ぼちぼちいこか

長野県諏訪郡で小学校教員をしています
授業参観可能です
sumimon7とgmail.comを@でつないでください

☆★☆『学び合い』メールマガジン☆★☆
http://www.mag2.com/m/0000270912.htm

2008-07-04

[]茨城と長野で『学び合い22:25

今日の漢字練習の時間、歌さんのブログ(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/uta-si/20080702)を参考にして子どもたちに語りました。


最近、私のクラスでは黒板を頻繁に使うようになりましたが、「黒板を使う」ことが目的になっていて、活動そのものにはまだまだ工夫が必要だと私は感じていました。そこで、歌さんのブログの画像をプロジェクターで映して、

「茨城というところの4年生が、こうやって漢字練習に黒板を使っているみたいだよ。」

と話しました。

(歌さん、事後承諾でスミマセン。ありがとうございました。)


子どもたちも「おおっ!」と声をあげ黒板に近づき、彼らなりに黒板を活用し始めました。どうやら書き順を確認するのに使おうと考えたようです。


f:id:sumimon:20080704114132j:image


「異学年」のような、「異空間」のような『学び合い』になり、おもしろかったです。



[]「1つの考え」にしかすぎない 22:25

上記の漢字練習の時間、私が提示したスクリーンは参考にせず、自分たちの考えた方法で取り組む子もいました。それがうれしかったりもしました。



[]ワークシート 06:57

国語『スイミー』のプリントをやらせています。

目標はシンプルに【全員ができる】こと。もちろん、それがゴールではなく、あくまでも本時の目標であることは伝えてあり、テストもできる、そしてその先には「先生も予想できないクラスになる」ことが待っている、と毎度毎度語っています。


昨日はなかなか問題が理解できなかったようで、

「これどういうこと?」

という声があちこちから聞こえてきました。


一斉授業だったら

「この問題は、~~~で、・・・という意味だから。。。」

となるのでしょう。


学び合い』でしたから私がウロウロして、正答を考えた子に、

「すごいじゃん!」

と言っただけでした。その子の答えを見た別の子が、

「そういうことか!!」

と納得して、もう1つの問題に取りかかる姿が印象的でした。そして、まだ問題の意図がわからない友だちに説明している姿が当然ながら見られました。


このような子どもたちの姿を見ると、一斉授業に完全に戻そうとは思わない(思えない)自分に気づきます。

OB1989OB19892008/07/05 20:28今日はとても聞き応えのある内容の発表をありがとうございました。保護者の方からも参加いただき、有り難かったです。心から感謝です。

sumimonsumimon2008/07/05 20:52OB1989さん、
こちらこそ貴重な経験を積むことができて感謝です。ありがとうございました。
保護者の方に参加いただいたことは私もうれしかったです。

歌2008/07/05 21:36今日は、発表お疲れ様でした。
私は行けなかったのですが、保護者も方もいらしたのですね!
素晴らしいですね。これをきっかけに、さらにクラスが
高まるといいですね。私も子供たちと一緒に頑張ります。