ぼちぼちいこか

長野県諏訪郡で小学校教員をしています
授業参観可能です
sumimon7とgmail.comを@でつないでください

☆★☆『学び合い』メールマガジン☆★☆
http://www.mag2.com/m/0000270912.htm

2008-09-29

[]異学年 03:54


昨日、N県J市で小学校の異学年授業を参観させていただきました。昨日は初めて3つの学年が一緒にやるとのこと。初めての学年がどう関わるのかも見られるなんてラッキーだなぁと想いながら出向きました。


それでもはじめの教師の語りは合計5分。一人の教師の語りではありません。3つの学年の先生方ですから3人です。3人合わせての5分です。昨日が初めての異学年参加だった5年の担任の先生も長く話すことはなく、伝えたいことを端的にお話ししていたのが印象的でした。


そして開始とともに聞こえた「誰とやろう。」の声。自然でいいよなぁと想いながら聞いていました。


当然ながら、学年関係なくグループになっていて、参観する立場からすると「誰が何年生か…」とオロオロするばかりでした。手がかりは子どもたちの持っている教科書か学習カードだけでした。


     ◆


参観前に電話で連絡した際には、

「普通の授業ですから、そんな参観するなんて・・・」

とおっしゃっていた参観校の先生。


参観させていただいて思ったのは、異学年が「普通」に行われていることがどれだけステキなことか、ということ。だって、学年に関係なくグループになって、時折相談したり、雑談したりしながら自分たちの学習を進めていく算数の授業なんて、一般の学校ではあり得ません。でも、それをやっている子どもたち。


授業での子どもたちの姿を共有しているから、先生方が子どもの姿で話ができるなんて、一人で授業を教えていたらなかなかできません。


校長先生が子どもたちと一緒にあぐらを組んで話をしている授業というのもステキでした。

yu10514yu105142008/09/30 09:14最近は,大学の講義や教員採用試験があって,なかなか生の現場で学ぶ機会がつくれませんでした。
しかし,現場に出なければ学べないことはたくさんあるということに気がつきました。
こちらこそ,ありがとうございました。

sumimonsumimon2008/10/01 05:59yu10514さん、ありがとうございます。
>現場に出なければ学べないことがたくさんあるということに気がつきました。
『学び合い』だからこそ現場でしか学べないことが多いのかもしれませんね。
教採結果、吉報が届くことを信じています。

janglejapjanglejap2008/10/01 20:53「受ける授業から学ぶ授業へ」・・・まったくおっしゃる通りだと思いました!!

sumimonsumimon2008/10/01 22:05janglejapさん、
参観すると、当然ながら客観的に子どもたちを見られるのですごく新鮮な感動がありました。この視点を自分の授業でも…、と思っているところです。