Hatena::Groupmanabiai

takefumieの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

福島県で6年生の担任をしています。基本的には『学び合い』が中心なのですが、学級づくりや専門教科の体育の実践、そして、地域のミニバスケットボールの指導についてなど、自分の実践の記録を蓄積するためにもいろいろ書き込みます。 メールはtakefumie☆gmail.com(☆を@に変えてください。)です。 よろしくお願いします。

2013-06-12

学年合同算数(校内研修会終了)

| 21:43 | 学年合同算数(校内研修会終了) - takefumieの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 学年合同算数(校内研修会終了) - takefumieの日記 学年合同算数(校内研修会終了) - takefumieの日記 のブックマークコメント

今年度はじめての書き込みである。

異動して余裕がなかったこともあるが、最近はほとんどFacebookに書き込んでいたので、ブログを活用することはしていなかった。

でも記録として残しておくには、やっぱりブログかなということで、今日の学年合同算数のふり返りをしておこうと思う。

5学年は、3クラスを2クラスにまとめ、教諭を3人当てるという体制をとっている。

行事や活動で当然学年で活動することも多い。

学び合いは、学級で自分のペースで少しずつ行っていた。

これを教科でもできたら素敵だろうなと思っていたところ、学年主任が研究授業で学年合同算数を3人T・Tで行いたいと持ちかけてきた。

前年度保原小学校の研究公開を参観していたとのことで、学び合いにも理解をしてくれたので、比較的スムーズに行うことができた。

これはとても大きいことである。

同僚が学び合いの考えを理解して、共に授業をしてくれることは本当に心強い。

今回本校の職員に子どもたちが45分フル回転で学び合っている姿を見ていただいた。

自分のペースで少しずつ実践しているところを見てもらい、学び合いの考えを広めていけたらいいなと思う。

成果と課題は後ほどゆっくりまとめたいと思う。

2013-03-28

卒業証書

| 15:23 | 卒業証書 - takefumieの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 卒業証書 - takefumieの日記 卒業証書 - takefumieの日記 のブックマークコメント

昨日は、職場の送別会でした。

毎年異動する職員に対して、卒業証書を渡すのが恒例になっています。

今回は、自分も異動ということで卒業証書をいただきました。

とても味のあるものをいただきました。

今日と明日は休みをいただいたので、ゆっくりして、

充実した6年間をふり返りたいと思います。



卒業証書



雨ニモ負ケズ、風ニモ負ケズ、

丈夫な体と運動神経を持ち、

いつも校庭に立って、

皆にスポーツの楽しさを教え、

つぶらな瞳とムーミンパパのような優しさで、

皆に安心感を与え、

東に良き授業があれば行って話を聞き、

西においしい料理店あれば行って食べ、

決しておこらず、

いつも静かに笑っている、

そんなあなたのように

私たちもなりたい。

2013-03-15

卒業式に向けて

| 20:35 | 卒業式に向けて - takefumieの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 卒業式に向けて - takefumieの日記 卒業式に向けて - takefumieの日記 のブックマークコメント

いよいよ卒業式間近になりました。

よくこの時期になると、毎日1時間とか2時間練習する学校があります。

でもそれでは子どもたちのモチベーションは下がり、卒業式当日の感動もなくなる恐れがあります。

うちの学年主任さんは、そのことを充分考えて、決して子どもたちの気持ちを冷やす言葉は言いません。

しかも超効率的です。

今日の練習は朝の学活の約15分のみでした。

(基本的にはこの1週間は、歌の練習や証書のもらい方など一日1時間は練習してきました。)

校長先生もよく見に来てくれますが、やっぱり勇気づけてくれます。

とてもいい環境で卒業式を迎えられそうです。

HoxwHoxw2013/10/03 15:05And to think I was going to talk to soomnee in person about this.

2013-03-04

『学び合い』福島の会に参加して(メモ)

| 21:05 | 『学び合い』福島の会に参加して(メモ) - takefumieの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』福島の会に参加して(メモ) - takefumieの日記 『学び合い』福島の会に参加して(メモ) - takefumieの日記 のブックマークコメント

先日の『学び合い』福島の会で、カトキチさんの話を聞くことができた。

大切なことをたくさん学べたので、メモを残しておこうと思う。


・オープンクエスチョンについて

「何でもいいよ」をオープンクエスチョンの途中で使うと効果的。

→なかなか話せない子には、きっかけづくりになる一言だと思った。

・振り返りジャーナルについて

振り返り(ジャーナル)の時間を確保することが大切。

未来日記もたまに書いてもらっている。

短くてもいいので、肯定的なフィードバックを返してあげる。

ジャーナルを書かない子には空白だけでよい。はんこだけでもよい。

その子なりに書かない訳があるので。

→継続は力なりであるので、帰りの会のちょっとした時間を有効活用して実践していきたい。(自分はA4の紙に家で毎日ふり返りを書いて、ファイルに綴じて提出するスタイルをとっている。)


・会社活動について

会社活動 自分の好きなことでみんなの役に立つ→自己有用感が得られる。

会社がうまく回るコツは担任がとにかく発注する。

活動を始める前日に会社を始めることを伝える。

「学ぶことは真似ること」なのでどんどんよい実践を参考にそのまま真似ているとのこと。


・習得のプロセスについて

まずは構成的→一斉指導

次にペアやグループ→ちょっと非構成的

みんながみんなで→非構成的

単元丸投げ→超非構成的(まだ自分は実践したことがない)


伝え合うことは大切でホワイトボードなどを活用することにより可視化することができる。

相手がいると学びが加速する。

先生がしていることを子供達ができてくると学び合いができているという証拠。

学びのサイクルを子どもたちが回し始める。

・保護者との信頼関係について

保護者とも良い情報を共有する。

→100円ショップの一筆箋を活用。

困った時も話しやすい信頼関係ができる。

先生同士の困った感も共有する。

学級通信は質より量。


学び合いはマインド だからスキルも必要

信頼ベース×学び合いだと次の年(担任がかわったとき)に成長が見られる。


・きめ細かい学級経営を効率的にするには?

ルーティンを作る。

すき間時間をうまく使う。

・話し方の上達法は?

しゃべり方は練習を積むのみ。

会議でもボードを持ち込む

子どもだけでなく、保護者への信頼関係づくりがとても参考になった。

カトキチさんは実践一つ一つが丁寧で、しかも計画(目標)をもとに段階を踏んでいるところがなるほどと思った。

katokiti2003katokiti20032013/03/04 21:52土曜はありがとうございました。
ぼくは歯医者で「口を開けてくださ~い。」と言われると不安になる人なので、見通しと自分の役割はかなり気にする人なんです。
でも逆に、カンファランスとレクチャー、ふり返りの部分に課題があります。
もっともっとみなさんから、これからも学ばせてください。
今年度もあとわずか。
最後の最後まで、こどもたちとどこまで成長できるか、お互いにチャレンジし続けていきましょう(^^)/
今後ともよろしくお願いします。

takefumietakefumie2013/03/04 22:15カトキチさん
コメントありがとうございます。
自分ももっと積極的に人前で話したり、ホワイトボードに書いたりして、ファシリテーションを磨いていきたいと思います。
カトキチさんの話を聞いて、とっても刺激を受けました。
今後ともどうぞよろしくお願いします!!

2013-02-23

小学校生活最後の授業参観(親子でホワイトボードミーティング、ペアトーク)

| 17:17 | 小学校生活最後の授業参観(親子でホワイトボードミーティング、ペアトーク) - takefumieの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 小学校生活最後の授業参観(親子でホワイトボードミーティング、ペアトーク) - takefumieの日記 小学校生活最後の授業参観(親子でホワイトボードミーティング、ペアトーク) - takefumieの日記 のブックマークコメント

昨日は、子どもたちにとって小学校生活最後の授業参観でした。

事前に子どもたちと話し合って、学級活動の内容を話し合いました。

テーマは「感謝の気持ちを伝えよう」です。

子どもたちから出た内容は、

・ホワイトボードミーティング

・ペアトーク

・文字で表現する(毛筆)

・似顔絵を描いて渡す

・作家ノートを見てもらう

・算数の問題を親子で解く

・手紙を渡す

・プレゼントを作って渡す などでした。

できるだけ多くのことをやってみようということになり、授業参観当日までに毛筆と似顔絵の作品は、廊下に掲示しました。

他にもプレゼント用として、家庭科でティッシュボックスカバーを作りました。

ホワイトボードミーティングの内容は、「小学校の思い出」、ペアトークの内容は、「将来の夢」に決まりました。

1組のあべたかさんも最後にプレゼントを渡すので、学年便りに10分前には、教室に来ていただけるように連絡しました。

そして、いよいよ授業が始まりました。

「小学校の思い出」として、できるようになったことや成長したこと、忘れられない思い出などを発散するように伝えました。

あっという間に半分以上の保護者の方々が集まり、サイドワーカーとして参加してもらいました。(子どもたちが輪番制でファシリテーターを行います。)

最初は遠慮していた様子が見られましたが、徐々に盛り上がってきました。

「成長したのは、足の大きさじゃないの?」

「お母さんよりも身長がでかくなったよ!」

「親に口ごたえできるようになったことが一番成長したことじゃない?」

などおもしろい意見がたくさん出てきました。

収束は、ベスト3を決めました。

このあたりでほとんど全員の保護者が教室に集まっていました。

そして、活用として、その3つのことについてさらに詳しく話し合いました。

最後にフィードバックして拍手で終了しました。

次に親子でのペアトークです。

今までも国語の授業参観で親子でペアトークにチャレンジしていたので、すぐに実践できました。

親子でぴったり寄り添ってトークをしている姿が微笑ましかったです。

ちょんさんに2回授業をしていただき、この2年間でファシリテーターとして、成長した姿を保護者のみなさんに感じていただけたと思います。保護者のみなさんが全員出席してくださったことにも感激しました。

とてもすてきな一日を過ごすことができました。

 f:id:takefumie:20130222140725j:image%7Cf:id:takefumie:20130222141521j:image%7Cf:id:takefumie:20130222140718j:image%7Cf:id:takefumie:20130222133932j:image