鹿男これでよし

明治図書 授業づくりサポートBOOKS
成功する!『学び合い』授業の作り方 詳しくは…こちら


第13回『学び合い』を共に学び合うセミナーin 群馬
日 時 2020年2月8日(土) 13時~17時
会 場 ニューサンピア(高崎市島野町1333番地)
詳しくは……coming soon



群馬『学び合い』学習会「木曜セミナー」
次回は・・・👇です。

2009-06-30

「木セミ」7月例会(「金セミ」です)

21:42

第16回群馬『学び合い』学習会「木曜セミナー」

「西川純先生と語ろう」

日時:7月31日(金)19:00~∞ 

会場:高崎駅周辺

参加できる方は、take1(アットマーク)antlers.jpまで事前に連絡をください。

会場等が決定次第、返信いたします。

jun24kawajun24kawa2009/06/30 21:52まってま~す

sumi-chansumi-chan2009/06/30 22:16掲載ありがとうございます。
フォーラムの前日なんですね〜(^^;

nome2733nome27332009/07/01 19:25語りたい!臨海の引率がなければなぁ・・・くやしいです!

take1_No12take1_No122009/07/03 23:17コメントありがとうございます。
jun24kawa先生、とってもお忙しいところお時間をいただきありがとうございます。一同楽しみにしております。
sumi-chanさん、よろしくお願いします。メルマガ&参加?
nome2733さん、残念です。私は臨海引率に落選しましたので参加できます。ふふふ。

2009-06-22

気がつけば、今週は「木セミ」

00:03

第15回群馬『学び合い』学習会「木曜セミナー」

日時:6月25日(木)18:30~20:30 

  (事務局は15分前には会場にいます。30分前はおそらく「ラーメン味蔵」にいます。)

会場:高崎市青年センター 2階和室

   高崎市台新田町314番地

   駐車場:104台

※申し込み等手続きはありません。どなたでも当日会場へお越しください。

 会場の関係で開始時刻が変更になります。30分早まりましたが、遅刻も大歓迎です。

 決して急がず、気をつけてお越しください。

nome2733nome27332009/06/23 19:43Y小は翌日朝が指導案締切日なので,参加率は低いと思います。私もちょっと厳しそうです…

sumi-chansumi-chan2009/06/29 17:12こんにちは〜
7月の木セミ予定が決まりましたら、お知らせ掲載お願いします!

take1_No12take1_No122009/06/30 21:44はい。

2009-06-17

記念日!

23:08

学年の引き継ぎ資料に「場面緘黙」と記載されていました。元担任との引き継ぎでも、学校では全く話さないので、コミュニケーションは筆談で行っていたと。話ができないので、一人でいることが多かったと。家庭訪問では、家では普通に話ができるし、近所の方とも話ができるが、保育園から小学校の今まで全く話すことができず、週1回通っている通級教室でも全く話すことができないと。

本日、1校時の後半、いつものようにある子が彼に説明をしていました。いつもはうなずいたり、筆談したりしていたのですが、何か様子がいつもと違いました。彼が耳元で何かしている様子。それを見た女子4名が加わり、内緒話のようなことをしていました。もしかして・・・と思った所に、「先生、〇〇くんがしゃべった!」と目に涙を浮かべて女の子がやってきました。「わたしが何の果物が好きなの?って聞いたら、”ぶどう”だって!はっきり聞こえた~」といって泣いてしまいました。次々に「私も初めて〇〇君の声聞いた~」授業どころではなくなってしまいました。

保育園から5年以上誰とも話すことができなかった彼が…思わず握手して抱きしめてしました。「無理しなくていいんだよ。少~しずつね。みんなでよかったね。」というと、素敵な笑顔を見せてくれました。

とんでもなくうれしい出来事でした。最近の職員室でのいや~なことなんか全部吹っ飛びました。ありがとう。みんな。

学び合い』のおかげかどうかはわかりませんが、みんなが、みんなで、みんなをなんとかしなくては…という意識が彼を動かしたことだけは間違いありません。

彼は、算数のテストも30→80→95点と飛躍中です。

ということで、今日は勝手に「おしゃべり記念日!」としました。

bunbun-hbunbun-h2009/06/17 23:16ね、だから言ったでしょ。「すごすぎる」って。
(すみません。言わせてください。私も泣いています)

D902iD902i2009/06/17 23:28子どもの成長を喜べるのは教師だけの仕事ではないんですよね。自分の成長を喜んでくれるのが,教師一人だけでなく,まわりのみんなもだったら。。嬉しいだろうなぁ(*´∀`*)
子どもの成長を喜べる子どもを育てることに,教師の醍醐味があるのかも?なんてことを,今回の記事に感動しながら感じました♪
記念日,おめでとうございます!

sumi-chansumi-chan2009/06/18 00:04ホンマええ話や〜(涙)
友達が初めてしゃべったことに、涙を流して喜べるなんて、すごい経験ですよね。
クラスの子ども達は、何があってもぶれずに子ども達を信じて日々クラスづくりをされているtake先生の鏡だと思います。

jun24kawajun24kawa2009/06/18 05:16おめでとう!
きっと、多くの家庭でそれが話題になっているよ。
他人の子どもの成長を喜べる保護者集団を創ろうね。

take1_No12take1_No122009/06/19 00:31コメントありがとうございます。
bunbun-hさん、子ども達は本当にすごすぎます。大人の予想をいつもはるかに超えたことをやってくれます。

D902iさん、「子どもの成長を喜べる子どもを育てること」その通りですね。その時間と環境を整えてあげれば育っていくんでしょうね。今回子ども達に、ぶれずに待つことの大切さを改めて教えてもらいました。

sumi-chanさん、時間がかかるかもしれませんが、信じて待つことができれば、子ども達は凄いことをやってくれます。ここで待てないと、子ども達が考えて、判断する時間を奪ってしまうことになるんですね。待つのも勇気がいりますけど。

jun24kawa先生、これからがスタートだと思っています。子ども達の変容で、保護者の点は見えてきました。それを線にし、面にしていけるように、そのために、外より内にあるたくさんのハードルを一つひとつ乗り越えなければなりませんが…じっくりやります。

2009-06-13

逆上がり

01:37

体育で、鉄棒やってます。目標は「上がる、回る、降りる技ができるようになる」です。

クラスの子ども達は運動面はチョットチョットという感じですが、体育の時間みんなで鉄棒につかまっています。

逆上がりのできない子が、逆上がりのできない子に一所懸命に逆上がりの解説をしていました。

面白いのでそばで聞いていると、自分もできないのにその解説はサッカーの松木安太郎さんバリで、結構、的を得たアドバイスとほめ方が上手なのには感心していました。

その結果、1時間で逆上がりができるようになりました。

できた方はとっても喜んで、教えてくれた子に感謝していたのですが、教えていた子は先を越された的な少し複雑な表情で喜んでいたのが印象的でした。

その後は教えると教わるが逆転しましたが・・・結局彼は逆上がりを断念し、上がる技に「足掛け上がり」を選択しました。

理屈がわかって、説明もでき、他人をできるようにさせることができても、自分ではできない…。なるほど

名選手、名監督にあらず・・・ということ?

2009-06-11

爆笑!!

23:24

クラスに声の出せない子がいます。保護者の話によると家では全く普通に喋っているとのこと。保育園の時から小学校の現在まで全く声を出していないようです。今年も同じくまだ声を聞いたことはありません。

授業中も休み時間もほとんど一人で、表情は硬く、微笑むことはあっても決して笑うことはありませんでした。4月のスピーチの発表以来http://manabiai.g.hatena.ne.jp/take1_No12/20090424少しずつですが変化が起きています。

授業中一人でいることはほとんどなくなりました。必ず誰かがそばにいます。

音読のときには、声になってくれる子が増え、今では彼の番になると群読状態になっています。

休み時間一人で教室にいることがなくなりました。みんなでサッカーをやっています。(私もたまに…)

休み時間、そんな彼がみんなの中で大爆笑していました。さすがに声は聞こえませんでしたが、逆に声が出ていない分苦しそうでした。

今まで見たことがない、とっても楽しそうな表情でした。

保育園時代から知っている女の子も「〇〇君笑ってる。初めて見た。楽しそう。」

ビデオにも写真にも残っていませんが、記憶の中にずっと残るすばらしい笑顔でした。ありがとう。みんな!!

bunbun-hbunbun-h2009/06/11 23:36すごすぎる。
(コメントがこれで終わってはいけない。いつも私は言葉が足りないから・・・。しかし、このほかにいったい何が書けるというのか?)
おっと、独り言の癖が・・・。
すごい。でもこれが普通!(・・・である世の中にしたい)

take1_No12take1_No122009/06/14 01:21bunbun-hさん、コメントありがとうございます。子ども達といると、毎日うれしいことが起こります。子ども達のそばにいられる幸せ、本当に感謝です。

2009-06-10

あえて、メモ

00:49

子どもは無能である。

無能な子どもを、教えるプロである教師が指導する。

指導された子どもは、成功体験を繰り返し、有能になっていく。

指導とは、子どもが間違えないように、その子に応じた適切な指示と、指示通りに子どもを動かす技術である。

教師は教えるプロなので、どんな子どもに対しても最良の教え手でなければならない。そうなるために研修をする。

指導に支障のある物は、教師の判断で排除する。子どもに判断させてはいけない。

教師の言うことを聞かない子どもは、個別指導など特別な支援が必要である。そのために支援員がいる。

学校で問題行動をとる子どもは、そのほとんどは家庭に問題がある。

学校は、集団生活の訓練の場である。生活規律と学習規律をしっかりと教え込まなければならない。

・・・・・

孫子曰く、彼れを知りて己を知れば、百戦して殆うからず。

motoryoumotoryou2009/06/11 00:57こないだの埼玉の会でS先生から聞いた話で,
ある子に「先生は教えるのが仕事でしょ?」と言われたら,他の子が「違うよ。考えさせるんだよ」と言ったとか。どんぴしゃり!それを思い出しました。

jun24kawajun24kawa2009/06/11 06:57その言葉の前に「戦うべきと戦うべからざるとを知る者は勝つ。」とあります。したたかにね。

take1_No12take1_No122009/06/11 23:02コメントありがとうございます。
motoryouさん、今は、自分で考え、判断し、行動することができる子ども達が一人でも多くなるように奮闘中です。

jun24kawa先生、「戦わずして人の兵を屈するは、善の善なるものなり。」ですね。子ども達の姿で示していきます。

2009-06-09

初耳?

22:47

本校に赴任して1年2か月、今日初めて知りました。

本校の児童は、ボールペン、サインペン、マーカーペンなどを持ってきてはいけないことを。

筆箱の中身は、鉛筆5本(華美でないもの)、けしごむ1個(直方体でにおいのないもの)、赤鉛筆1本、定規1本(キャラクターの描いていないもの)のみで、筆箱は落としても音の小さいもの(箱でなくケース)だそうです。(明文化はされていません)

すぐ、忘れそうなのでメモします。(なんで、ここに?)

「大変だ~」

22:38

総合学習で前期の中間発表の資料を作成しています。パソコン室である子が撮影してきた地域の写真を印刷していると、クラスのAが「先生!大変だ。風で絵が落ちて針金が外れた。」と走りこんできました。

その後すぐ、隣の教室の先生がやってきました。

「今、廊下を走っていたのは誰?」それから数分間お説教をしていただきました。

「みんなは『学び合い』やってるのに何で廊下を走るの?静かに集中してお勉強をしている教室の前を走る、それが『学び合い』なの?・・・」子ども達はシュンとしていました。(ちなみに、子ども達には『学び合い』という言葉を使っていません。)

放課後、職員室では『学び合い』がいかに子どもをダメにするか教えていただきました。最後に「もう『学び合い』には協力できません。」ということでした。逆に「今までは協力していただいてたんだ。」と初めてわかりました。

これで、水泳の異学年での『学び合い』はなくなりました。残念!

風で掲示してあった絵が落ちて、針金が外れ、危ない状態でも動じず、自分たちで解決できるクラスにしなくては…

motoryoumotoryou2009/06/09 22:57なんか,ずいぶんと窮屈な学校に勤務していらっしゃるのですね…。あ,心の声が…。

tontan2tontan22009/06/09 23:00めちゃめちゃ笑っちゃいました。
全校集会に、並ばないで勝手に集まってるうちのクラスもダメな子ども揃いだ!(笑)

mana-mama5mana-mama52009/06/09 23:31公開授業の日とかあれば、その先生の授業を見に行きたいです。本気!

motoryoumotoryou2009/06/09 23:37わたしのクラスも,結構
「体育館に○分に集合ね~」
の口ですね。へへ。
それにしても学○ってなんか?な、「決まり」が多いと思いません?

ima-kiyima-kiy2009/06/10 00:17初めまして。埼玉の会にいた者です。
うちは自由を看板に掲げた私学ですが、うちの子どもたちなら、全員が毎秒、大目玉ですね。極刑かもしれません(笑)

sumi-chansumi-chan2009/06/10 01:42お察しします・・・

bunbun-hbunbun-h2009/06/10 12:54鹿男さんの日記と、それに続くみなさんのコメントを読みながら笑ってしまいました。
なんだか、すごく良いですね。
(学校では大変だったでしょうが・・・)

janglejapjanglejap2009/06/10 20:12「今まで協力していただいてたんだ」と初めてわかりました。
に声を出して笑ってしまいました。
隣のクラスはさぞすばらしいのでしょうね~~。

歌2009/06/10 20:38郵送ありがとうございました。QーU入門書も買いましたので、クラスづくりに生かしていこうと思います。
私の勤務校も、窮屈な決まりがたくさん。ときどき、廊下を走っている子を大きな声で叱る教員の声が廊下に響きます・・・走ったら危ないこともあるけれど、危なくないように走ったら、叱られないのでしょうかね?

take1_No12take1_No122009/06/11 00:15たくさんのみなさん、あたたかいコメントありがとうございます。

motoryouさん、対職員は少々窮屈ですが、クラスではある程度好きにやらせてもらえるので、とっても楽しい日々を送っております。

tontan2さん、昨年並ばないで朝礼に行き、一番に整列していても、厳重注意です。今は子ども達が責められるので、郷に従っております。

mana-mama5さん、ぜひぜひ、保護者のふりしておいでください。とっても静かなので、すり足で…

motoryouさん、確かに、決まりが多すぎです。しかも、明文化されたものはなく、ほとんどが口伝なので、2年目になっても知らなかったことがたくさんあります。

ima-kiyさん、本校も学校教育目標には「~自主性に満ちた児童の育成に努める」とあるんです。自主性って何?って聞いてみたくなります。

sumi-chanさん、昨年は凹んだ時期もありましたが、もう最近では楽しくてしょうがありません。何を言われても何も言わせない結果を出し続けていればいいんです。さて、次はどんなことがあるのかな~ウキウキです。

bunbun-hさん、ここの皆さんは本当にあたたかいです。感謝です。笑っていただけるだけで励みになります。

janglejapさん、そうなんです。協力していたらしいんです。前後の文脈から推測するとつまり、「文句を言わなかった」と推測されます。隣のクラスは素晴らしいです。子ども達が沈黙している時間では全く敵いません。

歌さん、「廊下を走らない」というコピーがおかしいと、児童会の子ども達が気付いてくれました。(今年担当なもので、)今年は「廊下は歩こう」に変えていくそうです。

2009-06-07

SAITAMA!

23:04

埼玉は近い。2度目ですが、またそう感じました。とっても濃い会でした。

makine先生の発想、なるほどです。いただきました。

A先生、保護者の点を線にできるように企んでいきます。

hayato-rikaさん、わかりました。すっきりです。素晴らしい発表でした。

M先生、一度の出前授業で変容するということは、逆も真ということ、うちの潜水艦メンバーに伝えたいと思います。

発表された方々ありがとうございました。

事務局の皆様大変お世話になりました。

こんなに素晴らしい会がこんなに近くであるというのに、校内で大っぴらに宣伝できない環境を変えていかないと…まだまだということを思い知りました。

扇動してるわけではないのですが…

2009-06-04

みんなが安心できる場所

01:03

彼は放課後教室のキーボードで「ポケモン」の曲を練習してから帰ります。彼は音楽が好きなわけでもなく、鍵盤ハーモニカさえ上手に演奏できません。他の子たちは帰りの会が終わるとすぐ帰ります。彼に聞きました。「どうしていつもキーボードの練習しているの?」「まだ家に帰りたくない…今年は学校にいると安心できるんだ」彼は10才でありながら私よりはるかに多くの修羅場をくぐってきています。家に帰りたくない理由もわかります。10才の子どもがすべてを受け入れ、涙ひとつ流さず、学校は安心できる場所だと言ってくれている。彼のためにも、もっともっとみんなを何とかしなければ…自分に喝!です。

o4dao4da2009/06/07 13:21会うたびに加速度が増している自分に驚きです。次会うときが楽しみです。

take1_No12take1_No122009/06/07 22:46コメントありがとうございます。
o4daさん、勢いを感じました。しっかり根を張り、幹が太くなれば枝葉がどうなろうとどんな激しい風雨にもビクともしないことでしょう。また自慢話を聞かせてください。

2009-06-01

びっくり!

23:31

昼休み、体育館で図書室の本の展示会を見ていると・・・

ドーン!!!!!

体育館の壁が揺れました。

すぐに外に出るも、体育館も校舎にもなにもなし。

校庭では子ども達は何事もなかったように遊んでるし、

校舎の中の子ども達は何が起こったのか大騒ぎ、

窓が揺れた…とか、地震だ…とか、いろいろな情報が…

原因は、すぐ近くの化学工場のタンクが爆発したとのこと。

すぐに校内を回って窓を閉め子ども達を教室に集め人数確認。

しばらくしてたくさんのサイレン…

タンクの蓋が150mも吹っ飛んだらしい。子どもの家に落ちなくてよかった。

久しぶりにびっくりです。