Hatena::Groupmanabiai

相互依存を追いかける このページをアンテナに追加 RSSフィード

 ハンガリー・カーロリ・ガーシュパール大学の若井誠二(わかいせいじ)です。日本語教師です。10以上年前より学習者自律に関心を持ち、現在は学習者自律を支える「相互依存」を追いかけています。そして『学び合い』が相互依存の1つの形かなと思っています。(ご連絡等はszeidzsiアットマークfreemail.huまでお願いします。)

2017-04-06

トレーニング週間

| 07:38 | トレーニング週間 - 相互依存を追いかける を含むブックマーク はてなブックマーク - トレーニング週間 - 相互依存を追いかける トレーニング週間 - 相互依存を追いかける のブックマークコメント

私の勤める大学は今週は通常の授業はありません。かわりにトレーニング週間の名のもとに学生用、教員用の様々なプログラムが行われます。

教員は学部の教員が一同に介して行うworld cafe形式の対話、そしてもう1つのプログラムに参加することが義務付けられています。world cafeそのものは個人的にはあまり大きな意味はないですが、5年前からスタートしもう10回参加しているので顔見知り(名前はわからないですけど)の教員も増えてきました。

私が教員向けのプログラムの中から選んだのは「バーリントグループ」というものです(日本語だと「バリントグループ」)。これはイギリスに移住したハンガリー人の医師ホームドクターを対象に開発したグループ対話活動です。(細かい説明も受けたのですが、忘れてしまいました。)ホームドクターの場合、他のホームドクターと交流する機会はほとんどなく孤独です。更に、常に個々の患者と向き合わなければなりません。そういう点でグループ対話の重要性は高そうです。一方、私の場合、同じ教員室に複数の教員がいますし、他の部屋の教員とも話をする機会がそれなりにあります。また学生と常に個人個人でやりとりする必要もないです。あと管理職でもないということもあってホームドクターほど孤独ではないな・・・と感じます。(とっても恵まれているってことだと思います。)

教員は学生向けのプログラムを最低1つ行うことが義務付けられています。私が今回企画したプログラムは、日本の企業の社長さんと通訳さんによる、就職説明会の要素も加えた講演と対話です。社長さんは企業理念を熱く語り、通訳さんは通訳業がいかにエキサイティングであるかという話をしてくださいました。おかげさまで定員をはるかに超える学生が集まり、プログラム終了後も学生が社長さんと通訳さんを取り囲んで話をするという状況が生まれました。あとは就職につながればと思います。ここにいたるまで企業側とのメールのやりとりは三桁に近くなり、また社長さんや通訳の方には何度も大学まで足を運んでいただきました。このやりとりを通じて、ある種の奨学金制度も設置してくださるような方向性にもなりました。社長さんが「他の大学にも活動を展開したい」とおっしゃっていたので(ちょっと考えましたが)別の2つの大学の先生を紹介しました。

昔の私は「こいつはワシが育てた」みたいなところが自己評価のポイントとなっているところがありました。なので個々の学生に対する気持ちも強かったと思います。もちろん、今も授業課題で発生するメールのやりとり、留学関係のやりとり、卒論指導など、個々の学生とやりとりをすることは多々あります。そして、ああこの学生はいい学生だな~と思うこともあります。でも今の自己評価は400名を超える学科の学生全体に対して自分は何ができたか・・ってところに置いています。なので個々の学生に対する気持ちが強くなってしまうと(例えばお気に入りの学生などができてしまうと)全員のことを考える気持ちにゆがみがでてしまう恐れがあるぞと自分に語る自分がいます。きっとそういうスタンスをとろうとしていることも、バーリントグループについてホームドクターほどは惹かれない一因なのかもしれないな・・と思いました。(もちろん、バーリングループについて無知だからという点が最大の原因です。)