ぼちぼちいこか

長野県諏訪郡で小学校教員をしています
授業参観可能です
sumimon7とgmail.comを@でつないでください

☆★☆『学び合い』メールマガジン☆★☆
http://www.mag2.com/m/0000270912.htm

2011-02-26

[]台上前転 18:29

体育の跳び箱単元が終了しました。

【全員が4段縦の開脚跳びをする】は全員達成!していました。

そして昨日までの【全員が4段の台上前転をする】は未達に終わりました。残念・・・。

     ◆

X児は台上前転どころか、マットでの前転(でんぐり返し)も出来ない児童です。このことは跳び箱を始めて2時間目にわかっていたのですが、昨日も跳び箱開始時に、

X、どうする?

1いきなり台上で前転練習する

2マットで練習する

3授業に参加しない

どれ?

と聞くと、即座に「1!」と返答が。そうは言ったって、マットで前転できない子が台上でやるなんて心配だよなと思いつつ了承し、2段、3段、4段と用意してある跳び箱の横に私は移動していました。

しばらくしてX児は2段で練習しましたが、やったりやらなかったり。私は他の女子児童の補助をするためにその場を離れました。そして、そのまま授業終了。(ちなみに女子児童は4段で台上前転成功!「腰持って補助しようか?」と聞いたら、2人とも一人でやれちゃいました!)そしたら、背後で、

「先生、Xちゃんできた!」

と子どもの声。

どうやら子どもたち同士でX児ができるようにがんばっていたようなのです。しかも、3段で!!思わず大きな声を挙げてしまいましたが、改めて子どもたちってすごいなぁと感心し、少しウルッときたのでした。

RonaleeRonalee2011/05/20 09:38Real brain power on dsliapy. Thanks for that answer!

nojoavijynojoavijy2011/05/21 00:45gTa20l <a href="http://uqmcckvqvkmj.com/">uqmcckvqvkmj</a>

jrkjuhoaraujrkjuhoarau2011/05/23 01:41svqN4e , [url=http://dosqwugpxyet.com/]dosqwugpxyet[/url], [link=http://jumuasxyhbyf.com/]jumuasxyhbyf[/link], http://cetytcvevegx.com/

bpwrsbbpwrsb2011/05/27 19:236IceNW <a href="http://ftrdhxxscwde.com/">ftrdhxxscwde</a>

yteeqxwrtyteeqxwrt2011/05/30 23:17k9DkvZ , [url=http://gaahyoctmoxk.com/]gaahyoctmoxk[/url], [link=http://genlzoyjtzio.com/]genlzoyjtzio[/link], http://wgnhyxxcqmtx.com/

2011-02-17

[]「わり算だから」 22:09

円周と直径の学習に入っています。

「直径×3.14=円周」であるから、

「円周÷直径=3.14」であり、

「円周÷3.14=直径」でもある。

これらを使って問題を解いているようですが、男の子数人がかたまって学習していた場面でのこと。

A児「なんでBはできないんだよ。」

C児「これはできてたじゃん!」

A児「なんでできないんだよ。」

B児「わり算だから」

C児「『わり算だから』じゃないよ。わり算もかけ算も同じだろ」

どうやらAとCにとっては、かけ算とわり算は同等レベルなのでしょう。多くの児童がそうかもしれません。でも、Bにとってわり算はハードルが高いのかもしれません。それに、「わり算だから」と答えていることはすごいことです。これは会話の相手が自分(教師)だったら、なかなか聞くことができないだろうなぁと感心。そしてすかさず可視化。


わからない理由・できない理由を言ったことを大きな声で褒めて(可視化して)、ニヤニヤしている授業になって楽しかったです。

でも、みんながわかる・できるようになってくださいね、我がクラスのみなさん。

karakusa01karakusa012011/02/18 00:32<これは会話の相手が自分(教師)だったら、なかなか聞くことができないだろうなぁと感心。そしてすかさず可視化。
そういうことってよくあります。
可視化心がけます。ありがとうございます。

sumimonsumimon2011/02/18 06:51karakusa01さん、ありがとうございます。
「可視化」って自分も久しぶりに使った言葉です。いいことはもっともっとつぶやいていこうと思います。

2011-02-07

[]「さすがに間違えすぎだろ」 22:16

宿題プリントで2割以上の間違いがある場合には、返却した日のうちに直して再提出させています。「何のための宿題なんだい?」って唇にタコができるくらいです。

今日もプリントを返却したのですが、しばらくすると、

「さすがに間違えすぎだろ」

ボソッとつぶやかれた声。どうやら、A児のプリントを見た、B児の言葉だったようです。

昨日は何も言わずに返却していたから良かった。ついつい言い過ぎてしまうことがあるのです。教師の言葉よりも、友達の言葉の方が何倍、いや何十倍響くだろう。そんなことを考えたB児の一言でした。

2011-02-02

[]質問にこたえる 21:40

何人かの方が、『学び合い』について来たメールのことをアップしていましたが、自分も連絡をいただきましたのでお答えしました。正確に言うと、クラスの子どもたちに答えてもらいました。いただいたメールの内容が、『子どもたちが体感していること』を私の言葉で伝えてほしい、でしたので、それならば私が媒介して子どもたちの声を直接届ければいいのではないかと思ったのです。

で、

金曜日はスキー教室、月曜日は自分の忌引きがあったため、ようやく昨日アンケートをとることができました。まだ全部を文字に起こしていませんが、抜粋すると、


○全員が80点以上とれるとうれしい。いろんな人の意見が聞けて、いろいろな意見が知れる。むずかしい問題を全員ができるようになるのはむずかしい。

○ふつうの授業ではわからない所を聞くのは、むずかしいけど学び合いだとわからない問題があると友達に気軽に聞くことができるのでとてもやりやすいです。

○先生のおしえ方より、けっこう楽しいし、よくわかる


といった内容でした。最後のコメントを読んだ時は職員室で一人でニヤついてしまいました。たぶん気持ち悪い存在だったと思います。

このアンケートの回答はせっかくなので学級通信などでも紹介しようかと思っています。

ghjalghjal2011/02/02 22:18私も気持ち悪いニヤつきをしているのかな。ほとんど、私のクラスの子と同じことを言っていますね。私はそう子どもたちが語っているビデオを紹介しました。

sumimonsumimon2011/02/07 22:11ジーンさん、猛烈に遅くなりましたが、コメントありがとうございます。
> ほとんど、私のクラスの子と同じことを言っていますね。
やっぱりそうですか。ヒドゥン・カリキュラムじゃない(いや、まさに?)ですけど、担任のハラがよく伝わっているのかもしれません。