ぼちぼちいこか

長野県諏訪郡で小学校教員をしています
授業参観可能です
sumimon7とgmail.comを@でつないでください

☆★☆『学び合い』メールマガジン☆★☆
http://www.mag2.com/m/0000270912.htm

2010-08-30

[]語れる環境をつくる 20:13

今日は、kan66さんの授業を参観しました。よくよく考えてみたら、同じ長野県内の授業を見るのは初めて。しかもライブ参観を同僚と行うことができました。長野県の短い夏休みをうまく利用させてもらえて、ラッキーでした。ぜひぜひ、来年以降はシステマチックに進めていきましょう。


さて、授業ですが、

教師の短い説明(約5分)

子どもたちの活動(約30分)

説明タイム(約10分)

という大まかな流れでしたが、すごかったのは子どもたちが勝手に役割分担をして活動に必要な道具を準備したり片付けたりする姿と、わからないことをすかさず近くの子に聞いたりする姿でした。あんまりにもどんどん動く子どもたちだったので、グループは毎回固定しているのか気になり聞いてみました。


「ねえねえ、このグループってどうやって決めたの?」

「適当!」(「テキトー!」)


と元気な声で即答されました。これだけでうれしくなっちゃいました。


     ◆


帰りの車の中では、一緒に参観した同僚と『学び合い』などについて話し合ってきました。

「教師が教えないっていうのは引っかかる」

ということを言っていました。当然の反応です。


帰校してからは、ある先生に、

「どうだった?」

「子どもたちは教師の狙った姿に迫っていたか?」

などなど聞かれ、

「どうって聞かれても、面白かったですよ」

「全員が教師の目標を達成していました」

と答えて、うまく話がかみ合わなかったため、きっと話の根本のところでズレがあるなぁと思いながら、

「うまく説明できないんスよ」

と言ってしまいました。西川先生のことを説明したところ、すぐに相手の先生は手引書をダウンロード・印刷していました。


ちなみに、その先生は「『座りなさい!』を言わない授業」を以前に読んだことがあるようです。また、別の同僚はM先生の「『学び合い』入門」をお持ちでした。


     ◆


自分にとっても、勤務校にとっても、非常に大きな一石を投じる参観だったかもしれません。 

今後は校内に『学び合い』を広めることが目的にならないよう、あくまでも、授業について、子どもたちの姿について語り合えるような職場環境づくりを目的に、周りの先生方と折り合いをつけながら進めていこうと思います。




[]さぁ、2学期! 20:13

教員人生最初で最後かもしれない、長い夏休みも今日で終わり。いよいよ明日から2学期が始まります。1学期までの子どもたちがどれだけ成長するか、その伸びに目を向けられる学期にします。

sumi-channsumi-chann2010/08/30 21:42同僚の方と一緒にkanさんの授業を参観できたなんて、うらやましい〜!

>>今後は校内に『学び合い』を広めることが目的にならないよう、あくまでも、授業について、子どもたちの姿について語り合えるような職場環境づくりを目的に

ここ、私も大事にしていきたいと思っています。

sumimonsumimon2010/08/31 21:41sumi-channさん、
同僚がフットワークのいい人で恵まれています。
これまでは『学び合い』を何とか広めたいという想いが強すぎましたが、色んな先生方がいるわけで…。子どもたちも、その子に合った方法があるように、多くの教師にもその人が好む考え方があるんですよね。その考え方・哲学が垣間見える職場環境がこれからずっと続いていくといいなぁって思っています。

kan66kan662010/08/31 23:02遅くなりましたが、昨日はありがとうございました。また、2学期のスタート、お疲れ様です!
私の拙い授業のせいで、同僚のH先生を余計混乱させてしまったような気がします・・・。
今度はsumimonさんの学級へぜひおじゃまさせていただきたいと思います。

sumimonsumimon2010/09/02 06:33kan66さん、
H先生の混乱は予想通りですからご心配なく。それよりは授業参観をきっかけにして、職員室が変わり始めました。『学び合い』について語れるようになったんです。別に今まで禁止されていたわけではないのですが…。13日もよろしくお願いします。

2010-08-20

[]長野県でも… 00:54

私の勤務校は、耐震化工事があるために「今年は」30日まで休みです。ひょっとしたら、こんなに夏休みが長いのは本県で教員をしている限り最初で最後かもしれません。

ただ、5年担任なので、キャンプが来週に予定されています。




[]ミッション・使命・目的 00:54

これは取り留めのないメモになります。

この休み中、自分が教員をやっている理由みたいなものをずっと考えています。なぜこの休み中にこんなことを考えているのか自分でもわかりません。ただ、今年異動したことがきっかけの一つになっているような気がします。


本県で、ある専門学校に勤める方は、プライベート・仕事両面でのご自身の使命を明確にされています。果たして自分だったらどうなんだろう?子ども3人を育てる父親としてのミッションは何か、娘が動き回るようになって考えるところが多々あります。


そんな夏休みに、フォーラムで長尾さんに会い、読書生活では大嶋啓介さんの本を読み、ますます自分のやっていることの目的について考えさせられました。特に長尾さんにはたくさん質問をぶつけましたが、いずれにもはっきりとした回答があり、起業家の方にははっきりとしたビジョンがあるのだと感じ、ますます自分のビジョンの無さを痛感しました。


もっと教員の仕事をシンプルに考えてもいいんじゃないか?


今はこのように考えています。学力向上に本県はシフトしつつありますが、それが目的になってもいけないし、それを無視することもいけない気がします。じゃあ、シンプルに考えたときのこの仕事の目的ってなんだろうか・・・?


自分「も」、周囲「も」大切にできる子どもたちを育てること


ではないかと現段階では考えが落ち着いています。そして、最近は学校(教室)がもっと楽しい空間になってもいいのではないかと考えが変わってきました。


     ◆


休みが明けるまであと10日。キャンプまではあと5日。この悶々とした感じも子どもたちに会ったら、スッキリした答えをもらえるかもしれません。それまではモヤモヤした感じを続けていこうと思います。

2010-08-11

[]課題の前に、教室文化か? 05:55

フォーラムに続いて山梨の会に参加して、先週末3日間は頭の中が完全に『学び合い』一色に染まりました。心地よい三日間でした。


フォーラムでは二日目のパネルディスカッションに登壇させていただき、『走れメロス』の課題設定について十分考える機会を持つことができました。課題作りでは社会・英語活動について、たっぷりの時間を費やししました。また、山梨の会では、英語の課題設定についてあぁだこぉだと話し合う機会に恵まれました。


課題作りについて、多くの方が記事をアップしていますが、私は今回の三日間であらためて課題云々ではなく学級の文化が大事なのではないかと考えるようになりました。課題をないがしろにするわけではありませんが、それよりも大事だと思うのです。



[]「周りの子が教えるんです」 05:56

たとえば山梨の会で、ある方が

私たちのクラス(学校)だと、わからなくて困っている子がいると、小さな声で周りの子が教えるんですよね。

とおっしゃっていました。


これって『学び合い』じゃないかと。


そもそも『学び合い』って何なのか?

教師が教えないことなのか?


とフォーラムでも考えましたが、3つの「観」に基づいて授業に臨んでも、教師が本気でそれらを信じていなければ子どもたちに伝わりませんし、逆に言えば、教師が『学び合い』などを知らなくても、子どもたちの力を信じて、教師自らができることの限界を知っていて、そして、学校で目指すことが人格の完成だと願っていれば、上記のように知らず知らずのうちに子どもたちが協力し合って授業を展開していくのです。


ちなみに、上記のコメントは小学校低学年ではありません。中学校・高校で、しかも私立の女子中高校生の姿です。



[]うまくまとまりませんが、 05:56

英語活動の課題作りで頭を悩ませましたが、結局、教師の願いを伝え続けていくことです。そして、課題をシンプルにしていくことです。この順番が入れ替わってしまうと、なんだか大きな違いになるような気がします。

2010-08-03

[][]アンケート 06:11

遅ればせながら、夏休みに突入しました。今年は校舎耐震化工事のため、7月30日~8月30日までという、人生で一度あるかないかの「超」長期休業になりました。・・・といっても、他県ではあたりまえかむしろ短い期間ですね。


さて、夏休みに入ってすぐに学期末アンケートの集計を行いました。子どもたちだけでなく、保護者の方のアンケートもありました。結論からすると、1学期にやってきた内容については概ね好評でした。


子どもたちは今まで違う学びのスタイルに刺激を受けたようですし、保護者の方々にしてみたら「全員がわかる」や「みんなでできるようになる」という考えが新鮮だったようです。


2学期の課題は結果を出し続けていくことか、と考えています。