ぼちぼちいこか

長野県諏訪郡で小学校教員をしています
授業参観可能です
sumimon7とgmail.comを@でつないでください

☆★☆『学び合い』メールマガジン☆★☆
http://www.mag2.com/m/0000270912.htm

2008-08-30

[]レポート発表その② 21:10

最後にご意見を頂いた中には、


○どの学習内容でもできると信じているのがすごい。あくまでも子どもたちにとっていいかどうかを考えて進めていってもらいたい。

○小学校の低学年でそれだけできるのであれば、中学ではかなりすごいことができるのではないか。


というものがありました。後者については、純粋な低学年の子たちが成長していって思春期を迎えたときに、素直にいろいろな活動に参加するかどうかは不明です。指示を細かく出して活動させるよりはよほどいいとは思いますが・・・。(あぁ、前任校の自分の姿を猛省します)



また、助言者の方からは、

○T大のS先生でも西川先生でも、究極は一つの学び合いになるはず。子どもたちにとっては、どっちがどっちかはわからない。そのことを念頭に置き、かつ、地域や学校によっては柔軟に対応していかなければならない。


という言葉をいただきました。

kirikiri2008/09/01 05:47レポートをありがとうございました。
コメントの一つひとつは、全く知らない人のコメントとして当たり前のことを言っているように思います。
そして、それらの方に,同じ質問を返してあげてもよい内容ばかりだと気づかないから、
笑っちゃうんですけどもね。
着実に、そしてしたたかにやっていきましょう。

janglejapjanglejap2008/09/01 21:33算数、高学年、最初から教師は教えず、学びあえました。
子どもたちの説明の言葉に感動したことも多かったです。
特に難しい課題ほど、高学年ならではのグループを越えて学び合い、子ども達も見ている私も満足でした。

sumimonsumimon2008/09/02 00:33kiriさん、ありがとうございます。
>着実に、そしてしたたかにやっていきましょう。
これが今の自分にもっとも必要で、足りない部分かもしれません。


janglejapさん、
経験者としてのコメント、ありがとうございます。こういうレスがあることが、この『学び合い』ブログの素晴らしい点の1つです。

>特に難しい課題ほど、高学年ならではのグループを越えて学び合い、子ども達も見ている私も満足でした。
そうですよね、難しければ「できない」のではなく「なんとかできるようにする」のが子どもたちだと改めて思いました。ありがとうございました。