鹿男これでよし

明治図書 授業づくりサポートBOOKS
成功する!『学び合い』授業の作り方 詳しくは…こちら


第13回『学び合い』を共に学び合うセミナーin 群馬
日 時 2020年2月8日(土) 13時~17時
会 場 ニューサンピア(高崎市島野町1333番地)
詳しくは……coming soon



群馬『学び合い』学習会「木曜セミナー」
次回は・・・👇です。

2009-01-25

上毛カルタから…

01:22

保育園で上毛カルタの大会があるらしい。上毛カルタはとってもローカルであるが、県民の老若男女のほとんどがほぼ全てを暗唱しているという代物だ。うちの子は4歳にして全く文字に興味がなく全く読めなかった。が、保育園で練習しているのかカルタを正確に取ることができる。なぜか?絵で覚えているのか?そういえば、家でカルタをすると必ず読み札を見せろと言う。どうやら、保育園では読み手が読んだあと読み札を見せているらしい。そこに書かれた最初の文字を探してとっていたようだ。文字を文字でなく形で認識して探していたということが今日わかった。しかも、ここ1週間でかなりの文字を覚えている。「山田うどん」の看板を見て「碓氷峠の関所跡」、「お子様セット」を見て「太田金山子育て呑龍」、「銀だこ」では「心の燈台内村鑑三」…必要に迫られると興味を持ち学習するもんだと、保育園もなかなかやるもんです。解決したくなる問題、切実な問題、気になる問題、こだわりたい問題…やっぱり大切。

学び合い』でも、初めは課題の出し方で悩みました。今は、そんなにひねらなくても大丈夫になりました。クラスの子ども達が慣れたというわけでなく、おそらく新しいクラスを持っても、今なら課題はシンプルに出すでしょう。そう考えるようになったのはいつ頃からだろう…?、なぜだろう…?上毛カルタから、ちょっと考えてしまいました。