ぼちぼちいこか

長野県諏訪郡で小学校教員をしています
授業参観可能です
sumimon7とgmail.comを@でつないでください

☆★☆『学び合い』メールマガジン☆★☆
http://www.mag2.com/m/0000270912.htm

2009-11-07

[]「心」がある言葉を 21:12

肝心の研修の中身ですが、

<英語=言葉>と考えたときに、言葉の核は発話者の「心」であり、そこに「音声」「言葉」という同心円があります。(「心」を中心とする三重丸をイメージしてください。「心」→「音声」→「言葉」と広がっていきます)



「心」がなければ空虚なものになってしまい、これがボールだったら簡単につぶれてしまいます。それなのに、"What animai is this? --- It's a cat."などと、子どもたちが手にしたカードの動物名を言わせたり、リレーでどちらのグループが早く伝言できるか競わせたりしています。



英語活動で目指す<コミュニケーション能力の素地を養う>というのは、まさにこの「心」の部分なんじゃないでしょうか?その「心」を揺さぶり、「音声」にしていくけれども、上手く言えないからもっと上手く言いたい、文字にしたいということは中学や高校でしっかりやろうね、と送り出してあげればいいのではないでしょうか

といった柱がありました。(主旨をまとめたものであって、あくまでも文責は私、sumimonです)


上記の考えに沿うと、担任が授業をするとしても、

「全部英語ですすめなくちゃ」

「え~、うまく発音できないよ」

「知らない単語を子どもに聞かれたらどうしよう」

と悩んでいる自分や同僚が、

「ここだけは英語を使ってほしい!ってところだけ頑張って、あとは日本語を使いましょ」

「子どもたちに伝えたい、子どもたちの考えを聞きたい、っていう担任の想いが大事ですよ」

「『先生知らないから、○○くん調べてみてよ』と投げかけて、一緒に学んでいくスタンスでいきましょ」

と背中を押してもらえると思うのです。


こんな感じで前向きになったので、A5ノートに10ページもメモを残しちゃいました。