ぼちぼちいこか

長野県諏訪郡で小学校教員をしています
授業参観可能です
sumimon7とgmail.comを@でつないでください

☆★☆『学び合い』メールマガジン☆★☆
http://www.mag2.com/m/0000270912.htm

2010-03-26

[]早朝出勤 09:32

本日は年休をいただいています。

今朝は6時45分に出勤して、1時間ほどPCのアンインストールなど最後の仕上げをしてきました。朝早かったこともあり、校長先生はじめ小中の教頭先生、そして教務と事務の先生方だけでしたが、挨拶をして学校を後にしました。


・・・と帰宅後しばらくしたら、入学式のBGMのCDを発見。orz。。。


[]CRT考察 09:32

最後のまとめの仕事に、CRTの考察作業がありました。


学校で話をしている中で、「もっと客観的なデータを保護者に提示したら・・・」とアドバイスをいただいたことがありますが、学校の職員間で共通理解したのが、具体的な数字は開示しないということ。このあたりはなかなか難しいものです。


それでも今年度の結果を見ても、国語・算数ともに全国平均を上回っていました。

4領域で見ると、国語の言語事項分野だけ「ほんのわずか」全国平均を下回っていました。算数は全ての領域で上回っています。

さらに細かい観点でみると、いくつか気になる点がありますが、プラス面に目を向けると子どもたちが頑張った点がマイナス面以上に見つけられます。


昨年度からの経年変化をみると、算数は4領域全てで昨年度を上回りました。原因としては、課題をはっきりさせて子どもたちに単元を任せたことが挙げられます。昨年度との違いは、それが大きいと思います。


一方、国語は全体的やや下がったように思います。この原因は算数とは対照的で、課題がはっきりしなかったためと思われます。何ができるようになればいいのかを、指導要領をしっかり見てまず自分が考えなくてはなりません。


この結果を子どもたちに伝えて、一緒に頑張っていこうとするのが最善策と思いますが、それは新しい担任の先生がどうされるかでした。もっとも、子どもたちはCRTのために頑張ったわけではなく、みんながわかるように励んだ結果ですので、さらにみんながわかるようにしようね、と伝えることが必要です。

2010-03-24

[]お別れ その3 05:59

今日は保育園の卒園式です。これで勤務地での公式行事が全て終わります。


見知らぬ土地で保育園生活を始めた長男。2ヶ月ほど、朝はずっと泣いていましたが今では「保育園から帰りたくない!」と泣く子に変わりました。よっぽど友だちと居たいようです。


自分にとっては保護者会長として迎える最終日。代表挨拶では泣いてしまいそうです。

2010-03-23

[]地元 04:43

異動に伴って、転居します。本県では「異動=転居」みたいなところがあって、どこかに本拠を構えない限り、これが延々と続くのではないかとさえ個人的に考えています。しかしながら、この度の異動をもって地元に戻ることになりました。この4月に教職10年目、勤務校は4校目になります。(きっかり3年ずつの異動です)“ようやく戻れる”というのが実感です。


地元への強い愛着はありますが、勤務地に不満があるわけではありません。ただ、何かと不便に感じることがありました。特に子育ての面で。


次男が熱性けいれんで電車の中で気を失った2年前は、入院していた1週間、妻の実家から片道1時間30分かけて通勤しました。長男の保育園の送り迎えがあったため、朝9時の出勤、夕方4時から5時にかけて退勤。それから再び1時間30分かけて戻って、見舞い、食事、入浴、添い寝、仕事…。


このとき受け持っていたのは小学1年生。朝は遅くて、授業の準備もろくに出来ず、それでもなんとかなったのは彼らのおかげです。朝の会は自分たちで行い、授業も自分たちで進める。頼もしい子たちです。


もちろん同僚の支えもありました。しかしながら、それまでに担任が全て仕切って、進めていたのなら、同僚へ依頼することが膨れあがっていたことと思います。おそらく自分もダウンしていたことでしょう。


クラスの子どもたち、同僚、そして家族に支えられて過ごした3年間でした。「ようやく」地元に戻れることで、苦労は小さくなると思いますが、その分、遠方から赴任している新しい同僚を支える側になるのではないか、いや、ならねばならぬと思います。

ghjalghjal2010/03/23 20:33これで少しは、お子さんに手をかけつつ、仕事にも向き合う余裕?ができるかもしれませんね。それにしても1時間半はつらい。お体を大切に。そしてご家族を大切に。地元での活躍報告も期待して読ませていただきたいと思います。

sumimonsumimon2010/03/24 05:54ghjalさん、
おかげさまで4月からはいろいろな会に参加しやすくなります。活躍報告は子どもたちの活躍ならお伝えできそうです。あっ、あとは御柱の報告も。

2010-03-20

[]お別れ その1 23:59

一昨日、卒業式を迎えました。私も3年間お世話になった勤務校を卒業します。

本県は卒業式直後に離任式を行います。校歌を歌っていたら思わず涙がこぼれてきてしまいました。「自分がなんとかしてやる!」なんて、これっぽっちも思っていなかった3年間だったのに、子どもたちのために何かしたという実感がない3年間だったのに、どうしてだろう。不思議な感覚でした。



[]涙 23:59

3年間担任してきた子どもたちも涙を流していました。楽しい担任ではなかったし、優しくもなかったのに、こんな担任のために涙を流す子どもたちを見て、自分も涙・・・。

体育館からいったん職員室に戻り、教室へ。

3年間で自分の想いは常に語ってきていましたから、あらためて伝えることなどありませんでした。ただ一つ「新しい先生のもとで、がんばれる子どもたちでいてください」というお願いをしたような記憶があります。お便りを配ったら、ものの5分くらいで「さようなら」の挨拶。どのクラスよりも先に教室を後にしました。

学校ドラマのような別れであってもいいんでしょうけど、ホントに伝えたいことはその都度語ってきたがために、何もなかったんです・・・。



[]お別れ その2 23:59

本日は、今年度ずっと仕事をしてきたものの引き継ぎ会でした。ようやく終わりました…。これで土日の予定を自分の都合で立てられます。

残るお別れは息子の保育園関係だけとなりました。