Hatena::Groupmanabiai

相互依存を追いかける このページをアンテナに追加 RSSフィード

 ハンガリー・カーロリ・ガーシュパール大学の若井誠二(わかいせいじ)です。日本語教師です。10以上年前より学習者自律に関心を持ち、現在は学習者自律を支える「相互依存」を追いかけています。そして『学び合い』が相互依存の1つの形かなと思っています。(ご連絡等はszeidzsiアットマークfreemail.huまでお願いします。)

2018-08-15

ジェンダー学

| 07:48 | ジェンダー学 - 相互依存を追いかける を含むブックマーク はてなブックマーク - ジェンダー学 - 相互依存を追いかける ジェンダー学 - 相互依存を追いかける のブックマークコメント

今月、日本の文科省にあたる人材省が「ジェンダー学科」の廃止を決定しました。これを受け、政府も人材省の決定を支持しました。

ジェンダー学科は、ハンガリーを代表する国立大学2017年修士課程に設置したのですが、当初より廃止を求める声があったようです。

今回の決定の背景には、入学希望者の少なさもありますが、労働市場のニーズに合わないという点もあるとニュースでは報じられていました。

大学側は自治が侵害されていると反発していますが、政府は大学自治は国の予算配分決定の上位にあるものではないとコメントしています。恐らく、昨年と今年の入学者については修了させ、来年度からの募集がなくなることになると思います。

大学には大学が選ぶ学長の他に、お金の流れを管理する総長が国から送られています。最近は、科学アカデミーの運営に関しても、予算配布の決定の主導権を国が握ろうとしていることがニュースとなっています。今回の件も、この流れの1つかもしれません。

ジェンダー学に関しては去年にスキャンダラスな出来事がありました。

http://tocana.jp/2017/05/post_13325_entry.html

実際には有益な研究も出ているとは思いますが、もしかするとこういうことも影響にあるのかもしれません。

日本学に関しては、受験希望者数は現在も非常に多く競争率も高いので今は国が廃止せよという状況にはありません。ただ、「そんなに多くの学生を抱える必要があるか」という批判はいつおこってもおかしくないような状況にあります。私のレベルだとできることは本当に限られますが、危機感を持って動いていかなければならないなと思います。