Hatena::Groupmanabiai

教師になりたい! このページをアンテナに追加

小さい頃からの夢である教師を目指し日々勉強中。現在大学院1年生。 たくさんの方々と繋がり、多くのことを学ばせて頂けたら嬉しく思います。prismic.st☆gmail.com(☆を@に変えてください)

2014-06-25

力になること。

16:58

 人の力になりたい時、どうしたらもっと効果的に力になれるのか考えています。

「いつでも力になるからね。」「なんでも言ってね。」なんて口先だけのことはいくらでも言えたって、相手の負担を軽減するための行動にいざ踏み出そうとなると、とても難しいです。

協働力、協働力というけれど、人と人が集まり合えばそれぞれの価値観がぶつかり合って、それぞれが抱えるタスクもとても重くて、全員で協働し合うのがいかに困難であるのか突きつけられます。

 だけど、価値観も何も異なり合うなかで、相手のことを共感しようとする姿勢や、思いやる言動や行動を垣間見るたびに心が温かくなります。

私には私なりの助け方で、力になれる部分だけ手を差し伸べるしかないのだと感じます。その中で、相手の気持ちに寄り添って、共感しようとする姿勢を大切にしたいと私は感じます。

 この大学院で学べることの中に、人と協働する力が大きく占めているのだと実感できて、何だかさらに意義を見いだせたように感じます。

toukonyukitoukonyuki2014/06/25 19:02はじめまして。「いつも答えを探している」というところに、すごく自分がダブってコメントさせてもらいました。私は今、広島の公立中学に勤務しております。正規採用されてからは実質四年目というキャリアです。憧れ続けてやっとなれた公立中学の教員なのに、うまくいかないことだらけで、もう辞めた方がいいと思っていた時に『学び合い』に出会い、今も仕事を続けられています。でも、現場で生徒指導に追われ疲労困憊の先生方の中にいて、自分自身に負けそうになる弱い私です。なんだかボヤキになってしまいました、すいません💦また、よろしくお願いします。

swprismswprism2014/06/27 16:43toukonyukiさん
コメントありがとうございます。とっても嬉しいです。私も『学び合い』に出会ってから、常に答えを探し求める姿勢が染み付いたように感じます。ブログを拝見させていただいたのですが、toukonyukiさんはバレー部の顧問もなさってるのですね。私も中高大とバレー部に所属しており、スタメンに関する記事は共感する部分がとても大きかったです。今度ぜひ部活のお話も出来たら嬉しく思います。
忙しい教師生活の中でも、常に答えを求めて頑張っておられるtoukonyukiさんの姿勢を私も見習わせていただきたいです。
コメントありがとうございました。どうぞ宜しくお願いいたします♪

toukonyukitoukonyuki2014/07/11 02:45こんばんは、最近はどうされてますか?ちょっと気になってコメントさせていただきました(^^)

swprismswprism2014/07/11 17:34toukonyukiさん
コメントありがとうございます!とても嬉しいです。今は大学院の学期末のレポートの執筆を頑張っているという感じです。また週一で中学校の支援に入っているのですが、先週から特別支援学級で『学び合い』もどきの授業をさせて頂いており、色々と学んでいるところです。
toukonyukiさんはお元気にされていますか?色々とお聞かせいただけると嬉しいです。

2014-06-24感じたこと。

「あなたはあなたでいればいい。」

今日、そんなことをある方から言われました。


なんだかよく分からない気もするし、ずっとそんな気がしていたような気がして、その一言に泣きそうになってしまいました。

少し前に、自己否定は自分を成長させないと気づいたので、とにかく自分を認めていこうと思いました。弱さも甘さも醜さも否定するべきではなく、私の生まれ持った本質として受け入れて、その土台の上に何を得ていくかが大事だと思いました。本質は変えられない。私は私として生きていくことしか出来ないのだと感じました。

そんなことを最近感じていたので、この一言はとても響きました。

一方で、前のようにストイックに欠ける自分に違和感や不安も感じていました。

だけど、今日その方に言われたのは、

「羅漢は如来にはなれない。だけど如来は羅漢を通らずしてはなれない」ということです。

学び合い』と、「わたし」はどう付き合っていくのか。まだまだ模索中です。

だけど、前に進めているような気がしています。

mei-c5mei-c52014/06/24 23:47実は弱さが強味ってこともありますしね(^^)

swprismswprism2014/06/25 16:07mei-c5さん
弱さが強み、そういう見方でいればどんどん前向きに進めていけそうだよね(^^)/

2014-06-18

グループワーク

15:00

 大学院に入学して2ヶ月が過ぎました。4、5月は講義を受ける日々を過ごしたのですが、6月からはグループでの活動をして毎日過ごしています。

与えられたテーマは5つ。人数は5人。

その中で私は、「教科活動における異年齢集団の活用」(『学び合い』とかぶらないこと)というテーマのリーダーを務め、研究しています。


 グループの中には3名現職教員さんがいらっしゃるので、現場でのお話をよく聞きます。

教員という職は、その仕事の中に幸せを見出せるかどうかが大切なのかなと感じました。

あまりにも多忙で、あまりに拘束される現状を知りました。同じグループ内の、或る小学校の先生が、土日も休みがないのが殆どだとおっしゃいました。会議は夜9時から始まることもよくあるそうです。

研究室の隣の学生も、教採の勉強をしながら「教員はブラックだ...」とため息をついていました。

 

 オフの時間での気晴らしやリフレッシュが殆ど出来ないのならば、仕事自体に幸せを感じられるのが、より前向きに明るく生きられる方法なんだなということを、なんだかとてもリアルに感じました。

 多忙な教員生活を続けてきながらも、やる気に満ちていて、いろいろなことを吸収しようと熱意にあふれる現職さんをとても尊敬してしまいます。学卒の院生の方のモチベーションもとても高くて、毎日刺激を受けます。


 モヤモヤを楽しみながら、自分の軸を作っていく新潟での日々に、とても意味を感じています。

 学び続けていきたいです。

2014-04-14大学院生活が始まりました。

いよいよ大学院での生活がスタートしました!

新しい地で、新しい方々に囲まれて、とても新鮮な気分です。

院に行くという選択をして良かった、と思えるような二年間にします。


自分はこう考えている、こういうスタンスでいたい、こういう風に人と付き合っていきたい。

そういった自分の軸を、前よりも強く持てているような気がします。

多くのことを吸収できるように、ゆったり構えて、メリハリをつけて、充実した日々を送っていこうと思います!

maya-1maya-12014/04/14 22:18いよいよスタートしましたね。焦らず、じっくりとですね。

nishinaonishinao2014/04/14 22:23院に入学おめでとう!
今月末に会いに行けそうだったら研究室に顔を出そうと思いまーす^^

akifune3akifune32014/04/14 23:33西川研にようこそ。これからがスタートですね。

FlipperKFlipperK2014/04/15 06:49新たなスタート、おめでとうございます。

swprismswprism2014/04/15 07:36maya-1さん
ありがとうございます。じっくりと、多くのことを学んでいける二年間にしたいと思っています。

swprismswprism2014/04/15 07:38nishinaoさん
ありがとう!今月末、来れるかもしれないんだね! 色々とお話聞きたいな。楽しみにしてます(^-^)

swprismswprism2014/04/15 07:41akifune3さん
ありがとうございます。スタートラインに立ったような新しい気持ちでいます。これからたくさんお世話になることと思いますが、宜しくお願いします!

swprismswprism2014/04/15 07:42FlipperKさん
ありがとうございます!有意義な二年間にしたいと思っています。

kanjii4dakanjii4da2014/05/23 22:43上越ではお世話になりました。お若い方の情熱にふれ、また力をもらうことができました。西川研究室の方々やそれにつながるたくさんの人はきっと大学院生活の力になると思います。がんばってくださいね。もしかしたらまたどこかでお会いできるかもしれません。どうぞ、広島にもおいでになってください。学校を上げて歓迎します。(^_^)

swprismswprism2014/06/25 16:35kanjii4daさん
コメントをくださっていたことに気づかず返信がこんなにも遅れてしまいました。本当に申し訳ありませんでした。温かいお言葉、本当に嬉しいです。
私も、kanjii4daさんとお話した際には多くのことを学ばせて頂き、とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。本当にありがとうございます。この大学院生活の中で多くの人との繋がりを大切にしながら、たくさんのことを学ばせて頂きたいと思っております。
また、kanjii4daさんとお会いできる機会をとても楽しみにしています。また多くのことを学ばせていただきたいです。
最後に、返信が遅れてしまったことを心からお詫び申し上げます。

2014-03-07

スタートライン

13:00

一ヶ月ほど前に、

「宗教じみている」

と、ある人に言われました。

とてもショックを受けました。

でも、最近そのことの意味をようやく自覚しました。

自分の中の勉強に対するスタンスを変えるべきだと気づいて、新しいスタートラインに立ったような感覚があります。


極端に生きてるから、続かない。楽しめなくなる。

もっとバランス良く、視野を広く、そして自分自身で軸を作らなくちゃいけない。


私は『学び合い』をはじめ、何かに答えを求めて、すがっていました。

いろんな知識と、これからの経験を合わせて、私に出来ることを探そうと思いました。


今の私に答えは見つからない、だから肩肘張って正解を追い求めるよりも、自分の中にたくさんの引き出しを作っていこうと思いました。

学ぶことを楽しんでいこうと思います。

jun24kawajun24kawa2014/03/07 14:37それで良いと思います。引き出しは多い方がいい。でも、目指すべき子どもの姿ははっきりと持たないと、ぶれます。その場その場の答えは、その場その場で考えるしかないのですから。

nishinaonishinao2014/03/07 20:36悩めるのもまた楽しいよね。
おれもたくさん悩むしきつくなったりもするけど、その分世界が広く違う色に見えてきたりするよ。
だから、焦らずわけわかんないままに自分の芯を見つけていけばいいさ。

やっぱりswprismさんの日記を読むと元気でるな~^^これからもお互い頑張っていこうね!

swprismswprism2014/03/08 02:33jun24kawaさん
はい、引き出しをたくさん増やしていきたいです!
目指すべき子どもの姿、これが描けていなければ、引き出しを活用することも出来ないですものね。今それを手にしようとして、出来るものなのでしょうか…。早く手にしたい気持ちもありつつ、じゃあそのためにどうすればいいんだろうという気持ちがあります。また答えを求めて突っ走ってしまいそうだ、という不安があるのです。
引き出しを増やしながら、現場での経験を積み重ねていけば、自然と手に出来るものなのですかね。。

swprismswprism2014/03/08 02:40nishinaoさん
楽しいって思えるの、やっぱり大事だよね。そして、辛くてもがいたりしたとしても、自分の軸をつくっていくことは諦めちゃだめなんだって、nishinaoさんを見てると感じるよ。いつも勇気付けてくれて本当にありがとう。
私も、ここからまた頑張っていきたいな。nishinaoさんの日記を読んで元気を貰いながら、一歩ずつ踏み出していこうって思うよ。ありがとう。

jun24kawajun24kawa2014/03/08 05:35若い頃から小さくまとまる必要は無いですよ。いずれはまとまりますから。
10年以上前から一貫して言っていることです。
ちなみに『学び合い』は科学です。そして科学自体も宗教の一種です。
以下をご覧下さい。
http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20031021/1172926774
http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20130908/1378592028
http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20110305/1299332923
http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20071010/1191998247
あと、大事なのは自身の職能形成があり、それに合わせた教育ではありません。
現状の子どもの苦しみ、それを改善するための職能形成です。
だから、現状を正しく認識し、自らの目指す姿を明らかにし、それを繋ぐのです。

FlipperKFlipperK2014/03/08 06:03 あまり参考になりませんが、「何かのために学ぶ」よりは、「学んでみたいから学ぶ」と言うのがあってもいいかもしれません。何となく楽しいから、でもいいのではないでしょうか。

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2014/03/09 13:44目指す姿や仮説を立ててトライ&エラーを繰り返す。この毎日です。いつになってもこのループから抜けられないし抜ける気もありません。それにしても西川先生のコメントはいちいち納得できます。にやっとしてしまいました。春から楽しみだね!

swprismswprism2014/03/15 13:36jun24kawaさん
>大事なのは自身の職能形成があり、それに合わせた教育ではありません。現状の子どもの苦しみ、それを改善するための職能形成です。だから、現状を正しく認識し、自らの目指す姿を明らかにし、それを繋ぐのです。

という部分が、とても響きました。わたしは、子どものことを見ているようで自分のことしか見えていなかったのかな、と思いました。
何かを学ぶことを、自分の中でどう整理づけていけばいいのか、考えています。科学が宗教の一種であるならば、ニヒリズムのような感覚を少し覚えます。。
勉強しながら、人と交わりながら、自分を見つめながら、一歩ずつ進んでいこうと思います。
コメント本当にありがとうございます。考えるきっかけになりました。

swprismswprism2014/03/15 13:39FlipperKさん
「何となく楽しいから」という部分、とても共感できます。今のわたしの目標としているスタンスです。肩肘張って必死に学ぶよりも、ゆったり構えたほうが吸収しやすく、持続可能なのではないかと感じました。
極端な性格なので中々むずかしいのですが…「学びたいから学ぶ」というスタンスで進んでいきたいです!

swprismswprism2014/03/15 13:53i-Kawa-nakajimaさん
トライ&エラーの繰り返し、私もそうやって進み続けていきたいと思います。エラーになった後トライに踏み出す時、そこが一番難しいです。「このループを抜ける気もない」という意志がi-Kawa-nakajimaと接している時にとてもよく伝わってきます。色々なことにアンテナを張り、柔軟に物事を考えられる姿勢、本当に尊敬しています。
春から、このループにますます浸りながら楽しんでいこうと思います。