鹿男これでよし

明治図書 授業づくりサポートBOOKS
成功する!『学び合い』授業の作り方 詳しくは…こちら


第13回『学び合い』を共に学び合うセミナーin 群馬
日 時 2020年2月8日(土) 13時~17時
会 場 ニューサンピア(高崎市島野町1333番地)
詳しくは……coming soon



群馬『学び合い』学習会「木曜セミナー」
次回は・・・👇です。

2009-06-10

あえて、メモ

00:49

子どもは無能である。

無能な子どもを、教えるプロである教師が指導する。

指導された子どもは、成功体験を繰り返し、有能になっていく。

指導とは、子どもが間違えないように、その子に応じた適切な指示と、指示通りに子どもを動かす技術である。

教師は教えるプロなので、どんな子どもに対しても最良の教え手でなければならない。そうなるために研修をする。

指導に支障のある物は、教師の判断で排除する。子どもに判断させてはいけない。

教師の言うことを聞かない子どもは、個別指導など特別な支援が必要である。そのために支援員がいる。

学校で問題行動をとる子どもは、そのほとんどは家庭に問題がある。

学校は、集団生活の訓練の場である。生活規律と学習規律をしっかりと教え込まなければならない。

・・・・・

孫子曰く、彼れを知りて己を知れば、百戦して殆うからず。

motoryoumotoryou2009/06/11 00:57こないだの埼玉の会でS先生から聞いた話で,
ある子に「先生は教えるのが仕事でしょ?」と言われたら,他の子が「違うよ。考えさせるんだよ」と言ったとか。どんぴしゃり!それを思い出しました。

jun24kawajun24kawa2009/06/11 06:57その言葉の前に「戦うべきと戦うべからざるとを知る者は勝つ。」とあります。したたかにね。

take1_No12take1_No122009/06/11 23:02コメントありがとうございます。
motoryouさん、今は、自分で考え、判断し、行動することができる子ども達が一人でも多くなるように奮闘中です。

jun24kawa先生、「戦わずして人の兵を屈するは、善の善なるものなり。」ですね。子ども達の姿で示していきます。