ぼちぼちいこか

長野県諏訪郡で小学校教員をしています
授業参観可能です
sumimon7とgmail.comを@でつないでください

☆★☆『学び合い』メールマガジン☆★☆
http://www.mag2.com/m/0000270912.htm

2009-04-15

[]これは持ち上がりの成せることか 05:30


昨日は算数「時こくと時間」のテストを行いました。テストが終わった子は2年生のおさらい問題をやりました。私が準備しているプリントはそこまででした。


しかしながら、終わる子が続々と出てきます。当然です。で、そういう子たちがどうするかというと、帰りの支度を始めました。


実は、昨日から家庭訪問が始まり、短縮日課(3時間授業)でした。帰りの会の時間が短く、連絡ノートを書いたり、ゆっくりランドセルに荷物を入れたり、運動着から着替えたり、ということがなかなかできない日程です。だからこそ、と子どもたちも考えたのでしょう。授業終了時には、課題を終えた子が帰りの支度まで済ませていました。


その中で「もっと」を求めるならば、課題を終えるのに時間がかかり、帰りの支度まではできなかった子たちに対するフォローでしょうか。明日から再開する家庭訪問日課に向けて語ろうと思っています。


それにしても、昨日の子どもたちの姿には驚きました。担任がより高次のものを求めていかないといけません。