Hatena::Groupmanabiai

相互依存を追いかける このページをアンテナに追加 RSSフィード

 ハンガリー・カーロリ・ガーシュパール大学の若井誠二(わかいせいじ)です。日本語教師です。10以上年前より学習者自律に関心を持ち、現在は学習者自律を支える「相互依存」を追いかけています。そして『学び合い』が相互依存の1つの形かなと思っています。(ご連絡等はszeidzsiアットマークfreemail.huまでお願いします。)

2018-06-20

教師の立場を語ることは政治的なこと

| 06:15 | 教師の立場を語ることは政治的なこと - 相互依存を追いかける を含むブックマーク はてなブックマーク - 教師の立場を語ることは政治的なこと - 相互依存を追いかける 教師の立場を語ることは政治的なこと - 相互依存を追いかける のブックマークコメント

ハンガリーは社会主義時代の反省より三権分立には敏感だったのですが、また最近、行政府の力が強くなりすぎて、司法や立法をコントロールするようになってきています。(一部を除いてメディアはほぼ国が掌握してしまいました。)そして今度は、学問の分野にも力を広げてきています。

既に各大学には学長の他に、学長以下が正しくお金を使っているかチェックする総長が国から派遣されるようになっていますが、今度は、科学アカデミーのお金の流れを国の強い管理下に置く方針が打ち出されました。

科学アカデミーに対し国は研究の自律性は保証すると言ったのですが・・・その後、政府系の一般雑誌が「リベラルすぎる学者」リスト一覧を出してきました。今回標的となったのは、女性やマイノリティーの権利について「不当に多く」研究している研究家だそうです。表向きの批判材料としては、人口減少抑制の方向の研究が行われていない・・みたいな点も挙げられていますが、指摘には矛盾が多く見られるようです。もしかすると、今後これらの研究者は研究費がつきにくくなる可能性があるような気がします。

おそらく、社会的弱者の権利保護などを強く主張する研究は国の方針と合わないのでしょう。

学び合い』を良しとする立場を取る教師は、必然的に社会的弱者の権利保護側に立つことになります。でも、それが、国の方針(国のニーズ)と合わない場合、やりにくいだろうなと思います。