鹿男これでよし

明治図書 授業づくりサポートBOOKS
成功する!『学び合い』授業の作り方 詳しくは…こちら


第13回『学び合い』を共に学び合うセミナーin 群馬
日 時 2020年2月8日(土) 13時~17時
会 場 ニューサンピア(高崎市島野町1333番地)
詳しくは……coming soon



群馬『学び合い』学習会「木曜セミナー」
次回は・・・👇です。

2008-08-03

お祭り…

23:44

 この2日間、地域のお祭りでした。神様がいるわけではないので、民俗学的な祭りではなく、いわゆるまちづくりのお祭りです。我が町内からも山車が出て、2日間市内を巡行しました。山車の巡行は町内会で行われますが、町内の中にも○○会など、いくつかの団体があり、横のつながりが希薄なので、連れまわされる者としては結構たいへんでした。私は育成会の子ども係として参加しましたが、やるべきことがあいまいではっきりしない係でした。事故防止のための誘導やけんかの仲裁ぐらいで、だらだらとした時間を過ごしました。こんなスケジュールで学校で行事を行ったら、おそらく保護者からの大ブーイングは免れないでしょう。町内の行事なら許される。太鼓の練習もそうです。お祭りまで毎日2時間、その日の目標もなくいわれた曲を延々叩き続け、おしゃべりしたら怒鳴られる。授業参観の授業だったらたいへんです。その練習に参加しないと当日山車に乗れないので、だれも文句は言いません。おそらく文句を言っても変わらないことがわかっているのだと思います。指導・運営している団体が閉鎖的で、同じ町内であっても長年祭りに関わった人でないと関わりづらいということが考えられます。

このお祭りも今年で34回だそうです。町内の子ども達、青年、中年、老人、婦人等様々な世代の人を巻き込む形はできているので、参加することで人間関係や社会規範、我が町意識を学ぶ場として、もう少しコミュニティが開かれれば…と思ってはいるものの自分は何をするわけでもない他力本願なのですが。

このお祭りも地域のコミュニティを活性化しながらまだまだ続いていくんだろうと感じた2日間でした。