鹿男これでよし

明治図書 授業づくりサポートBOOKS
成功する!『学び合い』授業の作り方 詳しくは…こちら


第13回『学び合い』を共に学び合うセミナーin 群馬
日 時 2020年2月8日(土) 13時~17時
会 場 ニューサンピア(高崎市島野町1333番地)
詳しくは……coming soon



群馬『学び合い』学習会「木曜セミナー」
次回は・・・👇です。

2008-07-01

上位群の児童を伸ばす。とは…

23:04

 管理職との面談で、上位群の児童を伸ばす工夫が足りないことを指摘されました。

 本日、習熟度別の少人数指導による算数は、新しい単元に入りました。今回は上位群の担当です。同分母分数のたし算の学習ですが、ほとんどの児童は分母はそのままで、分子だけたすことを知っています。ということで、問題の式・答えも初めに板書しました。子ども達はクスクス笑って「先生、答えも書いちゃった。」と言っていましたが、この問題がこの答えになることを誰にでもわかるように説明できることを課題にしました。「簡単だよ。」と言いつつも、教科書を読んだり、図を描いてみたりと、いろいろ考え始めました。「何で分母は変わらないんだ!」とか「何で分子だけたすのか!」とかあちこちで話し合っています。そのうち「わかった!」の声。それが広がり始めました。が、納得できない児童もいます。みんなで説明していますが、納得しません。「おれ、もう一回勉強してくる。」とか、「もう一度出直してきます。」とか、学年のトップレベルの子ども達が説明して納得させるために何度も分数の仕組みを勉強しなおし、どうすればわかりやすい説明ができるか考えています。授業終了2分前最後の「わかった!」が聞こえてきました。全員が「スッキリ!」で授業終了です。

 よりレベルの高い補充プリントをたくさん準備して黙々とやらせるより、上位群の児童は確実に伸びていると思うんだけどなあ。

jun24kawajun24kawa2008/07/02 06:43見えやすい結果を出しましょうね。

take1_No12take1_No122008/07/03 00:23 コメントありがとうございます。来週の金曜日にテストをすることを伝えました。子ども達は、全員で100点とはりきっています。