ぼちぼちいこか

長野県諏訪郡で小学校教員をしています
授業参観可能です
sumimon7とgmail.comを@でつないでください

☆★☆『学び合い』メールマガジン☆★☆
http://www.mag2.com/m/0000270912.htm

2013-07-04

[]自主学習ノート 21:59

担任を受け持つ前から自主学習ノートに取り組み始めた学年です。クラス替えをして(長野では毎年クラス替えがあるわけではありません)、担任も代わり、自主学習ノートへの取り組み方も変わってきました。


今日は久しぶりにノートを見合う時間がありました。


ゴチャゴチャと言葉を並べて担任が説教する必要はありませんね。気になる(イイ意味でも宜しくない意味でも)友だちのもとへ行ってノートをのぞき込む子どもたちでした。



・・・今年はプロジェクト・アドベンチャーを通して学級づくりを、ガチャガチャして担任が把握しきれない授業と自学ノートを通して子どもたちの学力形成を考えて取り組んでいます。

maya-1maya-12013/07/28 09:12中信ブロック会への参加ありがとうございました。長野セミナーでの発表楽しみにしています。

sumimonsumimon2013/08/05 09:41maya-1さん、中信の会、フォーラムとありがとうございました。
10月の発表は統計グラフのアンケート結果も出ていますし、子どもたちと考えたフレッシュな様子をお伝えできればと思います。よろしくお願いします。

2012-06-04

[]卒業生 23:54

運動会に、この3月に卒業した子たちが大勢見に来て(参加しに来て)くれました。ほんの2ヶ月会っていないだけなのに、ずいぶん大人っぽく感じました。


「先生、今のクラスでも『学び合い』やっているんですか?」

と聞かれて、

「うん、ちょっとね」

と答えました。


怪訝そうな顔をしていましたが、まだ今のクラスの子どもたちに心から信頼を寄せていない自分の気持ちが表れた返答だったのかもしれないと、後になって感じました。


チームビルディングで言えば、トランスフォーミングに近かったかもしれない卒業生たちのクラス。今のクラスはやっとこれからフォーミングからストーミングへと移行しようとしているのかも。


焦っちゃいけない。卒業生が気づかせてくれました。ありがとう。

2010-03-26

[]CRT考察 09:32

最後のまとめの仕事に、CRTの考察作業がありました。


学校で話をしている中で、「もっと客観的なデータを保護者に提示したら・・・」とアドバイスをいただいたことがありますが、学校の職員間で共通理解したのが、具体的な数字は開示しないということ。このあたりはなかなか難しいものです。


それでも今年度の結果を見ても、国語・算数ともに全国平均を上回っていました。

4領域で見ると、国語の言語事項分野だけ「ほんのわずか」全国平均を下回っていました。算数は全ての領域で上回っています。

さらに細かい観点でみると、いくつか気になる点がありますが、プラス面に目を向けると子どもたちが頑張った点がマイナス面以上に見つけられます。


昨年度からの経年変化をみると、算数は4領域全てで昨年度を上回りました。原因としては、課題をはっきりさせて子どもたちに単元を任せたことが挙げられます。昨年度との違いは、それが大きいと思います。


一方、国語は全体的やや下がったように思います。この原因は算数とは対照的で、課題がはっきりしなかったためと思われます。何ができるようになればいいのかを、指導要領をしっかり見てまず自分が考えなくてはなりません。


この結果を子どもたちに伝えて、一緒に頑張っていこうとするのが最善策と思いますが、それは新しい担任の先生がどうされるかでした。もっとも、子どもたちはCRTのために頑張ったわけではなく、みんながわかるように励んだ結果ですので、さらにみんながわかるようにしようね、と伝えることが必要です。

2010-03-20

[]涙 23:59

3年間担任してきた子どもたちも涙を流していました。楽しい担任ではなかったし、優しくもなかったのに、こんな担任のために涙を流す子どもたちを見て、自分も涙・・・。

体育館からいったん職員室に戻り、教室へ。

3年間で自分の想いは常に語ってきていましたから、あらためて伝えることなどありませんでした。ただ一つ「新しい先生のもとで、がんばれる子どもたちでいてください」というお願いをしたような記憶があります。お便りを配ったら、ものの5分くらいで「さようなら」の挨拶。どのクラスよりも先に教室を後にしました。

学校ドラマのような別れであってもいいんでしょうけど、ホントに伝えたいことはその都度語ってきたがために、何もなかったんです・・・。

2010-01-27

[]感想 06:36

で、これだけはアップしておかなきゃ、ということです。


月曜日に年休をもらいました。その関係で、授業は他の先生方にも入っていただいたのですが、ある教科の学習カードに、


○○先生がさいごにおしえてくれたけど、「そんなのわかってるよ!」と思って、いらいらしました。


とありました。職員室でこの学習カードを見ていましたが、笑ってしまいました。


教室でこの感想を子どもたちに伝え、聞いてみると他にも同様の感想を持っていた5人の子が、申し訳なさそうに手を挙げました。

「○○先生が心配にならないように、君たちが動けるといいね」

と話しましたが、教師が話すときには、

・子どもたちが知らないこと

・子どもたちに新しい視点をもってもらえるようなこと

・子どもたちに繰り返しても伝えておきたいこと(安全面に関すること)

なのかなぁ…、と我が身を振り返ることにもなりました。