Hatena::Groupmanabiai

相互依存を追いかける このページをアンテナに追加 RSSフィード

 ハンガリー・カーロリ・ガーシュパール大学の若井誠二(わかいせいじ)です。日本語教師です。10以上年前より学習者自律に関心を持ち、現在は学習者自律を支える「相互依存」を追いかけています。そして『学び合い』が相互依存の1つの形かなと思っています。(ご連絡等はszeidzsiアットマークfreemail.huまでお願いします。)

2009-09-20

娘が更に調査を進めた模様

| 01:07 | 娘が更に調査を進めた模様 - 相互依存を追いかける を含むブックマーク はてなブックマーク - 娘が更に調査を進めた模様 - 相互依存を追いかける 娘が更に調査を進めた模様 - 相互依存を追いかける のブックマークコメント

娘は「物事を関係で見るかそうでないか。あまりにもはっきりとした違いが出たのでうなる。(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/szeidzsi/20090917#1253139575)」の問題が気になったのか、クラスメートに同じ問題を聞きまくったそうです。結果、風船の問題では「誰かが風船に穴をあけた」「ちゃんと結んでいなかった」「穴があいた」など「風がふいた」という意見は1つも出ず、娘が更に驚いてしまったようです。

教育ブログ

 

きっと私が攻撃されたらへこむでしょう。

| 00:10 | きっと私が攻撃されたらへこむでしょう。 - 相互依存を追いかける を含むブックマーク はてなブックマーク - きっと私が攻撃されたらへこむでしょう。 - 相互依存を追いかける きっと私が攻撃されたらへこむでしょう。 - 相互依存を追いかける のブックマークコメント

つい最近、ハンガリーの高等教育機関で学生が持つ授業の不満について、保護者が学長に直接訴えるという例を知りました。(しかも授業の後いきなりだったそうです)学生は大人なのですから、直接講師と話をすべきなのではと思いますが、もう時代が違うのだと思います。講師一人一人が教育について真剣に考え、学生に語る必要はあると思いますが、(そういう面でも振り返りカードは重要な気がします。)学科、学部、大学レベルでも、対応について考える時代なのだなと思います。

「社長を出せ!」という本には、消費者がクレームをつけるようになった歴史的経緯が紹介されていますが、そこではインターネット時代のクレームへの対応について詳しく記述されています。私たち教員もインターネットを使ったクレームというものについてもっと敏感にならないといけないなと思います。

教育ブログ

「かわいそう」と思う気持ちを考える

| 20:39 | 「かわいそう」と思う気持ちを考える - 相互依存を追いかける を含むブックマーク はてなブックマーク - 「かわいそう」と思う気持ちを考える - 相互依存を追いかける 「かわいそう」と思う気持ちを考える - 相互依存を追いかける のブックマークコメント

今は低学年は保護者の承認が必要になりましたが、ハンガリーでは小学校でも落第制度があります。娘のクラスでも1名留年となり、その子は小学校1年生をもう1度やっています。ただ、娘によると学校では休み時間には一緒に遊ぶし、新しいクラスになって楽しくてしょうがないと言っているようです。

娘の話を聞きながら、きっと自分自身には「留年」に対するネガティブなイメージが大きすぎるのかもしれないなと思います。(私が通っていた高校には浪人をして入ってくる人も毎年いたのですが、思い出してみればその時もどこかで「かわいそう」というイメージを持っていました・・・自分の意志で浪人した人なのに今思えば失礼な感情を持ったものです。)

いろいろな出来事に対して自分がどのような反応をするか、感想を持つか・・そこから逃げないことが大切だなと思います。

教育ブログ

作品が展示されることに

| 17:20 | 作品が展示されることに - 相互依存を追いかける を含むブックマーク はてなブックマーク - 作品が展示されることに - 相互依存を追いかける 作品が展示されることに - 相互依存を追いかける のブックマークコメント

日本・ハンガリー外交関係開設140周年国交回復50周年記念「日ハ友好・全国交流のつどい」(http://src-h.slav.hokudai.ac.jp/hungary/info/stb.html#20090926)というプログラムが9月26日に開かれます。

場所:ロイヤルパークホテル(http://www.rph.co.jp/index.html

日時:9月26日(10~19時)

問合先:日本ハンガリー友好協会(http://www.jpnhun.org/

ここに、昨年まで大学の書道教室(http://ameblo.jp/shodo-karoli/)の講師をしてくださっていた高橋典允先生のはからいで、大学生(と高校生)の作品が展示されることになりました。感謝!感謝!です。

いろいろな方に支えていただいている学生は本当に幸せだと思います。

教育ブログ

理念がはっきりしていないと、「それでいいの?」が一時的な感情のみで発せられてしまう。

| 07:21 | 理念がはっきりしていないと、「それでいいの?」が一時的な感情のみで発せられてしまう。 - 相互依存を追いかける を含むブックマーク はてなブックマーク - 理念がはっきりしていないと、「それでいいの?」が一時的な感情のみで発せられてしまう。 - 相互依存を追いかける 理念がはっきりしていないと、「それでいいの?」が一時的な感情のみで発せられてしまう。 - 相互依存を追いかける のブックマークコメント

「バカ社長論」によると、社長の1つの仕事は・・・

  • 社内の様子をつぶさに観察しての細かな指示(たとえば「入り口の花を枯らさないように」でもよい)など、社員では気付かないもの
  • だそうです。(もちろんこれは利益を上げるため、直接的・間接的につながる戦略の1つともなります。)

    しかしその一方で

  • 社長自身が動いてはいけない。「入り口の花を枯らさないように」と指示を出すのはいいが、社長自身が水をやることに夢中になると会社はおかしな方向に進む
  • と注意しています。

    そして、社長の仕事は、確固として信念・理念を持ち、感性を豊かにし、会社を取り巻く状況を見て、必要なときにヒト・モノ・カネをコーディネートすることであり、調整せず自分で動くのはよい社長とはいえないとまとめています。

    「教師=社長」と考えると、どう動くべきか・・・


    学び合い』の考え方をハンガリーの外国語教育にわかりやすいように当てはめた上で、私が教師として持つべき理念は以下のような形となります。

    他の文化を持つ者と一緒にやっていける市民になることが現在に求められている外国語学習(教室)の役割だとすると(少なくともCEFRはそうだと言っています。私の解釈が間違っていなければ・・)どのレベルの相手であっても、授業でどんな活動をしていても、どんな目標をたてようとも、それが「他の文化を持つ者と一緒にやっていける市民になる」ことどうつながっているのか説明できなければならない。

    上記でいう「細かい指示」というのを教師としての自分がどこまで出すか迷うところではありますが、上記の求めていることとずれていると感じるときには、(場合によっては少し待つと思いますが)指示(というか「それでいいの?」というサイン)を出そうと思います。

    ...........

    早速そんなことがありました・・・

    金曜日の0年生の授業にはじめてゲストの方がいらしてくださいました。でもゲストの方が入ったとき、0年生はおどろいてしまったのか、だれもゲストに挨拶をしたり、ニッコリほほえんだり、自己紹介をしにいくということはありませんでした。自分と違う文化を持つ者と一緒にやっていける人になってほしいと説いているのにもちろんこれは見逃せません。ということで、「(理由を再度説明して、「それでいいの?」と聞き、でも今回は強く行け!」と指示をしました。

    もちろん0年生は日本語を勉強しはじめて3日しかたっていない人たちです。日本語でまともな話しなんかできるわけがありません。でもそんなことは関係ない。「ハロー!」の一言でもいいから行け!と言いました。

    今日、そのゲストの方からメールをいただきました。それによると、授業の後、0年生がブダペストを案内してくれて、次の日も更に案内してくれることになった・・という内容でした。

    ありがたい話です。0年生、そしてゲストの方に感謝です。

    教育ブログ