鹿男これでよし

明治図書 授業づくりサポートBOOKS
成功する!『学び合い』授業の作り方 詳しくは…こちら


第13回『学び合い』を共に学び合うセミナーin 群馬
日 時 2020年2月8日(土) 13時~17時
会 場 ニューサンピア(高崎市島野町1333番地)
詳しくは……coming soon



群馬『学び合い』学習会「木曜セミナー」
次回は・・・👇です。

2008-07-12

gatekeeperとして…

22:33

 M先生の出前授業を参観しました。自分で考え、判断し、行動する子ども達の可能性が明確に見えた授業でした。参観者の中からは「子どもが立ち歩かない。」等の声も聞こえてきましたが、「立ち歩き」=『学び合い』ではないということを話しました。残り数分というところから「立ち歩き」も見られ、M先生の子どもを信じて待つ優しさが溢れた授業であったと思いました。

 その後の講演終了後、S小学校に前々任校で同学年を組んだことのある先生と、息子さんを担任したことのある先生に出会い、少し話をしました。二人とも「あそこまで子どもを信じられない。」とか、「大学のえらい先生だからできるだろう。」とか『学び合い』は無理!という雰囲気でした。「でも、もうやってると思いますよ。授業でも5分10分くらい子ども達に任せてやらせてますよね。それって、子ども達を信じてるからじゃないですか。始まりはそこからですから。」「あっ、そ~か~。信じて任せる時間が増えていけばいいんだよね。それならできるかも、やってみよう!で、今日はM先生がbrainで、take1さんがgatekeeperってことね。納得!。」S小学校変わりそうです。

 さて、うちの学校では…今回の授業と講演、一緒に行った研修主任の心に響いたようです。帰りの車中でもずっと『学び合い』の話をしました。「行ってよかった。『学び合い』と「学び合い」の違いがはっきりした。『学び合い』のネーミングもったいないよね「学び合い」と勘違いしてる人はたくさんいると思うよ。俺もそうだったけど。まず、職員の意識を変えていかないと。」月曜日から二人で作戦を考えます。強力な仲間を得ることができました。「学校を変える一番はやい方法は、研修を変えること」A先生に言われたことが現実に近づいてきたように思います。さて、どうなることやら。まだまだ壁はありそうですが…

D902iD902i2008/07/13 00:08昨日はお世話になりました。お会いできて嬉しかったです!
動いていますね。楽しみです!

OB1989OB19892008/07/13 06:09Mです。お褒めにあずかり、大変光栄です。どうもありがとうございました。『学び合い』の「ま」の字も知らない子どもたちだったのに凄いことが起きていたと思います。『学び合い』を知っている子どもたちでしたら、7月5日に見ていただいたようなjanglejapさんのクラスのようになります。take1_No12さんのお陰で、S小の先生方や研修主任の先生にご理解いただけて、大変有り難く思います。take1_No12さんはじめ、Y小ではじまった高崎の『学び合い』がどんどん広がっている実感を持ちました。もっともっと応援したいと思います。感謝です。

take1_No12take1_No122008/07/15 00:24 コメントありがとうございます。
D902iさん、たくさん勉強して、またいろいろ教えてくださいね。
OB1989先生、先生のお話を聞いて勇気と元気をいただきました。これからも限りなくend userに近いgatekeeperとして地道に動いていきたいと思います。