鹿男これでよし

明治図書 授業づくりサポートBOOKS
成功する!『学び合い』授業の作り方 詳しくは…こちら


第13回『学び合い』を共に学び合うセミナーin 群馬
日 時 2020年2月8日(土) 13時~17時
会 場 ニューサンピア(高崎市島野町1333番地)
詳しくは……coming soon



群馬『学び合い』学習会「木曜セミナー」
次回は・・・👇です。

2008-02-25

きっかけは、

23:29

 4月。博物館に転勤になって、子ども達はいないわ、給食はないわと、どうもテンションが上がらずだらだらした日々を過ごしていました。春休みは毎日、入館者を増やすため親子向けの体験学習を行っていました。そんな時、4組の親子(母子)がやってきました。4人のお母さんは若い方々で、全員髪の色が異なり、ベビーカーには同じくらいの年頃の幼児が乗っていました。体験学習室でかざぐるまを作り終わるとお母さん達は、子どもをほったらかしておしゃべりを始めました。幼児は1~2才、やっと歩ける程度です。かざぐるまを片手に、いつ転ぶか危ないのでついてまわっていました。そんな時、1人の子が部屋の外に出てしまったので追いかけて行きました。出口のそばには送風口があって、何人かの子ども達がその風を利用してかざぐるまで遊んでいました。その幼児も喜んで遊んでいたのですが、しばらくすると部屋に戻り、いっしょに来た3人を連れてきたのです。その後、親が連れに来るまで、4人で送風口で楽しそうにかざぐるまで遊んでいました。

 言葉がしゃべれないのに1~2才の幼児がどうやって3人を誘ってきたのか。肝心なところを見逃して(聞き逃して)しまいました。ベビーサインというものがあるように、何か、非言語のコミュニケーションがあったに違いありません。これが、DNAに組み込まれているコミュニケーション能力なのか・・・

 学校の外でもできることがあるな。と、確信した瞬間でした。

はじめまして、よろしくお願い致します。

15:25

第1回『学び合い』を共に学び合うセミナーin群馬に参加してくださったたくさんの方々、本当にありがとうございました。地元の者としても、あまりの盛況ぶりに仰天いたしました。

 群馬の会2次会において、N先生とKさんと交わした公約を果たすべく、本日よりブログにてこのグループに参加させていただきます。

 私は、子ども達の幸せと、Antlersの勝利を願う40才の鹿男です。現在群馬県で『学び合い』の一普及員として細々と活動させていただいております。昨年度までは全校で『学び合い』を研修していた学校の一員として、授業や授業以外のたくさんの場面で、子ども達からたくさんの感動をもらっていました。昨年4月の人事異動で学校外に転勤になり、現在は教員ではありませんが、この1年(まだ終わっていませんが)学校の外で起こったよしなしごとを、少しずつ書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

F-KatagiriF-Katagiri2008/02/25 15:42をを、さっそく有言実行ですね。すばらしい。
セミナーのお話し、とてもおもしろかったです。「小学校1年生では『学び合い』は……。」とか、「高校生では『学び合い』は……。」なんてできない理由を言っている人に聞かせたいお話でした。なにせ、「言葉が喋れない幼児でも『学び合い』ができたのですから。
やっぱり、アントラーズサポでしたね。いやいや、今年はアルビレックスが……って、あんまり大見得切れません。何せ今年の個人的な目標は「残留」ですから。

D902iD902i2008/02/25 19:51お世話になっています!上越教育大学西川研4年のD902iです。
take1先生が参加されることで,また『学び合い』ページを開く回数が増えそうです(笑)
take1さんの記事を楽しみにしています!

take1_No12take1_No122008/02/25 23:07早速のコメントありがとうございます。ぼちぼちと今年度の異体験記を書いていきたいと思います。とりあえず、公約どおり群馬の会のことから。

kirikiri2008/02/26 04:58お初になります。長野県のkiriといいます。幼児の行動にゾクゾクとしてしまいました。それを見逃さないtake1先生の感性も素晴らしい。学校現場と違う環境の中の一場面を、これからも教えてください。

OB1989OB19892008/02/26 06:11ようこそ!幼児の『学び合い』への第一歩を期待しています。よろしくお願いします。

ikutosuikutosu2008/02/28 12:17はじめまして。
東京で国語を教えております。先日の群馬での発表、学校外でも学び合いが成立することを知って、とても勇気をいただきました。
実はアントラーズファンです。
これからもよろしくお願いします。