鹿男これでよし

明治図書 授業づくりサポートBOOKS
成功する!『学び合い』授業の作り方 詳しくは…こちら


第13回『学び合い』を共に学び合うセミナーin 群馬
日 時 2020年2月8日(土) 13時~17時
会 場 ニューサンピア(高崎市島野町1333番地)
詳しくは……coming soon



群馬『学び合い』学習会「木曜セミナー」
次回は・・・👇です。

2009-04-14

前へならえ?

23:11

新年度が始まり、1週間が過ぎました。クラスでは毎日少しずつ、じわじわと語り続ける日々です。

「この時期に学習規律の確立を!」という勅命のもと、「学習自律の確立」を目指して授業をしております。

規律というがんじがらめの約束事を一つ一つ開放していくにはまだまだ時間がかかりそうですが、あせらずにやっていきたいと思います。

子ども達はというと、だんだんと自分の意志で立ち歩き、話し合い、「みんなで」「みんなが」を意識し始めたようです。

かけ算九九があやふやで算数が大嫌いと豪語する子も、億や兆の大きな数のしくみが理解できて、「おれ、馬鹿じゃないかも!算数好きになっちゃた。先生、教えるのうまい!・・・あっ先生じゃないや、〇〇だ。ははは…」

この時期、子ども達の変わりようがなんともいえなく、いい。

昨年のクラスのメンバーは、クラス替えでバラバラに。久し振り(数日ぶり)に会うと、開口一番「先生、1年ぶりに前へならえをしたよ。体育で。まわれ右と、右向け右も…」こちらは、自律から規律へ勅命の通りです。

bunbun-hbunbun-h2009/04/14 23:23開口一番のことばは、たとえつかの間であっても学習者としての自律を経験した者のことばですよね。
大丈夫ですよね。
学習者は有能ですから。

mana-mama5mana-mama52009/04/15 00:25自立から規律へで子どもが納得するんですか?うちの子たちは納得しないんですが・・。

take1_No12take1_No122009/04/15 23:58コメントありがとうございます。
bunbun-hさん、その通りです。有能なので大丈夫です。いずれきっと自分たちで動き出すと期待している今日この頃です。
mana-mama5さん、もちろん納得していません。昨年、先生を敵にしても自分たちにとってなにもよいことはないことを経験している子たちなので、したたかにやっていくと思います。動き出すのを密かに楽しみにしています。

mana-mama5mana-mama52009/04/16 16:29子ども達が動いたのですが・・うまくまわらなかった。いえ、まだ動きがゆっくり過ぎて回りだしたことがわからないだけだと思って、親達は子ども達の動きをじっと見守っています。ライブでそちらの状況を伝えていただけるとありがたいのですが・・。

take1_No12take1_No122009/04/17 00:23コメントありがとうございます。
mana-mama5さん、きょうは「1時間が長い」「授業が楽」「授業中は暇」・・・という愚痴を聞きました。うちの場合、子ども達だけでは先生という強大な権力を崩すことは正直難しいと思います。「締めろ!」という勅命もあるようですし…。一人が二人、三人になり、親も巻き込んでみんなになったとき、そこからが始まりのように思います。