Hatena::Groupmanabiai

tashoの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

滋賀県で中学校の理科の教師をしていますtashoです。子どもたち全員「楽しい!!」と思える学校にしていきたいと思い『学び合い』を始めました。メールアドレスは、tasho6521とyahoo.co.jpを「@」で繋げて下さい。(スパムメール対策です。)

2016-03-05

【大切なこと】本気の連鎖

14:46 | 【大切なこと】本気の連鎖 - tashoの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 【大切なこと】本気の連鎖 - tashoの日記 【大切なこと】本気の連鎖 - tashoの日記 のブックマークコメント

どういう化学反応が起こるかはわからないが、「本気」というのは、連鎖するものであると思う。それは言い換えると願い。その願いが本気であると、その本気は集団の2割の子に伝わりそれが意識的なルートと無意識なルートで末端まで届く。意識的なルートは2割の子どもとその直接的に繋がっている子ども(その2割~3割)。よって5割は伝わる。この伝達速度は比較的速い。あとは、無意識的なルートで3割に伝わる。ここまで完成すると、末端の2割に伝わる。と書いているが、この考えは理論的なものではなく、感覚的なものなので、どうかと思うが。しかし、本気の願いは伝わることは確か。まっ、スタートは教師である私である。やっぱり、願いですね。

toukonyukitoukonyuki2016/03/06 06:01おはようございます。初めてコメントさせていただきます。うちのクラス(中1)でこの一年給食の残食がほぼ毎日続いてたんですが、最近「給食完食はこのクラスの最後の課題だと思ってる」と本腰を入れ始めたところ、2日連続で完食するということがありました。やっぱり本気だと伝わるのかな…(逆に本気じゃないと伝わらないもんなんだな…)と感じた今日この頃です。

tasho6521tasho65212016/03/06 06:51おはようございます。コメントありがとうございます。
2日ですか。子どもたちは信じれば本当に力を発揮しますね。
しかし、今の私に必要なのは本気を伝え続ける「忍耐」。末端に届くにはどんどん次のレベルの本気を2割の子どもに伝え続けなくてはいけない。油断するとすぐに止まる。この忍耐が「教師の自己研鑽」ですね。私もまだまだです。