ぼちぼちいこか

長野県諏訪郡で小学校教員をしています
授業参観可能です
sumimon7とgmail.comを@でつないでください

☆★☆『学び合い』メールマガジン☆★☆
http://www.mag2.com/m/0000270912.htm

2011-07-05

[]表情 06:01

この1ヶ月の間に、校内研究や他校の授業など参観する機会がありました。社会、国語、英語と多岐にわたった授業参観ですが、一貫して子どもたちの姿・事実から語ろうと決めていました。そして、子どもたちの活動のすごいことを改めて学びました。


グループ内で自然と進行役が生まれて、その子が他の子に満遍なく意見を求める姿

ある子の間違いを笑ったA児に対して、「いいの、いいの。笑っちゃダメ」とたしなめたB児の姿

教師が指導する時間には無表情でいたのに、ペア学習で口を動かし練習しようとするC児の姿

そして、C児と一緒に先生から合格をもらおうと、順番を待つ間にC児に練習を促すD児の姿


客観的に授業を見ると、こんなにも子どもたちの良さが見つけられるものなのだと自分でも驚いたほどです。

2011-02-26

[]台上前転 18:29

体育の跳び箱単元が終了しました。

【全員が4段縦の開脚跳びをする】は全員達成!していました。

そして昨日までの【全員が4段の台上前転をする】は未達に終わりました。残念・・・。

     ◆

X児は台上前転どころか、マットでの前転(でんぐり返し)も出来ない児童です。このことは跳び箱を始めて2時間目にわかっていたのですが、昨日も跳び箱開始時に、

X、どうする?

1いきなり台上で前転練習する

2マットで練習する

3授業に参加しない

どれ?

と聞くと、即座に「1!」と返答が。そうは言ったって、マットで前転できない子が台上でやるなんて心配だよなと思いつつ了承し、2段、3段、4段と用意してある跳び箱の横に私は移動していました。

しばらくしてX児は2段で練習しましたが、やったりやらなかったり。私は他の女子児童の補助をするためにその場を離れました。そして、そのまま授業終了。(ちなみに女子児童は4段で台上前転成功!「腰持って補助しようか?」と聞いたら、2人とも一人でやれちゃいました!)そしたら、背後で、

「先生、Xちゃんできた!」

と子どもの声。

どうやら子どもたち同士でX児ができるようにがんばっていたようなのです。しかも、3段で!!思わず大きな声を挙げてしまいましたが、改めて子どもたちってすごいなぁと感心し、少しウルッときたのでした。

RonaleeRonalee2011/05/20 09:38Real brain power on dsliapy. Thanks for that answer!

nojoavijynojoavijy2011/05/21 00:45gTa20l <a href="http://uqmcckvqvkmj.com/">uqmcckvqvkmj</a>

jrkjuhoaraujrkjuhoarau2011/05/23 01:41svqN4e , [url=http://dosqwugpxyet.com/]dosqwugpxyet[/url], [link=http://jumuasxyhbyf.com/]jumuasxyhbyf[/link], http://cetytcvevegx.com/

bpwrsbbpwrsb2011/05/27 19:236IceNW <a href="http://ftrdhxxscwde.com/">ftrdhxxscwde</a>

yteeqxwrtyteeqxwrt2011/05/30 23:17k9DkvZ , [url=http://gaahyoctmoxk.com/]gaahyoctmoxk[/url], [link=http://genlzoyjtzio.com/]genlzoyjtzio[/link], http://wgnhyxxcqmtx.com/

2011-02-07

[]「さすがに間違えすぎだろ」 22:16

宿題プリントで2割以上の間違いがある場合には、返却した日のうちに直して再提出させています。「何のための宿題なんだい?」って唇にタコができるくらいです。

今日もプリントを返却したのですが、しばらくすると、

「さすがに間違えすぎだろ」

ボソッとつぶやかれた声。どうやら、A児のプリントを見た、B児の言葉だったようです。

昨日は何も言わずに返却していたから良かった。ついつい言い過ぎてしまうことがあるのです。教師の言葉よりも、友達の言葉の方が何倍、いや何十倍響くだろう。そんなことを考えたB児の一言でした。

2011-01-21

[]助けてもらっています 12:49

今日は10年研の希望研修で終日総合教育センターで研修。現在、昼休みを利用して、コーヒーすすりながら宿題チェックしています。

今朝は短時間だけ出勤して、朝の活動である学級の時間のことを済ませてから出発しようと予定していました。児童会長選挙の推薦責任者および選挙管理委員を決めようともくろんでいたのです。

が・・・、

「じゃあ、推薦責任者決めてから、選管決めるぞ。選管は男女一人ずつだから・・・」

(なんだか空気がおかしい。)

「先生、もう決めちゃいました。」

「なぁんだ。ありがとう。」

ということで、無事決定。おかげでその後に考えていた「推薦文全員作成」の話ができました。おかげで余裕を持って出発することができました。

ありがたや、ありがたや。

2011-01-19

[]机の配置 21:09

そんなクラスの中にあって、本日、

「先生、机の並び方なんですけど『コの字』にしてもいいですか」

と申し出がありました。目的を尋ねると、

「真ん中の空いたスペースに集まることができる」

とのこと。しっかり考えているなぁと感心しました。

自分としては、活動の内容によって黒板に正対したり、コの字にしたり、あるいは机を移動してクラス会議のように円にしたり柔軟にデザインすればいいと思っています。それを子どもたちが考えてくれるのならば最高です。

まだまだ授業では多くの子が居心地の良さ「だけ」を考えているように見えるので、上記メモのように説いて聞かせることが多いのですが、やはり深く考えようとしている子に目を向けていくことを最優先しなければいけません。

sumi-chansumi-chan2011/01/19 21:13>>笑顔でいる時間が短い
ああ〜〜、わーたーしーもーーー!!
あんまり真顔すぎる時には、自分でボケてみたりすることもありますが、なかなかそこまで心の余裕が持てないデス。。

sumimonsumimon2011/01/19 21:16sumi-chanさん、
子どもに頼るか職員室で同僚と話をするか、が自分の選択肢です。誰かと話すと顔がほころぶから不思議です。最近はそれだけ人としゃべっていないのかも。