ぼちぼちいこか

長野県諏訪郡で小学校教員をしています
授業参観可能です
sumimon7とgmail.comを@でつないでください

☆★☆『学び合い』メールマガジン☆★☆
http://www.mag2.com/m/0000270912.htm

2008-07-02

[]保護者会 21:05

日曜日、臨時(?)緊急(?)保護者会が開かれました。

学び合い』について深く話したり、保護者の方の考えを聞いたりしました。


3日経ち、これまで話し合われたことや今週の子どもたちの姿を頭の中で回想し、考えを熟成(?)させてきました。答えのようなものは見つかりませんが、私の考えと保護者の方々の考えには大きな違いがあることはわかりました。



[]不安その① 21:05

筆順指導は?

副教材の確認をしてほしい。

などの意見をいただきました。自分なりの考えをお話ししました。


ただ、ある方のご意見で、それでは私と保護者の考えのズレは埋まらないことがわかり、筆順についてはテストをすること、副教材の確認もすることを伝えました。


お家の方は筆順指導をしないこと(「しない」だけで、「必要ではない」わけではありません)やドリルなどのチェックを担任がすることを望んでいることを痛感しました。この『学び合い』グループでは、それらは担任がやらなくても子どもたち同士で確認できることであるとわかってもらえますが、他の先生方や保護者の方には理解できても納得するまでは難しいと思われます。


・・・とやかく考えても仕方がないので、月曜日、子どもたちに伝えました。

「筆順テストをやるよ」

「ドリルのチェックを先生がするよ」

と。


ただ、

“テストをするから筆順を覚える”

“先生がチェックをするからきちんとやる”

ことが目的ではないことも伝えました。それでは「先生に怒られないように○○する」ことと同義になってしまいます。


「筆順を覚えずに、いい加減な書き順で字を書く大人になりたいか」

これを常に問いかけ、語りかけていくことのほうがよっぽど重要だと改めて感じました。



[]不安その② 21:05

“低学年児童だからこそ、担任が教えるべきではないか”

ということも考えました。


お家の方が、学問的な「教授」よりも、担任に教わることで子どもたちが得られる精神的な「安定」を求めているように感じました。我が家の子ども(年中児)に限っていえば、親が云々言ったり、手を貸したりするよりも、「できるようになった!」ということに喜びを感じているようなので、私には今ひとつわからない感覚です。


このあたりは子どもたちの生育環境も関係してくるかもしれませんので、そんなことを挙げていればきりがありませんし、責任を家庭に押しつけてしまいそうになるので、困ります。


家の妻にも聞いてみました。

「先生に教わりたいんじゃないの?」

ということです。


私の発想で言うと、教わってもできるようにならないほうが困る気がするのですが・・・。


この辺は母性的な発想と、父性的な発想もあるのでしょうか?

でも『学び合い』の実践者に、女性も男性も関係ないですものね。

余計に考えてしまいます。



[]不安その③ 21:05

やはりというか、なんというか、「教えない」ということに不安を感じていらっしゃるようです。


これについては、学級通信を通してこれから情報発信をしていこうと思いますが、以前のセミナーで話をしましたが、「子どもをお客さんにしない」とか「子どもが考える」と言い換えたり(そういえば、他の方のブログにもありましたね)、実際の授業をもっと参観していただくことでしかわかってもらえないものかもしれません。


あとは目に見える結果を出していくことですね。



[]今はものすごく前向きです 21:05

懇談の前は

「担任を代えてほしい」

とまで言われるのではないかと、ものすごく不安な気持ちでいっぱいでしたが、実際に終えて日数が経った今はとても前向きな気持ちです。授業自体は変わりました。考え方は全く変わっていないどころか、より「人として」を考えるようになりました。


幸いなことに、お家の方々は『学び合い』に否定的なのではなく、不安な想いがあるだけです。その不安を取り除くことで、これから私の『学び合い』が深化していくものと思います。もちろん、不安を取り除くのは子どもたちだと思います。


また、うれしいことは、『学び合い』のことを私以上に調べ、学ぼうとしている保護者の方がいることです。ある意味、『学び合い』を進める理想型かもしれません。


「担任交代」論も、ひとまず私の耳には入ってきませんでした。

makine45makine45 2008/07/02 21:19 理解されない部分があるとは思います。保護者は安心したいのでしょうね。
一斉授業でも、子どもたちの関わり合いを大切にしたいと思っています。

janglejapjanglejap 2008/07/02 21:19 今はものすごく前向きです・・というのがさすがですね!おうちの方々の不安をに思いがいたるところも・・。
まもなく、お会いして直接お話が伺えること楽しみです。

歌 2008/07/02 21:28 「人として」ですか。大切なことですよね。
ちなみに私はミニテストの中に筆順テストを入れています。
ドリルも子供が○を付けた後に、軽くですが見ています。
そうすると、「ここ違っているよ~」なんてことも
あります。でも、本当はそんなのない方がいいですよね。
まあ、ぼちぼちやっていきます。

iku-nakaiku-naka 2008/07/02 23:02 私たちも保護者の方も願いは同じだと思います。
『学び合い』が子供のためになると分かれば、あとは大丈夫だと思います。もうひと踏ん張りですね!!。

sumimonsumimon 2008/07/03 06:22 makine45さん、
「子どもたちの関わり合い」は一斉授業でも『学び合い』でも同じですね。単なる一斉授業ではない授業になりそうな予感はあります。


janglejapさん、
前向きにならないと、気持ちが凹んでしまうというのも本心ですが、保護者の方に否定的に思われていなかったことが大きな要因です。また長野でお話しさせてください。


歌さん、
筆順やドリルチェック、歌さんのされていることが今自分がやるべきことです。やっぱり、実践しているんですね。


iku-nakaさん、
そうなんです!「願いは同じ」なんです!!
子どもたちが“自由にやれる方がいい!”と思ってくれさえすれば・・・。子どもたちの受け止め方も徐々に変わってきているようだと聞いています。

ゲスト



トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/sumimon/20080702