Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2019-09-08

相手に響くように

| 06:18 | 相手に響くように - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 相手に響くように - STAR日記 相手に響くように - STAR日記 のブックマークコメント

「申し訳ないんだけど、大声でたくさんの指示を出すことは、やめてもらえないかな。みんなに迷惑だから。」


「最近、よく通る声でみんなに指示を出していて、すごくよいなぁと思う。それはみんなが認めてる。だから、もう一歩上を目指さないか。次は、みんなに気を配って、指示の言葉をよく選ぶといいよ。短く適切に、さらに『ありがとう』とか加えたら、周りからの印象も変わるはずだよ。もったいないから、やってみて」


架空の話ですが、「大声で指示を出すことを控えてほしい」ときの言葉がけです。前者よりも後者の方が、はるかによく伝わるように思います。


先日、『伝え方が九割』という本を流し読みしました。自分のなかで何かが変わった気がしています。

2019-08-11

言葉の重さ

| 20:22 | 言葉の重さ - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 言葉の重さ - STAR日記 言葉の重さ - STAR日記 のブックマークコメント

人が使う言葉にはその思想が見えることがあります。たとえば、「学級経営」という言葉。私は安易にこの言葉を使いません。「経営」と「運営」は異なり、「経営」と言うからには理念やマネジメントの考え方など、考え抜かないといけないような気がするからです。


だから、「学級経営」と安直に語る人がいたら、「大丈夫かなぁ」と思うこともあります。


言葉は練って使いたいものです。それだけ、私にとっては言葉は大切なものです。

2019-08-09

言葉が先?

| 21:24 | 言葉が先? - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 言葉が先? - STAR日記 言葉が先? - STAR日記 のブックマークコメント

言葉を知るから、物事を認識できる、という考え方があります。


そして、「蝉時雨」という言葉があります。この言葉を知ったのは、ある合唱曲に出てきたことがきっかけでした。毎年夏になると、蝉の声が聞こえてきます。最初は「うるさいなぁ」とも思いますが、「蝉時雨」という言葉を思い出すと、「そうでもないなぁ」と私は思います。


そういう意味で、いろいろな言葉を知っておくことが、自分の認識を深めることにつながるのかなと思います。

2019-06-22

人を救うために

| 07:41 | 人を救うために - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 人を救うために - STAR日記 人を救うために - STAR日記 のブックマークコメント

人を救うためには、知識だけではだめだ。事実を客観的に述べられるだけでもだめだ。


知識と、客観化と、それを的確に伝える言葉と、そして、相手を思いやるだけの心がなければ、人は救えない。


そして、言葉と、心を磨くためには、文学が適していると考える。小説と、詩歌。


そして、ものごとを違った角度から捉える眼。そんなものが、大切なんだろうと思う。

2019-06-13

肯定的な言葉の力

| 20:55 | 肯定的な言葉の力 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 肯定的な言葉の力 - STAR日記 肯定的な言葉の力 - STAR日記 のブックマークコメント

言葉には力がある。まずは自らがそれを言うこと。


https://ameblo.jp/praise-the-lord/entry-11710065267.html