ぼちぼちいこか

長野県諏訪郡で小学校教員をしています
授業参観可能です
sumimon7とgmail.comを@でつないでください

☆★☆『学び合い』メールマガジン☆★☆
http://www.mag2.com/m/0000270912.htm

2009-10-30

コメント返し 20:22

今、電車で実家に向かっていて、次にパソコンを開くのはいつになることやら・・・。

> ghjalさん、

コメントありがとうございます。ホント当たり前のように子どもたちが自分を越えていくのがオモシロイですね。そして、そのオモシロカッタということを子どもたちに伝えたいです。

課題と子どもたちの反応・活動は記録して、今後もっとシンプルな課題にしなければと思って、今日のエントリをアップしました。「今」のベストだと思う課題を常に考えていきたいですね。

[]叙述に基づいて想像する 18:49

国語「ちいちゃんのかげおくり」をやっています。指導所の目標に「叙述に基づいて想像する」という言葉がありました。子どもたちにもこの言葉をそのまま伝え、みんなで「文章の言葉から想像する」ということをおさえました。


そして今日。


【第3場面で、ちいちゃんが家族に対してどんな気持ちでいるか本文の言葉から考えて、説明することができる】という課題で行いました。



「お母さんとお兄ちゃんはきっと帰ってくるよ」というちいちゃんのセリフから

①絶対帰ってきてほしいと思っている

②絶対帰ってくると信じ込んでいる

③帰ってきてと思う、さみしい気持ち

④お母ちゃん達が心配だから、大切な存在なんだ

と考える子がいました。


ここまでは想定内。なので、課題を【お母さんとお兄ちゃんはきっと帰ってくるよ】というセリフから、ちいちゃんの気持ちを考える】としようかとも思いました。




[]叙述に基づいて想像する その2 18:49

もう一つ、子どもたちに気づいてほしかった「深くうなずきました。」という言葉があります。そこから考えさせることも思っていましたが、やはりこれに気づいてノートにまとめた子がいました。


ぜったい帰って来るっていう気持ち

<理由>

12ページに「お母ちゃんたちは帰って来るの。」っておばあさんが言って、「ちいちゃんは深くうなずきました」って書いてあるから


です。



[]課題は難しい。でも、子どもたちに助けられる 18:49

課題は毎度のことですが悩みます。今回のように、「正答はこれだ!」というのがはっきりとわからない課題になってしまうことも多々あります。やればやるだけ課題設定は悩むものですが、今回は多様な意見が出てきたので、ちょっぴりうれしかったりもします。


「ここがあたしとお兄ちゃんの部屋」と言ってしゃがんでいるところから

●お兄ちゃんは今どこにいるんだろうと思っている

●ここでお兄ちゃんと遊んだから、お兄ちゃんが帰ってきたらまた遊びたいと思っている

とそれぞれ考える子たちがいました。


こうやって多様な考えを見ると、「おもしろいなぁ」と感じます。それが「全員」のノートに考えが書かれているわけですから、ノートを見るのが楽しみで仕方がありません。


課題設定は下手くそですが、子どもたちに助けられています。

ghjalghjal2009/10/30 20:06課題設定は悩みますよね。自分はこれはコンピュータのプログラムみたいなものだと思っています。ただし、子供たちはコンピュータより当たり前ですがはるかに優秀で柔軟なので、課題の不備を補ったり、課題を超えたりするんですよね。だからおもしろい。楽しい。あっ、これは別に教師が課題設定を悩まなくても済むという逃げ口上ではありません。

o4dao4da2009/11/01 18:37国語のアップうれしいです。こういう課題の『学び合い』求めています。さて質問です。こういう意見を交流するとき、よい意見を全体の場で紹介する方が、立ち歩いて『学び合い』型より有効だという気持ちがあるんですが・・・という質問にうまく応えられません。どう思いますか。

2009-10-27

[]目的と目標 19:15

事あるごとに子どもたちに目的と目標の話をします。今日も清掃について思うところがあったので話しました。そうしたら、放課後、子どもたち同士の会話の中で、

「それじゃあ目的が…」

という声が聞こえてきました。うれしいような、恥ずかしいような。


その会話自体も、そして、今後どうやって折り合いをつけるかもなかなか興味深いものでした。




[]忘れ物 10:29

クラスでは忘れ物をしたときに

「○○を忘れたので、□□くんに借ります」

「■■を忘れたので、友だちに見せてもらいます」

と子どもたちが言ってきます。


さすがに宿題だけは借りることができないので、

「明日持ってきます」

と言ってきますが、何回も忘れる子がいると正直、困ります。


自分も忘れることが多々あるので、付箋紙に書いて机上に貼っておいたり、「忘れちゃうといけないから声をかけて下さい」と同僚や家族にお願いしたりします。そんなことを子どもたち同士でできれば、忘れ物が減るのかなぁと最近考え、頻繁に話しています。


クラス会議の議題にもしてみようかと思います。

camel921camel9212009/10/27 10:48考え方にもよるんでしょうが、僕は賛成です。困ったら助けてもらえるのは良いですが、一人一つあった方が便利なものをありますし。本当に困ったら助けてもらえることを子どもは知ってるんですから、忘れないように声を掛け合う助け合いができればもっといいですよね。

sumimonsumimon2009/10/27 19:12camel921さん、
エントリをアップしたのは自戒の意があって、「個を叱っても仕方がない」ということを念じるためでもあります。どうしたものか…?子どもたちに聞いてみます。

2009-10-23

[]生意気にも 00:02

学年主任などになって、チームを動かすにはどうしたらいいか、と考えるきっかけがありました。



[]退勤時間 00:02

今年は教職員組合の役職があり、何かと「組合的」なことを考える機会が多いです。本県の人事委員会勧告がかなりキビシイもので、厳冬を迎える公算が大きくなってきています。


さて、10月から勤務時間が15分短縮となり(全国的なことでしょうか?)、本校では16時45分が勤務終了時刻となっています。どの学校でも従来よりも15分短くなっているのですが、「全員が17時に退勤したら学校はどうなるのか?」という問いを立てている人がいます。(同僚ではありません)


「そんなの無理だよね~」

「仕事にならないよ~」


という声が聞こえてきそうですけど、自分としては「やってみなきゃわかんないじゃん」と思っています。



[]理由探しと解決策探し 00:02

西川先生が以前ブログか著書に書かれていたことですが、<できない理由はたくさんあれど、成功する要因は数少ない(1つだけ)>という言葉(うろ覚えですみません。違っていたらどなたか教えてください)をよく思い出します。


上記の勤務時間についても同じように、できない理由をいろいろ探したところで前進はないような気がします。それよりは、「どうしたらできるか」という考えにシフトしたほうが前向きな気持ちになれるはずです。



[]目的と結果 00:02

また、「17時退勤」が目的となってしまうと、その時間のことを考えてあわただしい毎日になりそうです。でも、<家族との時間を増やそう>などといった目的で退勤時刻が早まって、結果として17時に退勤することが多くなるのであれば、みんなハッピーだろうなぁと思うのです。



[]やってみたいこと 00:02

いろんなことを考える中で、自分が学年職員集団を動かそうとしたらどうするかをふと考えました。


・「職員集団が気持ちよく働こう」という気持ちになる

   (そもそも、気持ちよく働きたい!)

・職員間で、「○時には帰りたい」という目安時間をみんなが知っておく

・学年会などの会合は、終わりの時間を明確にして守る

・議題はあらかじめ連絡して、レジュメ資料も(最悪)前日までに用意する


いろいろ考えましたが、つまるところ、「みんながハッピーになる」という考えを共有することなのかな、と落ち着きました。まさしく『学び合い』です。


そして、職員間の会話が多ければ多いほど、「そういえば、○○のことなんだけど…」とか「□□は何時から始めるんだっけ?」と仕事に関する話題も増えて、結果的に学年会で話すときには議題の素地ができあがっているからスムーズに議論を始められると思います。


まぁ今は単級ですので学年会というもの自体ありませんから、あくまでも「想像上の生き物」をイメージしているようなものですが。


それにしても、退勤時刻のことからずいぶんと考えが発展したものです。

janglejapjanglejap2009/10/24 07:51うちも今年から16時45分退勤です。
私はほぼその時間に退勤します。おかげで今年はだいぶ早く帰れます。(渋滞前なので)
家でほっとできて まさに happy です。

そして学年が早く帰れるよう、学年会以外の時間にできることはこまめに相談しておきます。
学年の先生方の協力もあって学年会、学年研が時間を超えることもまずないです。

どの学年になってもこうあれたら超happyですね。

sumimonsumimon2009/10/27 10:23janglejapさん、
> 私はほぼその時間に退勤します
すごいですね。学年の先生方とのチームワークがその根底にあるのがさらにすごいです。
独身で学校に長くいたかったり、お子さんがいて早く帰りたかったりと色々な環境の人がいるなかで、自分で選択できるようにしたいです。

iku-nakaiku-naka2009/10/27 10:28本校に赴任して9ヶ月。
息子が寝ている時間に出勤し、帰宅すると寝ている状況をなかなか変えられません(大汗)。
休日も部活動でほとんど休めず…。何とかするには『学び合い』の考えが広がることなのでしょうが…う~ん…。

sumimonsumimon2009/10/27 10:37iku-nakaさん、
iku-nakaさんが担当している部活の前任者が、私の元同僚だけに状況が痛いほどよくわかります。学校も研究体制や指導体制がきっちりとされているところですから、お忙しいですよね。お疲れ様です。
職場で「現状を良しとする」雰囲気を打破しないと何も変わらないと考えます。教師としてではなく、まずは1人の人間としてもっと充実した生活を送りたいと今は思うようになりました。
赴任してすぐにできるか自信がありませんが、職場に仲間を見つけたいところです。

2009-10-20

[]しまった! 23:08

プライベートブログに西川先生からのコメントが…。

しかもひと月も前…。orz


それぐらいひきこもってました。

別に何があったわけでもないのですが、申し訳ありません。



[]すっかりパパしてました 22:45

久しぶりにPCでアップ。ふぅ~。




[]win-win 22:45

今日、○○くんが、

「ねえねえ、これってどういう意味。」

と聞いてきました。そういえばこのごろいっぱい聞いてくるなあと思いました。

おかげでわすれていた部分をまた出来ました。

昨日、ある子が書いたこの日記をもとに、今朝、子どもたちに話をしました。これまでも話してきたことですが、「教える-教わる」という関係は一方通行ではなく双方向であるという内容です。久しぶりに子どもからの「声」ですので、このチャンスを逃すわけにいきません。


おかげで“win-winの関係を築こう”などという言葉まで…。


子どもたちにはあらゆる関係がwin-winになる将来の地域社会を築いてほしいものです。

2009-10-16

中信の会 22:01

今日は中信の会に参加してきました。kanさんはじめ15名も集まって、もっとみなさんとゆっくり話したいなぁと感じるほど、リラックスした雰囲気でした。みなさん、ありがとうございました。


最近、ブログもアップせず細々と過ごしていますが、こどもたちの活動の姿や自分の課題設定の失敗も、自分やこれから挑戦したいと考えている人にとって、貴重な情報になるなぁと感じました。


いろんな人と関わることってパワーの源です。

camel921camel9212009/10/17 19:42昨日はお世話になりました。中信の会、盛り上がってきましたね!これからもよろしくお願いします。
そして、是非近況報告を!みんなで考えれたら面白いと思います。

kan66kan662009/10/18 00:30昨日はありがとうございました。司会が下手でsumimonさんのお話をじっくりお聞きする時間を作れず、失礼いたしました。
今度は、ぜひ、sumimonさんの近況報告をお願いします!

sumimonsumimon2009/10/20 22:38camel921さん、kan66さん、コメントありがとうございました。
近況報告と言うよりもブログ名の通り「ぼちぼち」やっていることを「ぶつぶつ」お伝えできるように毎日を過ごします。