ぼちぼちいこか

長野県諏訪郡で小学校教員をしています
授業参観可能です
sumimon7とgmail.comを@でつないでください

☆★☆『学び合い』メールマガジン☆★☆
http://www.mag2.com/m/0000270912.htm

2010-08-30

[]語れる環境をつくる 20:13

今日は、kan66さんの授業を参観しました。よくよく考えてみたら、同じ長野県内の授業を見るのは初めて。しかもライブ参観を同僚と行うことができました。長野県の短い夏休みをうまく利用させてもらえて、ラッキーでした。ぜひぜひ、来年以降はシステマチックに進めていきましょう。


さて、授業ですが、

教師の短い説明(約5分)

子どもたちの活動(約30分)

説明タイム(約10分)

という大まかな流れでしたが、すごかったのは子どもたちが勝手に役割分担をして活動に必要な道具を準備したり片付けたりする姿と、わからないことをすかさず近くの子に聞いたりする姿でした。あんまりにもどんどん動く子どもたちだったので、グループは毎回固定しているのか気になり聞いてみました。


「ねえねえ、このグループってどうやって決めたの?」

「適当!」(「テキトー!」)


と元気な声で即答されました。これだけでうれしくなっちゃいました。


     ◆


帰りの車の中では、一緒に参観した同僚と『学び合い』などについて話し合ってきました。

「教師が教えないっていうのは引っかかる」

ということを言っていました。当然の反応です。


帰校してからは、ある先生に、

「どうだった?」

「子どもたちは教師の狙った姿に迫っていたか?」

などなど聞かれ、

「どうって聞かれても、面白かったですよ」

「全員が教師の目標を達成していました」

と答えて、うまく話がかみ合わなかったため、きっと話の根本のところでズレがあるなぁと思いながら、

「うまく説明できないんスよ」

と言ってしまいました。西川先生のことを説明したところ、すぐに相手の先生は手引書をダウンロード・印刷していました。


ちなみに、その先生は「『座りなさい!』を言わない授業」を以前に読んだことがあるようです。また、別の同僚はM先生の「『学び合い』入門」をお持ちでした。


     ◆


自分にとっても、勤務校にとっても、非常に大きな一石を投じる参観だったかもしれません。 

今後は校内に『学び合い』を広めることが目的にならないよう、あくまでも、授業について、子どもたちの姿について語り合えるような職場環境づくりを目的に、周りの先生方と折り合いをつけながら進めていこうと思います。

sumi-channsumi-chann2010/08/30 21:42同僚の方と一緒にkanさんの授業を参観できたなんて、うらやましい〜!

>>今後は校内に『学び合い』を広めることが目的にならないよう、あくまでも、授業について、子どもたちの姿について語り合えるような職場環境づくりを目的に

ここ、私も大事にしていきたいと思っています。

sumimonsumimon2010/08/31 21:41sumi-channさん、
同僚がフットワークのいい人で恵まれています。
これまでは『学び合い』を何とか広めたいという想いが強すぎましたが、色んな先生方がいるわけで…。子どもたちも、その子に合った方法があるように、多くの教師にもその人が好む考え方があるんですよね。その考え方・哲学が垣間見える職場環境がこれからずっと続いていくといいなぁって思っています。

kan66kan662010/08/31 23:02遅くなりましたが、昨日はありがとうございました。また、2学期のスタート、お疲れ様です!
私の拙い授業のせいで、同僚のH先生を余計混乱させてしまったような気がします・・・。
今度はsumimonさんの学級へぜひおじゃまさせていただきたいと思います。

sumimonsumimon2010/09/02 06:33kan66さん、
H先生の混乱は予想通りですからご心配なく。それよりは授業参観をきっかけにして、職員室が変わり始めました。『学び合い』について語れるようになったんです。別に今まで禁止されていたわけではないのですが…。13日もよろしくお願いします。