Hatena::Groupmanabiai

相互依存を追いかける このページをアンテナに追加 RSSフィード

 ハンガリー・カーロリ・ガーシュパール大学の若井誠二(わかいせいじ)です。日本語教師です。10以上年前より学習者自律に関心を持ち、現在は学習者自律を支える「相互依存」を追いかけています。そして『学び合い』が相互依存の1つの形かなと思っています。(ご連絡等はszeidzsiアットマークfreemail.huまでお願いします。)

2017-02-26

自分は恵まれているという事実

| 07:45 | 自分は恵まれているという事実 - 相互依存を追いかける を含むブックマーク はてなブックマーク - 自分は恵まれているという事実 - 相互依存を追いかける 自分は恵まれているという事実 - 相互依存を追いかける のブックマークコメント

先日、日本語教育の研修会がありました。

そこで「制約や自分を知り、自分の考え・ペースで学習者自律を支援する活動をし続けるためには学校内での同僚性構築が欠かせない」という、ある(英語教育の)本(の1章)を紹介しました。

そして教師と同じように学習者も「制約や自分を知り、自分の考え・ペースで自らの日本語能力を上げるための努力をし続ける」ためには教室内での同僚性構築が欠かせないと話しました。

その後、教師は自らが同僚性を発揮するときに学校のトップはどうあってほしいかを想像し、教室において学習者が同僚性を構築しようとするときの(教師としての)自分の立ち位置を考えるべきだとも伝えました。

ただ、質疑応答の中で「そうは言うものの教師が学校内で同僚性を構築するのは難しい」という反応がありました。

もちろんすべての(管理職を含めた)同僚と同僚性を構築するのは難しいと思います。でも、まずは相手に失礼のない態度を示し、困っている人がいたらヘルプをし、困っていたら助けを求め、「1人と繋がると、その人が繋がっている人にも繋がる」ぐらいの感じでできるところから繋がっていけばいいのにな・・とそのときは思いました。

ただ、その後、ある職場で働いている人の話を聞き「同僚性を構築するのが難しい」と感じている人がいてもおかしくない、そういう職場もあるということにも気づかされました。

きっと私は恵まれているのだと思います。

先週もどうしても自分では処理できない事務仕事があって(同僚に相談しても解決できそうになかったので)、上に相談しました。すると、学科秘書さんを交えて話を聞いてくれ、上と秘書さんで問題点を整理し、私が(今まで20年近く働いていて)一度も関わることのなかった部署の担当官を呼んでくれました。結果、この担当官は私が解決できない、どうしよう・・と思っていた問題の解決方法をあっという間に出してくれました。更に、秘書さんがまた別の部署に連絡してくれ、問題解決のための手続きもとってくれました。肩の荷がすっかり落ちて気が抜けている私に秘書さんはコーヒーを入れてくれ、私はとても幸せな気持ちで授業に望むことができました。その後、私はこれを同僚にシェアし今後の対策を一緒に考えました。

これって、ものすごく恵まれた環境なんだと思います。だから私には同僚性構築の話がリアルに想像できたのだと思います。

2016-12-29

日本語と英語の2ヶ国語教育が行われている小学校

| 22:56 | 日本語と英語の2ヶ国語教育が行われている小学校 - 相互依存を追いかける を含むブックマーク はてなブックマーク - 日本語と英語の2ヶ国語教育が行われている小学校 - 相互依存を追いかける 日本語と英語の2ヶ国語教育が行われている小学校 - 相互依存を追いかける のブックマークコメント

オーストラリアで英語と日本語の2ヶ国語教育が行われている小学校があるんですね。ハンガリーでは中等教育機関にこのような2ヶ国語の公立学校が結構ありますけど、多いのは英語やドイツ語・フランス語です。中国語の学校もあるのですが、残念ながら日本語はありません。

2016-12-26

日本語ではなぜ「サンタさん」?

| 20:33 | 日本語ではなぜ「サンタさん」? - 相互依存を追いかける を含むブックマーク はてなブックマーク - 日本語ではなぜ「サンタさん」? - 相互依存を追いかける 日本語ではなぜ「サンタさん」? - 相互依存を追いかける のブックマークコメント

ハンガリーでは25・26日がクリスマスで祝日です。政府は来年から24日も祝日にしようと動いています。ハンガリーは違いますが、一般的にクリスマスにはサンタクロースがプレゼントを持ってきます。日本では「サンタクロース」を「サンタさん」などと言いますが、「サンタ」は「聖」にあたる部分なので「サンタさん」は「聖人さん」なんですよね。「聖人さん」という言い方も変だしそもそも誰を指すのかもわかりません。じゃあなぜ日本では「サンタさん」というのか・・・英語に「Mr.Santa」という歌がありますし、Santa trackingというサイトもありますから、サンタ・クロースという名前にしたときに、サンタを名前にしちゃったのが日本に入ったってことなのでしょうね。(でもいつ「聖人」が「サンタ」という名前になったのかなあ。)

2016-12-15

今学期も明日で終了

| 20:06 | 今学期も明日で終了 - 相互依存を追いかける を含むブックマーク はてなブックマーク - 今学期も明日で終了 - 相互依存を追いかける 今学期も明日で終了 - 相互依存を追いかける のブックマークコメント

ある授業。対話とピアリーディングが組み合わさったような授業です。教室には机がなくおりたたみの机がついた椅子があります。授業が始まるときに学生が書いてきた作文を3部ずつコピーして積み重ねたものを教室の真ん中にどんと置きます。すると学生がそこから作文を取ってコメントを入れていきます。途中質問があれば書いた人に聞き、コメントを書き終わったら、それをコピーの山に返し、別の作文を取って読む・・感じです。それを20分ぐらいやったら、自分の作文を取ったりとってもらったりしてコメントを読みます。

学期の最初は、そんな活動をしているのにもかかわらずみんな椅子を黒板に向けて並べて座っていました。私はあきれて「そんな座り方で、質問があったらどうやって書いた人に声をかけたり、その人のところに行くのさ。」と言いました。今はもちろんそんな座り方はしていません。

その後、対話に入ります。対話のグルーピングは学生がやります。グループが変わっても、同じ人同士がまざったりするときは、「まるで恋人みたいだ」といって茶化しますが(何か理由があってそうなっているのだろうからと)苦笑いして終わりです。(基本的にメンバーは常に変わります。)

教室は狭いので私は授業中、大体廊下に椅子を出して座っています。授業には日本人留学生の方が毎週3~4名来てくださっています。公的機関の方や日系企業の方、日本の大学関係者の方がいらしたときも「どうぞ中に入って楽しんでいってください。」という感じで入っていただきました(そんなときも自分は廊下です)。

ある日、廊下の定位置から教室に入ると、1人の学生が質問をしてきました。てっきり私に質問をしているのだと思い、答えていると自分の目の前にいる学生も答えていました。質問をした学生は私を無視していました。恥ずかしくなってあやまって定位置に戻りました。

そんな授業も明日で終わりです。

すべての授業がこんなんだと楽しいですけど、特に学士課程の授業では教室にびっちり学生が入りますので、どうしても演者の時間が長くなります。

2016-11-18

もしお隣さんが・・・

| 08:13 | もしお隣さんが・・・ - 相互依存を追いかける を含むブックマーク はてなブックマーク - もしお隣さんが・・・ - 相互依存を追いかける もしお隣さんが・・・ - 相互依存を追いかける のブックマークコメント

ハンガリーではある25年前より、ある調査会社が「反外国人かそうでないか」の意識調査を行っています。この調査における外国人は主に「移民」ですが、今回の調査でかつてないほどの「反外国人」の傾向が出たようです。

ハンガリー語ですが、グラフを見ることができます。

http://index.hu/tudomany/2016/11/17/soha_nem_latott_merteku_az_idegenellenesseg_magyarorszagon/

一方、別の会社も同じ時期に「もしあなたのお隣さんが○○だったら、受け入れますか」という調査を行いました。結果・・・「受け入れる」と言った人の割合は以下の通りでした・・

アラブ人(21%)

ロマ(ジプシーと言われる人たち)(32%)

同性愛者(45%)

中国人(47%)

アメリカ人(50%)

アフリカ人留学生(51%)

ユダヤ人(57%)

ロックンローラー(60%)

トランシルバニアからのハンガリー系移民(76%)

ハンガリーは現在反移民政策を取っているので、最初のアンケートは政策に影響されているとも言えますが、2つ目のアンケートを行った調査会社はロマ、ユダヤ人、同性愛者、なども半数以上が拒否するという結果を受けて、政策とは関係ないところで「自分と異なるものへの拒否感がある」と結論づけています。

私はご近所さんたちとトラブルは起こしていないつもりですが、こういう結果が出ると少し考えさせられます。