鹿男これでよし

明治図書 授業づくりサポートBOOKS
成功する!『学び合い』授業の作り方 詳しくは…こちら


第13回『学び合い』を共に学び合うセミナーin 群馬
日 時 2020年2月8日(土) 13時~17時
会 場 ニューサンピア(高崎市島野町1333番地)
詳しくは……coming soon



群馬『学び合い』学習会「木曜セミナー」
次回は・・・👇です。

2009-06-17

記念日!

23:08

学年の引き継ぎ資料に「場面緘黙」と記載されていました。元担任との引き継ぎでも、学校では全く話さないので、コミュニケーションは筆談で行っていたと。話ができないので、一人でいることが多かったと。家庭訪問では、家では普通に話ができるし、近所の方とも話ができるが、保育園から小学校の今まで全く話すことができず、週1回通っている通級教室でも全く話すことができないと。

本日、1校時の後半、いつものようにある子が彼に説明をしていました。いつもはうなずいたり、筆談したりしていたのですが、何か様子がいつもと違いました。彼が耳元で何かしている様子。それを見た女子4名が加わり、内緒話のようなことをしていました。もしかして・・・と思った所に、「先生、〇〇くんがしゃべった!」と目に涙を浮かべて女の子がやってきました。「わたしが何の果物が好きなの?って聞いたら、”ぶどう”だって!はっきり聞こえた~」といって泣いてしまいました。次々に「私も初めて〇〇君の声聞いた~」授業どころではなくなってしまいました。

保育園から5年以上誰とも話すことができなかった彼が…思わず握手して抱きしめてしました。「無理しなくていいんだよ。少~しずつね。みんなでよかったね。」というと、素敵な笑顔を見せてくれました。

とんでもなくうれしい出来事でした。最近の職員室でのいや~なことなんか全部吹っ飛びました。ありがとう。みんな。

学び合い』のおかげかどうかはわかりませんが、みんなが、みんなで、みんなをなんとかしなくては…という意識が彼を動かしたことだけは間違いありません。

彼は、算数のテストも30→80→95点と飛躍中です。

ということで、今日は勝手に「おしゃべり記念日!」としました。

bunbun-hbunbun-h2009/06/17 23:16ね、だから言ったでしょ。「すごすぎる」って。
(すみません。言わせてください。私も泣いています)

D902iD902i2009/06/17 23:28子どもの成長を喜べるのは教師だけの仕事ではないんですよね。自分の成長を喜んでくれるのが,教師一人だけでなく,まわりのみんなもだったら。。嬉しいだろうなぁ(*´∀`*)
子どもの成長を喜べる子どもを育てることに,教師の醍醐味があるのかも?なんてことを,今回の記事に感動しながら感じました♪
記念日,おめでとうございます!

sumi-chansumi-chan2009/06/18 00:04ホンマええ話や〜(涙)
友達が初めてしゃべったことに、涙を流して喜べるなんて、すごい経験ですよね。
クラスの子ども達は、何があってもぶれずに子ども達を信じて日々クラスづくりをされているtake先生の鏡だと思います。

jun24kawajun24kawa2009/06/18 05:16おめでとう!
きっと、多くの家庭でそれが話題になっているよ。
他人の子どもの成長を喜べる保護者集団を創ろうね。

take1_No12take1_No122009/06/19 00:31コメントありがとうございます。
bunbun-hさん、子ども達は本当にすごすぎます。大人の予想をいつもはるかに超えたことをやってくれます。

D902iさん、「子どもの成長を喜べる子どもを育てること」その通りですね。その時間と環境を整えてあげれば育っていくんでしょうね。今回子ども達に、ぶれずに待つことの大切さを改めて教えてもらいました。

sumi-chanさん、時間がかかるかもしれませんが、信じて待つことができれば、子ども達は凄いことをやってくれます。ここで待てないと、子ども達が考えて、判断する時間を奪ってしまうことになるんですね。待つのも勇気がいりますけど。

jun24kawa先生、これからがスタートだと思っています。子ども達の変容で、保護者の点は見えてきました。それを線にし、面にしていけるように、そのために、外より内にあるたくさんのハードルを一つひとつ乗り越えなければなりませんが…じっくりやります。