Hatena::Groupmanabiai

てつのりだーのノリノリだー(memorandum)

2013-03-01

一人も見捨てない

これがどんなに難しいか。分かった気がします。

scorpion1104scorpion11042013/05/04 22:00毎日毎日、その難しさに直面しています。

tetsu4062tetsu40622013/05/04 22:03私も現場にて,毎日感じています。いつもいつも辛酸をなめるような気持ちです。

jun24kawajun24kawa2013/05/05 07:25一人も見捨てない、ということは出来なくとも、
一人も見捨てない、ということを求め続けることは出来ます。
そして、一人では出来なくとも、求め続ける人たちが集まれば、出来ます。

tetsu4062tetsu40622013/05/05 14:05そうでしたね。求める続けましょう。
しかし,その間をどう見られるのか・・・それにもやもや・・・

jun24kawajun24kawa2013/05/05 15:397つのルールに書いてありますよ。ふぉふぉふぉ

scorpion1104scorpion11042013/05/05 18:09ありがとうございます。

tetsu4062tetsu40622013/05/05 18:15確かに!あ,いや,購入したものを読んでいますよ!?ちゃんと。

2013-02-28

今支援している小学校の異学年がすごい良い状態になって来ている。

支援の最後の最後で,今日はちょっと感動だった。

いままで1,2,3年生のみでおこなっていたが,6年生が加わることになった。

6年生には自由なところに座っていいと伝えたが,見事にだいたい散らばって,真っ先に6年生が課題達成し,自分すわっている机の周りの下級生たちに教えているのみならず,まだ終わっていないのはだれなのかとネームプレートをみながら,確認しいろんなところでフォローしに行っているのです。

初めてでこれは,やはり小規模校の強みか。

その後も教え方の良い子たちは相手の顔を見ながら,伝わっているかどうか見ながら,教えてあげている。

また6年生が2年生の勉強から学ぶ場面も(笑)

しかも時間より5分早く終わったのです。すごいのはその後も全員が遊びもせず,予習をしたりして学ぶことをやめなかったことです。

来年からの生活が不安だったけど,(ありきたりだけど本当に)子どもたちのがんばる姿,成長する姿に元気をもらいました。

さらに,その小学校のみなさんが私のお別れ会(という名の飲み会?w)も開いて下さるとの事。

ますます,ますます,元気をわけていただいた気持ちです。

この2年間この小学校で学べてよかった・・・。

2013-02-11もういくつ寝ると・・・

プロジェクトセミナー発表会に,私と友人を息子のようだと行ってくれる方にお久しぶりにお会いした。去年度研究会に研究室をあげて協力した学校の校長先生である。私も上越の母のように思っている方だ。

こんなつながりをもつなど,ここに来るまで思いもしなかった。

勤務校に遊びに来るついでにと,ホームページ改良をお願いされたり(と私は思っているw),ワッフルを焼いてくださったり,おこわをくださったり,ご本人による書の楯(書道家でもある)をくださったり。


つい2年前まで聞いたこともない土地だったここで良い人に出会えるものだ。

この方だけではない。よくも聞いたこともない土地だったここでこんなに良き出会いがあるものだ。

来年度から不安だけど,きっとまた良き出会いに恵まれると思う。

良き出会いに気づかず逃すことだけはないようにしよう。

もうここには40日もいない。

2013-01-24学校・教員・体罰問題

今日は,体罰とか,現在の教育改革の流れについて考えさせられた。

体罰の事件で刑事告訴ってことで

また例の顧問のみならずすべての教員とか現場をバッシングみたいなことしているけど、そんな批判ばっかしてないで、より良い教育のために一緒にやろうよ。

ちょっと助け合おうよ。

より良い教育のためにという目的は一緒でしょ?



そんなことを朝に朝食たべつつ考えていました。


そして

ある講義を受けて,少しわかった。

メディアが教員・学校バッシングするわけがちょっとわかってきた。

企業や政府は日本の教育を改善するために,教員の力量向上を目指す教育改革を行いたいわけだ。

教員の立場を不安定にして,より教員ががんばるようにしてもっと力量向上させたいわけだ。

しかしそれに教員たちは反対する。不安定化するのだから。

そこで,その反対以上の改革賛成意見を出すために,メディアは「問題起きたよ→教員ダメ,学校ダメ」という極めて単純なわかりやすい話を大げさに,訳知り顔に,大声で叫んでいる。

というのも国民はそれを鵜呑みにして,教員の力量形成のための教員の立場の不安定化という教育改革に賛成するから。


・・・

これでいいのか?日本の大衆たち。

バカにされているぞ。

メディアで言えば,扇動し操作できる。

なんも考えてないって思われてる。



そして不安定にしてもね,頑張れないよ。

がんばれる環境ってある。

そんな非人道的なことしても,人って挑戦できないよ。

問題が起きないようにすることしか考えなくなるよ。また問題を隠して,隠して,逃げるようになるよ。

それじゃあ,良くならないよ。


もっと一緒にやってみようよ。

ogymogym2013/01/25 19:57「一緒に」っていう意識、共感します。

tetsu4062tetsu40622013/01/25 20:01そうですよね。私たちはあなたたちの敵じゃないよ。仲良くしよう?ちょっと助けてね。と言いたい気分になります。

2012-11-27先生に触発され。

この間、既に「救われた子たちがいた」という言い方だけしていた時のことです。

小4の「水の姿と行方」の単元です。

『学びあい』で理科実験授業をした時に、実験失敗した机がありました。

他の班は水が水蒸気となり,湯気として袋のなかに入り,それが付着し,冷えて水滴となっていました。

しかしその班は沸騰石をたくさんいれてしまって,なかなか沸騰せず,しかも沸騰しても,袋に湯気がこないのです。

時間は迫ってきました。

それに気づいた子が「あと3分だよー」と声掛けしました。

そこで,

こっちから、「全員達成するにはどうしたらいいかな!?」と問うた,その時でした。

「うちのとこできてるから、来なよー」と言った子がいたのです。


さて,その失敗した机ではすでにその直前に器具を割って,授業者の先生に叱られていたので,すごく落ち込んでいました。

しかも,いつもならしっかりしているタイプのメンバーがいたので,そのしっかりした子たちはなおさら落ち込んでいたわけです。

そこで,その声掛け。

さすがに感動でした。

これは,教師が,「あの班に見せてもらいないなさい」と言ってしまっては絶対観られない光景です。




そのあと,その班の実験を観察しつつ,さらに自分たちの実験がうまくいかなかった理由を考え理解して,課題達成しました。

この時は,『学び合い』のような授業での良さを実感せざるを得ませんでした。

良かった・・・