Hatena::Groupmanabiai

相互依存を追いかける このページをアンテナに追加 RSSフィード

 ハンガリー・カーロリ・ガーシュパール大学の若井誠二(わかいせいじ)です。日本語教師です。10以上年前より学習者自律に関心を持ち、現在は学習者自律を支える「相互依存」を追いかけています。そして『学び合い』が相互依存の1つの形かなと思っています。(ご連絡等はszeidzsiアットマークfreemail.huまでお願いします。)

2019-06-16

なんとか終わる

05:04 | なんとか終わる - 相互依存を追いかける を含むブックマーク はてなブックマーク - なんとか終わる - 相互依存を追いかける なんとか終わる - 相互依存を追いかける のブックマークコメント

私の勤める学科を卒業するには、以下の項目がクリアされている必要があります。

1.規定の単位を取得している。

2.卒業(修士)論文を提出している。

3.国家外国語試験に合格している。

4.卒業(修士)論文の口頭試問に合格している。

5.卒業試験に合格している。

このうち最も大きな壁は5です。言語学、文学、歴史、社会、日本語の5つの委員会を設置し(各委員会は最低3名の教員が必要です)受験生はこれを順番に受けていきます。1つでも不合格となれば、卒業はできず、半年後に合格できなかった試験のみ再受験します。

今回の卒業試験も学士課程だけで70名以上が受験します。2日間かけて試験を行います。学生も大変ですが、各委員会のメンバーも朝8時から午後4時すぎまで試験を行い、その後に会議などを経て結果発表をすることになるので大変です。

昔は人数が少なかったこともあり、受験生は自分の好きな順番で試験を受けていました。このため恐怖を感じる委員会はどうしても足が遠のき、結果として試験そのものが終わらないという結果となっていました。それで数年前からどの受験生がいつどの試験を受けるかというシステムづくりを担当しています。

再受験組などもいるため、スケジュールづくりはそれほど簡単ではありませんが、今回も何とか作成することができました。途中一度、同僚には投げていますが、来週の頭から口頭試問が始まるので問題のないように再度同僚にシェアをし目を通してもらうつもりです。