ぼちぼちいこか

長野県諏訪郡で小学校教員をしています
授業参観可能です
sumimon7とgmail.comを@でつないでください

☆★☆『学び合い』メールマガジン☆★☆
http://www.mag2.com/m/0000270912.htm

2010-04-26

コメント返し 21:32

sumi-chanさん、

「黄金の3日間」がタイムリーだなんて、珍しいですね。ウチは来週に「出直し2日間」を迎えます。

kogapon7kogapon72010/05/05 06:42summimonさん、お久しぶりです!
異動されたのですね。5年生担任は僕も同じです。
さて、僕なら、
やらない子には、
「やれ!」と言います。
「みんなができるように最後まで全力を尽くしてや」
「そんなんで全員達成できるんか」
「君が遊ぶとまわりも遊んじゃうやんか」
授業を止めて、「どう思う?」かみんなに聞いてもいいですよね。
とにかく、ちゃんとやらない子には、早めに手を打った方がいいなと思います。

あくまでも僕の個人的な意見なので、合わなければ、無視してくださいね~!

sumimonsumimon2010/05/05 10:00kogapon7さん、こちらこそお久しぶりです。そして、コメントありがとうございます。
確かに自分が子どもたちに向けて話すならこがぽんさんと同じような内容を伝えると思います。
「友だちを大事にするって、一緒に遊ぶこと?忠告を無視して遊ぶのは大事にしていることの現われ?」
とか辛らつなことも言うかもしれません。
ただ、今回は「一緒にやろう!」と声をかけるA児が、再度どう声をかけていくのかが気になっており、実践されているクラスのお子さんたちはこのような事態ではどのように声をかけ続けていくのかを知りたいと思いました。
自分の前任したクラスでは、さほどこういったことがなく、あるにはあったものの実践してしばらく経っていましたから子どもたちだけで解決していました。