鹿男これでよし

明治図書 授業づくりサポートBOOKS
成功する!『学び合い』授業の作り方 詳しくは…こちら


第13回『学び合い』を共に学び合うセミナーin 群馬
日 時 2020年2月8日(土) 13時~17時
会 場 ニューサンピア(高崎市島野町1333番地)
詳しくは……coming soon



群馬『学び合い』学習会「木曜セミナー」
次回は・・・👇です。

2008-02-26

種まき

00:12

 「ボランティアコーディネーター」カタカナで少しかっこいい仕事のようですが、要するに世話役です。大変な仕事です。現在129人のボランティアが登録しています。平均年齢は45歳ですが、大学のサークルも入っているので、平均は当てになりません。60歳以上の方が47%なんです。仕事を退職した方、子育てが一段落した方、経済的、精神的に豊かな方、子どもが大好きな方、そして、教えることが大好きな方たちの集まりです。すべての人の予定をチェックし、性格や相性を考えて、活動日の割り振りをするのが仕事です。そのため、たくさんの方とお話をさせていただきました。その中で気になったことは、多くの人が「最近の子どもはさめている。」とか、「覇気がない」とか、「感情がない」と同じようなことをおっしゃったことです。そのたびに、「それは、目的がないからですよ。」と答えてきました。確かに体験学習に来る子ども達の中には元気のない子や、やる気のない子もいます。社会科見学・遠足・旅行などで博物館等に行く際には、学習活動が目的なのか、イベント目的なのか少しあいまいなような気がします。本年度体験学習に訪れたのは162校344クラスです。たくさんのクラスを見てきましたが、学習活動が目的であるとはっきりわかったのは半分以下です。ほとんどの子どもは何のために来ているのかわかっていません。イベント・お楽しみです。これでは「さめている」「覇気がない」と思われても仕方がないかもしれません。

 このままではいけない。『学び合い』普及員として、この誤解を解かなければと。

子どもは有能であること。目標が明確であればやる気のない子はいなくなること。…など、たくさん話しました。が、なかなかわかってもらえません。そこで、実際に見てもらうことにしました。30分の体験時間で、子ども達が学び合っている姿を見せる。教えるのが大好きな方々に教えないようにしてもらって。難しい挑戦でしたが、数人の方に何度か感動を味わっていただけたようです。その方たちは、今では子ども達に教えようとしません。「ここ上手だね。」とか、「名人発見!」とか、今では可視化が得意技です。

My Boss

23:34

 現在私には直属のBossが3人います。大Bossは行政一筋?十年の事務職の達人です。中Bossは元中学校の先生で行政に出て8年目だそうです。小Bossは中学校から本年度移動してきました。学校団体の体験学習は中Boss、一般の体験学習は小Bossが中心に行ってます。特に、私は中Bossと勤務のサイクルが同じなので、話す時間がたくさんあります。

 4月の初め・・・

「最近の現場はどうなの?」

「『学び合い』が主流ですね。」

「『学び合い』って?」

そこからのスタートでした。

たくさん話をしました。Y小学校の紀要も進呈しました。N先生の本も読んでいただきました。動画も見ていただきました。

今では、『学び合い』の考え方を理解していただけたと思います。

来年度から、体験学習が変わります。子ども達がもっともっと動くはずです。

あとは、お手伝いしてもらっているボランティアの皆さんを巻き込むだけです。種はもう蒔いてあります。

3月のボランティア研修会で語ります。中Bossと2人で。