鹿男これでよし

明治図書 授業づくりサポートBOOKS
成功する!『学び合い』授業の作り方 詳しくは…こちら


第13回『学び合い』を共に学び合うセミナーin 群馬
日 時 2020年2月8日(土) 13時~17時
会 場 ニューサンピア(高崎市島野町1333番地)
詳しくは……coming soon



群馬『学び合い』学習会「木曜セミナー」
次回は・・・👇です。

2009-05-14

んんん、切ない。

23:08

気がついたら社長先生が教室にいました。

「わかった!」という声が階段のところまで聞こえたので、のぞきに来たそうです。子ども達も担任も全く気付かず失礼しました。

今年もそうですが、昨年も何度か同じようなことが…課題解決に入り込んでしまうと、子ども達は担任の存在すら感じなくなってしまうようです。それがとても心地いい。子ども達の会話を聞き、ノートを観てうれしくなります。誰も担任をかまってくれません。

研究授業の検討会の始めには必ず「今日は子ども達も緊張していて、いつもとは違いました…」という枕詞がありますが、そういえば『学び合い』の検討会では聞くことがないことに気付きました。

はたして社長先生は何分くらい参観してくれたのでしょう?正直誰もわかりませんでした。

昨年担任した子ども達の現教室の前を通ると、必ず「あっtake1先生!」と声をかけられ、「〇〇さん、授業中です!静かにしなさい。」と声を出した子が注意されてしまうので、遠回りしてでもできるだけ通らないようにしています。昨年は廊下を歩いている人どころか、教室に入ってきた人にすら気付かなかったのに…んんん、切ない。