Hatena::Groupmanabiai

相互依存を追いかける このページをアンテナに追加 RSSフィード

 ハンガリー・カーロリ・ガーシュパール大学の若井誠二(わかいせいじ)です。日本語教師です。10以上年前より学習者自律に関心を持ち、現在は学習者自律を支える「相互依存」を追いかけています。そして『学び合い』が相互依存の1つの形かなと思っています。(ご連絡等はszeidzsiアットマークfreemail.huまでお願いします。)

2017-05-28

ないものねだり

| 20:40 | ないものねだり - 相互依存を追いかける を含むブックマーク はてなブックマーク - ないものねだり - 相互依存を追いかける ないものねだり - 相互依存を追いかける のブックマークコメント

クラスで学ぶとき、教師個人教授の延長でクラス(の1人1人の学習者)を教えようとする、あるいか管理しようとするのは効率もよくないですし、最悪の場合は学習者の学習を乱す結果になります。

クラスで学ぶときはクラスだから可能な(もっとも効率的な、そして学習者が自分に最も合った、そして自分で責任を持って学習できるための)方法を採用すべきです。例えばこの1つが学習者同士の同僚性構築へのサポートと言えます。

この場合でも、教師が個々の学習者に教えることもあるでしょう。でも、それは学習者にとって1つリソースにすぎず、更にその学生を通してクラスにとって利用できる1つのリソースとなればいいな・・と教師自覚していることが重要です。

個人教授の延長でクラスと接する教師がいる一方で、上記の考えが私自身の規範になっている教師が、(バックにクラスがない)個人に1対1で教えるとどうなるのでしょうか。私自身はそれは苦痛なのですが、どうやってそれを克服すればいいでしょう。

テストのやりかた

| 20:06 | テストのやりかた - 相互依存を追いかける を含むブックマーク はてなブックマーク - テストのやりかた - 相互依存を追いかける テストのやりかた - 相互依存を追いかける のブックマークコメント

私の学科では毎年修士課程の学生が学士課程の学生にアンケート調査を行い学科改善の提言書を日本語で書き、これを教員にあげています。

一昨年「日本語メールの書き方を学ぶ機会がない。これを学習項目に取り入れてほしい」という提言がありました。

これを受けて、現在、私のある1つの授業で「メールの書き方」も扱っています。

語学のテストでも手紙を書くという問題はよく出されます。シチュエーションや文脈を考えて正しく手紙が書けるか・・という問題です。

昔は辞書も使わず書くことが求められることもありましたが、現在は辞書使用が認められることが多いです。

ただ、現実問題を考えると、手書きで手紙を書く機会がほとんどありません。(今の若い人は電子メールを書く機会すら減っていると思います。)また日本人が日本語で手紙を書くときにも「手紙の書き方」に頼ることはまれではありません。ネットが使えるようにいなってからは、ネットを頼りにすることも多いでしょう。

というわけで(幸い私の授業はPC教室でなされることが多いので)今学期の授業では

  • 1.グーグルアカウントをつくる。
  • 2.「シチュエーションや文脈に合わせたメールの書き方」+「メールの基本的なルール」を簡単に説明する(資料を渡す)
  • 3.シチュエーションを提示し、実際に(作成したGメールアドレスに)メールを書かせる。
  • 4.Gメールをスクリーンでうつし、届いたメールを公開チェックする。
  • ことをやりました。メールを書くときは、もちろんネットも自由に使えますし、前の授業に書いたメールのコピペもOKで、クラスメートとも自由に相談してもよしとしました。

    でも今学期もテストでは手書き+辞書になってしまいました。(テストの構成の問題、PCの確保、テスト中の学生同士の情報交換の可能性があり踏み切れませんでした。)

    でも、そろそろ手書きの試験も再考の余地がありそうです。