鹿男これでよし

明治図書 授業づくりサポートBOOKS
成功する!『学び合い』授業の作り方 詳しくは…こちら


第13回『学び合い』を共に学び合うセミナーin 群馬
日 時 2020年2月8日(土) 13時~17時
会 場 ニューサンピア(高崎市島野町1333番地)
詳しくは……coming soon



群馬『学び合い』学習会「木曜セミナー」
次回は・・・👇です。

2008-10-20

学級王国かあ~

22:56

後期の委員会を決めました。(子ども達が)1人の女の子が自分の希望の委員会に入ることができず涙を流しました。我慢してだまって見ていました。たくさんの子が協力して調整を行い、休み時間が終わった時にはみんなが笑顔で席に座っていました。自分達で考え、自分達で判断し、自分達で行動できるようになってきました。家に帰れば至れり尽くせりの子どもが多い地域で、よくぞここまで成長してくれました。納得のいかないことには自分たちが納得するまで話し合ったり、聞きまわったりして解決することができるようになってきました。なかなかいいクラスになってきたと思います。

今日、学級王国と言われました。子ども達が生意気で、担任の言う事しか聞かないということらしいです。担任を頂点とした人間関係により、強いまとまりを持ち、学級外からの干渉を許さない閉鎖的な学級ということです。子どもはどんな時にも教師に従順で、疑いを持たず、素直に文句を言わず、教師の意思通りに行動することができなければならないそうです。ありがたいご指導です。そのお方の指示には目的が感じられません。また、目的を語りません。でも、本校ではそれが正義です。権力によって保護されています。正攻法では落ちません。逆に囲まれます。結果も出しました。言い訳は子どものせい、単元のせいです。話になりません。子ども達が折り合いをつけなければならないのは子ども同士だけでなく、先生とも折り合いをつけなければならないようです。

学級王国かあ~

うちのクラスは窓もドアもいつでも全開で、学校内では一番開放的だと思っていたんですけど・・・

iku-nakaiku-naka2008/10/21 00:21私は今日、自分の授業のことを「子供の手遊びみたいだ」と言われました。それも管理職(トップではありませんが)がです。何をもって「子供の手遊び」と言われたのかは分かりませんが、その発言を聞いた他の先生方の反応を見るにつけ、所詮そんな認識なんだなあ~と思いました。ですので、エネルギーを向ける方向を校内から別の所へ向けたいと思います。無駄なことにいくら時間を費やしても無駄ですから。

take1_No12take1_No122008/10/21 00:29コメントありがとうございます。
iku-nakaさんもご苦労なさっているようですね。エネルギーを別のところへ…その通り!です。私は、明るく開放的な学級王国を作ります。もちろん王様は私ではありません。

初めまして初めまして2010/08/05 12:02小学校教員15年目の者です。自分も若い頃から自分の学級を「学級王国」と言われています。初任の頃は(あんたは学級王国すら創れないだろうが!)と若気のいたりってました。今では(確かにそれじゃいかんなあ。)と思う部分も出てきましたが、どこまでいっても「自分の学級に責任を持ち、最高の集団としてプロデュースしていくべき」との考えで毎日を送っています。巷にあふれる学級王国への批判はきちんと受け止めた上で、がんばっていきます。うちの学級も開放性じゃ負けませんよ~。(笑)それでは失礼しました。