動できなければ優しい気持ちは無いに等しい。逆に、中身はともあれ親切な行動をできる人が評価されるのであれば、後者の方が優れていることになる。つまり、そのようにする、私なりの解釈は「やるべき時にやる(行動できる)大人にする」ことである。

今日の最後の語り、みんなエネルギーがあって良かった(本音は「本当に騒がしかったぞ!」)。あとはそのエネルギーをどこに注ぐか、だ。今現在、親御さんは何を考えているか分からないが仕事をしている。私も教員という仕事をしながら、でも人なので「今日の夕飯はなにかなぁ」とか考える。つまり、頭の中はさておき、親御さんも私も行動としてはとるべきことを出来ている。みんなにも、そのような大人になってほしい。

今思えば、その一人一人の在り方に対して、さらに全員で課題を達成するのとにへの意義や納得感を付け加えていきたいものだ。

2018/11/07 (水)

授業で大切なもの。

21:09 | 授業で大切なもの。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー を含むブックマーク はてなブックマーク - 授業で大切なもの。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー 授業で大切なもの。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー のブックマークコメント

どうしても、課題作り(A4のプリント、表だけか表裏の両面の分量)に時間を咲いてしまうが、シンプルであるほど生徒たちの多様な考えや答え、説明や疑問が出てくる。凝ればこるほどそれを阻害してしまう。それは結構前に気づいていたが、今日の授業で感じたのは、課題作りよりも、授業中(私の授業でいう、生徒たちが取り組む35分程度の時間)での見取り、そして語りが重要だ。ただ見るだけ、ただ眺めるだけの姿ではある。しかし、その時に生徒の何を見て何に気づいて、そしてどう語るかが、次の全員達成に向かう生徒の気持ちを養うことになるし、ひいては『』の意義を伝えられることにもなる。改めて本日痛感した。

補足

何か特別なことがあったわけではなく、日々の授業の繰り返しの中で、今日は感じた。なんとなくではあるが、自分自身も「昨日より今日のオレは頑張らなくては」という思いが気付かせてくれたのかもしれない。

2018/11/01 (木)

振り返りカードから。

22:54 | 振り返りカードから。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー を含むブックマーク はてなブックマーク - 振り返りカードから。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー 振り返りカードから。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー のブックマークコメント

私の1・2年生の授業では、授業の最後の方、三分程度でその日の授業の取り組みを振り返り、カードに記入させている。そのカードでは、

理解度

対話の度合い

③全員達成

の三項目においてルーブリックを用いて四段階評価をさせて、それとは別に自由コメントを記入させている。

これまでのコメントでは、

・~が理解できた、分かった、学んだ

・~と教え合えた

が多かった。しかし、ここ最近、特に昨日のあるクラスのカードのチェックで目に留まったコメントは、

・~に説明して分かってもらえた

・~が教えに来てくれた

・ネームカードを見て行動できた

・色々な人の考えを知れて楽しかった。次回も頑張りたい

・全員達成目指して頑張りたい

(※黒板では“考え中…”から“分かった!”へ移動する名前を貼ったマグネットを使用している)

と、コメントの内容が一段階変化したような気がした。

これまで(特にFacebookで)「こんな感想があった」的な画像や投稿を見てきたが、見た時は特に何も思わず、何というか、その学校だからとか、その先生だからとか、その生徒だからとか、冷ややかであった気がする(今思えば、自分が思い通りにいっていない、うまくいっていないことへの当て付けだったように感じる)。しかし、今回、自分が正にそのように投稿されていた方々と同じように、語ってきたことが一部に伝わり、それが彼ら彼女らの言葉になって出てきたことに、少々の手応えを感じる。ある意味、ようやく集団としては“整ってきた”と言えるので、気を引き締めて見取り、そして語っていこう。

2018/10/30 (火)

いつもと違った昨日の授業。

06:13 | いつもと違った昨日の授業。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー を含むブックマーク はてなブックマーク - いつもと違った昨日の授業。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー いつもと違った昨日の授業。 - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー のブックマークコメント

週はじめ、昨日のある2クラスの授業。

1クラス目。クラス人数が少なく、殆ど女子なので、授業中は仲良しグループを中々崩せない状況。二人ほどグループをまたげる子はいるが、それ以外の子たちは自分の仲のいい子から離れないし、離れようともしない(これまでもそういう状況だったので、それを悪いとは言っていない。多くの人と関われる事ができるのは得だと言ってきた)。

終了時間が来て、半数近くが「分かった」が、半数以上は「考え中」で終えた。振り返りカード記入後、最後の語りで「君たちの本気はこれか?これがみんなの本気だったか?」という感じで、全員達成を目指す意義をいつも以上に強く語る。前を向いて、真剣な目で(と、ただ感じているだけかもしれないが…)聞いている子が多かった。次回に期待。

2クラス目。自分が担任しているクラス。いつもスタートはのんびり談話している子が多く、終了間際に突如活動的になる子が多い。時間配分や課題解決のための対話の意義を語ってきたが、中々浸透せず。ただ、同じように「今日も全員達成」を確認してスタートしたところ、気になっていた子の一人がスタートと同時に比較的仲が良い友人に近づき、その後も教卓の答えを何度も参考にしながら、タイマーを気にしながら取り組んでいた。この子は大人しい性格で自分から周囲に関わるのが苦手であり、一人で黙々取り組む姿が常だったが、今日はそれがかなり変わっていた。あと、あちこちの様子がいつもと異なり、終始授業の課題に取り組む生徒が多かった。結果は誰一人「分かった」にネームマグネットを動かせず終了。最後の語りでは、問題を作成した私の反省をはじめに語り、今日の授業でいつもと違う姿を見せてくれた子が何人もいてビックリしたと、そのまま語った。昨日は週はじめ、朝は多くがグッタリしていたが、放課後に近づくにつれ活動的になっていったから最後の授業は元気になったからか、あるいは課題が演習型説明だったからか、はたまた見守る私自身になにか違いがあったからか(大きな仕事を終えた週明けだった、ということは言える)、普段と違うことはそんなにないので変化の理由はハッキリしない。こちらが意図せずとも子どもたちで変化していった、その一瞬を垣間見ただけかもしれないが、その可能性に大きく驚かされた瞬間だった。

2018/10/25 (木)

全員達成できなかったことについて、問う

23:56 | 全員達成できなかったことについて、問う - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー を含むブックマーク はてなブックマーク - 全員達成できなかったことについて、問う - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー 全員達成できなかったことについて、問う - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー のブックマークコメント

今日は2年生のあるクラス。今年から担当しているクラスで、当初はキリッと集中して取り組んでいたが、しばらくすると雰囲気が緩くなり、そして幼くなってワイワイとなる。でも、まとまりがっていいクラスだと見ている。

そんなクラスの今日の授業の最後、語りの中で特に「なぜなら全員達成できなかったのか」を取り上げて、それについて語った。その後に、オレの願いや理想も一緒に語る。これまでもある程度は伝わってきていたが(多少伝わってきたと信じている)、今日はいつも以上に生徒の府が落ちたような表情が伺えた。久々に手応えのある語りでした。

文化祭が終わりました

06:11 | 文化祭が終わりました - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー を含むブックマーク はてなブックマーク - 文化祭が終わりました - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー 文化祭が終わりました - 心うなずく方へ、進め ー山形:高ー のブックマークコメント

大きなトラブルもなく、大盛況で幕をおろした勤務校の文化祭。赴任した昨年の文化祭としか比較が出来ないが、昨年より最高学年の3年生がイキイキと楽しそうにしている場面が多かった。「オレたちが盛り上げるぞ」「オレたち自身がめっちゃ楽しい」という先輩たちの雰囲気がガンガン伝わってきた。後輩たちもそれを感じでくれたことだろう。

前回のブログ(10/17)でも触れたが、文化祭への取り組みは『』そのものであるということを、文化祭後の授業の語りで触れてみる。ただ、思っていることと実際話していることがリンクしているのか、うまく言えてないのか、うまく伝わってないのか、自分自身の感触はイマイチであった。文化祭での取り組みと授業の取り組みは似ている、一つの課題達成に向かってみんなで全員達成を目指す、授業での取り組みの積み重ねが文化祭のような大きな行事での取り組みや他者との関わり方に繋がっている、などなど。本音でそう思っているのだが(ハズなのだが)、話していてこじつけているように感じてしまった。んー語りが下手なのか、そもそも感覚、考えがずれているのか。

ただ、担任として、親バカならぬクラスバカと感じてしまうのは、以前の自分はあれこれ言ったりやったりしてしまうタチだったが、今回は疑問を投げ掛けたり、選択肢としてアドバイス程度にしたり、最低限の手伝いにして、企画や準備や運営はもちろん、選択や判断や決定など、殆どを生徒任せにした。課題や反省もあるが、クラス装飾やクラス企画は本当に良かった。子どもたちの有能さを実感した瞬間だった。