ぼちぼちいこか

長野県諏訪郡で小学校教員をしています
授業参観可能です
sumimon7とgmail.comを@でつないでください

☆★☆『学び合い』メールマガジン☆★☆
http://www.mag2.com/m/0000270912.htm

2010-03-26

[]早朝出勤 09:32

本日は年休をいただいています。

今朝は6時45分に出勤して、1時間ほどPCのアンインストールなど最後の仕上げをしてきました。朝早かったこともあり、校長先生はじめ小中の教頭先生、そして教務と事務の先生方だけでしたが、挨拶をして学校を後にしました。


・・・と帰宅後しばらくしたら、入学式のBGMのCDを発見。orz。。。


[]CRT考察 09:32

最後のまとめの仕事に、CRTの考察作業がありました。


学校で話をしている中で、「もっと客観的なデータを保護者に提示したら・・・」とアドバイスをいただいたことがありますが、学校の職員間で共通理解したのが、具体的な数字は開示しないということ。このあたりはなかなか難しいものです。


それでも今年度の結果を見ても、国語・算数ともに全国平均を上回っていました。

4領域で見ると、国語の言語事項分野だけ「ほんのわずか」全国平均を下回っていました。算数は全ての領域で上回っています。

さらに細かい観点でみると、いくつか気になる点がありますが、プラス面に目を向けると子どもたちが頑張った点がマイナス面以上に見つけられます。


昨年度からの経年変化をみると、算数は4領域全てで昨年度を上回りました。原因としては、課題をはっきりさせて子どもたちに単元を任せたことが挙げられます。昨年度との違いは、それが大きいと思います。


一方、国語は全体的やや下がったように思います。この原因は算数とは対照的で、課題がはっきりしなかったためと思われます。何ができるようになればいいのかを、指導要領をしっかり見てまず自分が考えなくてはなりません。


この結果を子どもたちに伝えて、一緒に頑張っていこうとするのが最善策と思いますが、それは新しい担任の先生がどうされるかでした。もっとも、子どもたちはCRTのために頑張ったわけではなく、みんながわかるように励んだ結果ですので、さらにみんながわかるようにしようね、と伝えることが必要です。