ぼちぼちいこか

長野県諏訪郡で小学校教員をしています
授業参観可能です
sumimon7とgmail.comを@でつないでください

☆★☆『学び合い』メールマガジン☆★☆
http://www.mag2.com/m/0000270912.htm

2010-03-23

[]地元 04:43

異動に伴って、転居します。本県では「異動=転居」みたいなところがあって、どこかに本拠を構えない限り、これが延々と続くのではないかとさえ個人的に考えています。しかしながら、この度の異動をもって地元に戻ることになりました。この4月に教職10年目、勤務校は4校目になります。(きっかり3年ずつの異動です)“ようやく戻れる”というのが実感です。


地元への強い愛着はありますが、勤務地に不満があるわけではありません。ただ、何かと不便に感じることがありました。特に子育ての面で。


次男が熱性けいれんで電車の中で気を失った2年前は、入院していた1週間、妻の実家から片道1時間30分かけて通勤しました。長男の保育園の送り迎えがあったため、朝9時の出勤、夕方4時から5時にかけて退勤。それから再び1時間30分かけて戻って、見舞い、食事、入浴、添い寝、仕事…。


このとき受け持っていたのは小学1年生。朝は遅くて、授業の準備もろくに出来ず、それでもなんとかなったのは彼らのおかげです。朝の会は自分たちで行い、授業も自分たちで進める。頼もしい子たちです。


もちろん同僚の支えもありました。しかしながら、それまでに担任が全て仕切って、進めていたのなら、同僚へ依頼することが膨れあがっていたことと思います。おそらく自分もダウンしていたことでしょう。


クラスの子どもたち、同僚、そして家族に支えられて過ごした3年間でした。「ようやく」地元に戻れることで、苦労は小さくなると思いますが、その分、遠方から赴任している新しい同僚を支える側になるのではないか、いや、ならねばならぬと思います。

ghjalghjal2010/03/23 20:33これで少しは、お子さんに手をかけつつ、仕事にも向き合う余裕?ができるかもしれませんね。それにしても1時間半はつらい。お体を大切に。そしてご家族を大切に。地元での活躍報告も期待して読ませていただきたいと思います。

sumimonsumimon2010/03/24 05:54ghjalさん、
おかげさまで4月からはいろいろな会に参加しやすくなります。活躍報告は子どもたちの活躍ならお伝えできそうです。あっ、あとは御柱の報告も。