Hatena::Groupmanabiai

相互依存を追いかける このページをアンテナに追加 RSSフィード

 ハンガリー・カーロリ・ガーシュパール大学の若井誠二(わかいせいじ)です。日本語教師です。10以上年前より学習者自律に関心を持ち、現在は学習者自律を支える「相互依存」を追いかけています。そして『学び合い』が相互依存の1つの形かなと思っています。(ご連絡等はszeidzsiアットマークfreemail.huまでお願いします。)

2019-10-21

ハンガリー語能力がない

06:29 | ハンガリー語能力がない - 相互依存を追いかける を含むブックマーク はてなブックマーク - ハンガリー語能力がない - 相互依存を追いかける ハンガリー語能力がない - 相互依存を追いかける のブックマークコメント

学内ネットワークで学生に情報を流すときは日本語で書くことがほとんどなのですが、どうしても正確に多くの学生に情報を周知させたいときはハンガリー語で書いたほうがいいと思ったりします。今、そういう情報がたくさんあるので、今日はハンガリー語で作文していのですが、あとで妻にチェックしてもらったら、修正時間の長いこと・・・私は母語から外国語に翻訳するための授業を持っているのですが、自分ができないことを学生にやらせているのがちょっと恥ずかしいです。

知らなかった・・

06:26 | 知らなかった・・ - 相互依存を追いかける を含むブックマーク はてなブックマーク - 知らなかった・・ - 相互依存を追いかける 知らなかった・・ - 相互依存を追いかける のブックマークコメント

はてなグループって閉鎖されるんですね。知りませんでした・・・

片桐先生の「Pay it Forward , By gones 片桐史裕」を見てはじめて知りました。データはエクスポートできるみたいですけど・・・はてなダイヤリーのときは、はてなブログに一括コピーできましたけど、今度もそうなるのでしょうか・・

2019-10-20

有意義な1日

05:10 | 有意義な1日 - 相互依存を追いかける を含むブックマーク はてなブックマーク - 有意義な1日 - 相互依存を追いかける 有意義な1日 - 相互依存を追いかける のブックマークコメント

今日はハンガリー日本語教育シンポジウムがありました。今回は日本の防衛大学にあたる機関を含め、これまであまり耳にすることのなかった機関における日本語教育について知ることができました。学生も数多く参加し、先生方の発表に耳を傾けていました。また、私がハンガリーに来たころにお世話になり、その後、長い間音信不通だった先生もひょっこりと姿を現し、なつかしの再開を果たすことができました。有意義な1日となりました。

2019-10-19

冷や汗

05:22 | 冷や汗 - 相互依存を追いかける を含むブックマーク はてなブックマーク - 冷や汗 - 相互依存を追いかける 冷や汗 - 相互依存を追いかける のブックマークコメント

今日は授業に、音声研究をされている日本の先生が来てくださり、学生に自分でできる発音チェック(以下のサイトの紹介)について教えてくださいました。

http://www.japanese-pronunciation.com/

2つの授業で話をしていただいたのですが、最初の授業は(教室不足による)外部建物の授業で、教室にネットもなく、プロジェクターも動かずという状況になってしまいました。(自分が授業をしていた時間はプロジェクター動いたのですけど・・・)「なかなか大変な状況で授業されているんですね」と慰められてしまいました。

学生には先生の資料をあらかじめ額寧ネットワークで送っておいたので、プロジェクターが壊れても、みんなが携帯で資料を見られたのでまだよかったです。

2019-10-18

嬉しい

06:29 | 嬉しい - 相互依存を追いかける を含むブックマーク はてなブックマーク - 嬉しい - 相互依存を追いかける 嬉しい - 相互依存を追いかける のブックマークコメント

今年度も、院生が学内アンケート調査を行い、その結果を分析して学科に提言書を提出してくれることになっています。その動きの中で「後輩サポートクラブ」を立ち上げる動きがあり、アンケートに答えてくれた人に、Facebookグループの案内を入れることにしたようです。

毎年、学生が変わるので、なかなかこういう動きが「伝統」にはなりませんが、でも嬉しいです。

2019-10-16

もう、こういうのやめてほしい

03:49 | もう、こういうのやめてほしい - 相互依存を追いかける を含むブックマーク はてなブックマーク - もう、こういうのやめてほしい - 相互依存を追いかける もう、こういうのやめてほしい - 相互依存を追いかける のブックマークコメント

娘があきれた顔をして帰ってきました。新年度が始まってから英語の教育実習生の授業で苦労させられたらしいのですが、その人の実習が終わったら、また別の英語の実習生が来たそうです。

娘によると実習生は、大学で学んだ役に立つと思っているやりかたを生徒たちに押し付け、授業を進めるため、生徒を押さえつけコントロールしようとするらしいです。

今日は

  • ノートをやぶって、自分を表す1文を書く
  • それをまるめてお互いに投げ合う
  • 自分のところにとんできた紙を広げて英文を読む
  • 誰が書いたものかあてる
  • という活動をさせられたそうです。

    娘はノートを大切にしているため「なぜやぶらないといけないのか」と抗議をしたそうですが「やれ!」の一点張り。英語のクラスは、すでに3年以上一緒に勉強しているクラスで、今更誰が誰かなんて活動に意味を感じません。しかも半年後には英語の卒業試験もあります。クラスの生徒たちはきっと、丸めた紙を実習生にぶつけ「これをだれが書いたか、おまえらが推測しろ!」と思ったことでしょう。今日の実習生・・実は私が勤める大学の学生です。娘に「大学の指導教官誰か聞いて!」と言いそうになりました。