ぼちぼちいこか

長野県諏訪郡で小学校教員をしています
授業参観可能です
sumimon7とgmail.comを@でつないでください

☆★☆『学び合い』メールマガジン☆★☆
http://www.mag2.com/m/0000270912.htm

2008-07-02

[]不安その③ 21:05

やはりというか、なんというか、「教えない」ということに不安を感じていらっしゃるようです。


これについては、学級通信を通してこれから情報発信をしていこうと思いますが、以前のセミナーで話をしましたが、「子どもをお客さんにしない」とか「子どもが考える」と言い換えたり(そういえば、他の方のブログにもありましたね)、実際の授業をもっと参観していただくことでしかわかってもらえないものかもしれません。


あとは目に見える結果を出していくことですね。

makine45makine452008/07/02 21:19理解されない部分があるとは思います。保護者は安心したいのでしょうね。
一斉授業でも、子どもたちの関わり合いを大切にしたいと思っています。

janglejapjanglejap2008/07/02 21:19今はものすごく前向きです・・というのがさすがですね!おうちの方々の不安をに思いがいたるところも・・。
まもなく、お会いして直接お話が伺えること楽しみです。

歌2008/07/02 21:28「人として」ですか。大切なことですよね。
ちなみに私はミニテストの中に筆順テストを入れています。
ドリルも子供が○を付けた後に、軽くですが見ています。
そうすると、「ここ違っているよ~」なんてことも
あります。でも、本当はそんなのない方がいいですよね。
まあ、ぼちぼちやっていきます。

iku-nakaiku-naka2008/07/02 23:02私たちも保護者の方も願いは同じだと思います。
『学び合い』が子供のためになると分かれば、あとは大丈夫だと思います。もうひと踏ん張りですね!!。

sumimonsumimon2008/07/03 06:22makine45さん、
「子どもたちの関わり合い」は一斉授業でも『学び合い』でも同じですね。単なる一斉授業ではない授業になりそうな予感はあります。


janglejapさん、
前向きにならないと、気持ちが凹んでしまうというのも本心ですが、保護者の方に否定的に思われていなかったことが大きな要因です。また長野でお話しさせてください。


歌さん、
筆順やドリルチェック、歌さんのされていることが今自分がやるべきことです。やっぱり、実践しているんですね。


iku-nakaさん、
そうなんです!「願いは同じ」なんです!!
子どもたちが“自由にやれる方がいい!”と思ってくれさえすれば・・・。子どもたちの受け止め方も徐々に変わってきているようだと聞いています。