ぼちぼちいこか

長野県諏訪郡で小学校教員をしています
授業参観可能です
sumimon7とgmail.comを@でつないでください

☆★☆『学び合い』メールマガジン☆★☆
http://www.mag2.com/m/0000270912.htm

2009-04-09

[]「さえぎられる」が「じゃまする」「ふさぐ」に 05:48

昨日、理科の授業で日なたと日かげをやりました。「やりました」というか、外へ行って影ふみをやって、ブランコやって…とたくさん遊んできました。そんな活動のあと、いろいろと話をしたり聞いたりしたのですが、その中で

「どうして影ってできるの?」

と尋ねると、ある子が、

「石とか棒とかが太陽を邪魔するとできる」

と答えました。


教科書には

太陽の光がものにさえぎられると

と書かれています。子どもたちは教科書は読んでいません。しかも、子によっては「さえぎられる」という言葉は難解なものになりかねません。ですから、この「邪魔する」という言葉を聴いたときは深く納得しました。



     @@@


教室へ戻って学習の振り返りを行っていたときは、別の子が

「太陽の光をふさいでいる」

と言っていました。


「さえぎられる」が「じゃまする」「ふさぐ」という言葉にかわりました。もう自分は楽しくなっていたら追い打ちをかけるように、また別の子が、

「通せんぼ」

と言ってきました。完敗(乾杯)です。


理科の教科書をつくらせてみようか、今、考え中です。

kan66kan662009/04/10 16:02ほんと、理科の言葉は、子どもたちにとって難解なんだと思います(^_^;)
昨年、私も3年生の子どもたちに、理科の言葉をどう伝えるか苦労しました。
sumimonさん、もし、教科書をつくられるようでした、ぜひ、見せて下さいね!

sumimonsumimon2009/04/11 02:09kan66さん、ありがとうございます。
>昨年、私も3年生の子どもたちに、理科の言葉をどう伝えるか苦労しました。
そうですか。「やはり」という感想です。子どもたちに「みんなが」わかる教科書(参考書)をつくってみるようけしかけてみようか…。相談してみます。