ぼちぼちいこか

長野県諏訪郡で小学校教員をしています
授業参観可能です
sumimon7とgmail.comを@でつないでください

☆★☆『学び合い』メールマガジン☆★☆
http://www.mag2.com/m/0000270912.htm

2017-06-21

6月20日 06:49

算数の時間、子どもたちにすると、時間が足りなかったようだ。

いつものように、

「じゃあ時間ね。」

と、授業を終えた。あ、そういえば、その言葉の前に、

「明日の授業は、次のページだからね。」

とも伝えたか…。

少人数支援加配で、二回に一度の割合で算数に入ってくださる先生が、終了直後に近くへ来て声をかけてくれた。

「時間延ばさないのね?」

覚悟がすわってる!」

覚悟なのか?

自分からすると、授業の目標が、そのページの問題を解けて説明まで出来る、であるから、評価はすれども時間延長は不必要と判断したまでた

仮に、そのような場面で、

「時間なくなっちゃったね…。じゃあ次は、この続きから始めよっか?」

と言ってしまったら、子どもたちにどんなメッセージを送ることになるのか?

「この先生は優しいなぁ」

だろうか?おそらく、違う。

「この先生は易しいなぁ」

ではないか。つまり、チョロいかも…という無言で知らせてるようなものなのだ。

優しくはありたいけれど、優しい教師とは思われたくない。

ゲスト



トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/sumimon/20170621