鹿男これでよし

明治図書 授業づくりサポートBOOKS
成功する!『学び合い』授業の作り方 詳しくは…こちら


第13回『学び合い』を共に学び合うセミナーin 群馬
日 時 2020年2月8日(土) 13時~17時
会 場 ニューサンピア(高崎市島野町1333番地)
詳しくは……coming soon



群馬『学び合い』学習会「木曜セミナー」
次回は・・・👇です。

2008-09-30

チョット来たあ!けれど?

23:00

 諸先輩の方々の実践から、社会科で一単元まるごと子ども達に任せてみました。目標・評価規準・学習計画を初めに渡して10時間、とっても楽しい時間でした。結果は、75点1名、85点1名、90点5名、95点4名、100点14名でした。一単元どうかなあ、と少し心配した自分を反省しました。90点以下の2名は解答欄を間違えたミスでした。実質全員90点以上という結果でした。(甘いか?)

結果を出すように言われていましたが、出たら出たで、落ち着きがないとか、私語が多いとか、床に座っているとか、学習の過程に問題があるという。んんん…

最近は、けんかをした…『学び合い』のせい、態度が悪い…『学び合い』のせい、生意気で素直さがない…『学び合い』のせい・・・

けんかをするのは真剣に仲間のことを思っているから、態度が悪いのは目的のない指示に戸惑ってるだけ、生意気なのは指示の目的を確認したいから・・・と考えるのは甘いのでしょうか。

先日公開した授業は、ほぼオールC評価でした。評価不能、授業力なしということです。雰囲気からすると、禁止令も近いかもしれません。

やればやっただけ『学び合い』の評価を下げてしまっているようで、責任を感じます。ただ、子ども達が味方であることは、何よりも心強いことです。それだけでもやる価値はあると思います。授業力がなくても地道に続けていきます。

またまたネガティブなことを書いてしました。申し訳ありません。

so-riso-ri2008/09/30 23:37お気持ちお察しします。
どこのクラスでも何か事は起こるのに、何か起きたとき他のクラスでは何のせいになるのかと言いたくなります。
私のクラスでも、見た目???というところをたくさん参観されていて、そういう印象は強くもたれている気がします。それでも、私が何一つ言わなくても、自分たちで低学年のようにきっちりとはみがきをしていたり、落ち着いて読書をしていたりする時間もあります。残念ですがそういった時間は参観されることはありません。ある時間で禁止令が出されています。他の学年から苦情らしきものがあるとのこと。子どもたちに謝っていさぎよくやめました。私の所では、意義自体はよいが、規律面でどうかという点が今一番思われている所のようです。子どもの思いを力に地道に戦いましょう。

iku-nakaiku-naka2008/09/30 23:45教えて頂きたいのですが、ブログに書かれている「C評価」とは、学校の先生方がtake_no12さんの授業を見ての評価でしょうか?。また、その基準はすべての先生方に分かるような、つまり客観的なものなのでしょうか?。もしそうでないとしたら、そんな評価に意味などありません。だって、基準が曖昧になれば、見ている先生方の価値観によって評価が変わってくることになり、それを「評価」と呼ぶこと自体がおかしいと思うからです。
他の先生方は何をもって「生徒の学び」と言うのでしょうか?。その根拠を生徒の姿から具体的に語れるのでしょうか?。また、語るための具体的なデータを蓄積し、各自が持っているのでしょうか?。一斉授業をしている限り、そんなことをしている先生は皆無です。また、逆に言えば『学び合い』であれば、そんなことは簡単です。
ちょっとカチンときてコメント書いてしまいました(大汗)。訳の分からない事を言うような人達に負けないで下さい(でも、喧嘩はしないように)。ボチボチやりましょう。

歌2008/10/01 20:25う~ん、難しい問題ですね。
規律を重んじる人からは、なかなか理解されにくいのかもしれませんね。
でも、
>子ども達が味方であること
がはっきりしているのなら、それはとても素晴らしいことですね。
きっと子供たちが、さらなる結果を出してくれることと思います。

take1_No12take1_No122008/10/01 23:52 皆さんコメントありがとうございます。
so-riさん、ありがとうございます。心強く思っています。他のクラスで何かが起こると子どものせい、家庭のせいになります。それだけは嫌なので、担任のせいになるだけいい事と思っています。地道にやっていきます。
iku-nakaさん、ご心配をおかけいたしました。人事評価の授業参観なので、教材がどうとか、発問がどうとか、個別指導がどうとかというチェック項目があります。…そりゃC評価になりますね。「生徒の学び」は関係ないようで、いわゆる授業テクニックの評価ですね。もう議論が成立しません。1人ならボチボチやっていけるのですが、新しい芽を踏みつけられるのが我慢なりません。という状況です。
歌さん、歌さんやみなさんの苦しみが少しわかったような気がします。子ども達とぶれずにやっていきます。