Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2017-08-21

『1984年』『動物農場』

| 07:08 | 『1984年』『動物農場』 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『1984年』『動物農場』 - STAR日記 『1984年』『動物農場』 - STAR日記 のブックマークコメント

ジョージ・オーウェルの『1984年』と『動物農場』を読みました。独裁国家はこうなるんですね。また、権力を手にしたら腐敗していく。そんな感じがしました。


それにしても、やはり、小説は芸術と感じました。特に、伏線と思えないものが実は伏線になっており、あとで回収されるとは、かなりびっくりです。


それから、教科としての国語で小説を扱うのもいいけど、それで「活字嫌い」に子どもたちをしてはいけないなーと思います。かく言う私自身、国語の時間に小説などの解説をされ、教師の解釈を聞くのが嫌になり、小説が大嫌いになった人間です。そのことを思い出せたことも大きい。やり方は難しいと思いますが、この点は意識しておきたいですね。


あと『ザ・ウェーブ』(モートン・ルー)と、『われら』(ザミャーチン)、『すばらしい新世界』(オルダス・ハクスリー)が控えていますが、この夏休み中には読み終わりそうにないですね。少しずつ読んでいこうと思います。

2017-08-09

『学び合い』✕ファシリテーション

| 20:22 | 『学び合い』✕ファシリテーション - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』✕ファシリテーション - STAR日記 『学び合い』✕ファシリテーション - STAR日記 のブックマークコメント

なんかよくわかりませんが、京都の丸善で売っていました(笑)。流通が早いところもあるんですかねぇ。


フォーラムでは「他の方(特にこれからスタートされるであろう方)を優先に…」と思い、自分は買わなかったので、「やったー!」でした。


「ファシリテーション」(促進)という言葉の通り、『学び合い』を促進させ「やすい」スキルなのかな、と思います。


小学校段階ではすごく有効だと思うのですが、「負の蓄積」を抱えた高校生(中学生)だとファシリテーションもすごく時間がかかりますし、「強いる」ことになるので難しいというふうに感じています。


その意味で、年齢が下がれば下がるほど、「人と協同するのは得」と実感させてあげてほしいなぁ〜と思っています。中学生・高校生だと間に合わないこともあると考えます。

2017-07-25

情報量の低下

| 01:38 | 情報量の低下 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 情報量の低下 - STAR日記 情報量の低下 - STAR日記 のブックマークコメント

いろいろと仕事がかさんでおり、インプットの量が減っています。


発想が枯れそうで怖いですね。


やはり、本から得る情報は大事だと思います。そして、その情報を知識に変え、実際に使って知恵に変える。


そういう順序が大事だと感じます。

2017-07-07

『THE 教師力』

| 23:15 | 『THE 教師力』 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『THE 教師力』 - STAR日記 『THE 教師力』 - STAR日記 のブックマークコメント

遅ればせながら、『THE 教師力』を読みました。16名の方々が様々な角度から教育について論じられていて、考えること多いなぁと思いました。


どの方の論考もそれぞれ独自の視点で書かれており、「これは!」と思うことがたくさんです。


自分もそういうふうに発信できるようになっていきたいと思いつつも、まずは目の前の子どもたちを幸せにできる教師になりたいと思った次第です。


悩みや苦しみも多いです。それでも、「まずは」教師自身が幸せになることが、その第一歩なのかな、と思いました。


振り返ってみると、私自身、授業がまったくできなくて非常に苦しみました。『学び合い』に出合い、取り組み始めてからもそれは変わりませんでした。でも、少しずつ自分を変えながら、粘り強く続けてきたことで、一定の自信を得るに至りました。


ある程度の自信を得てからも、悩みながら教師を続けていることに変わりはありません。そのなかで、「これならなんとかいけるだろう」という仕事をしたり、「これはいける!」と見栄を切って実践してずっこけたりと、毎日、何が起こるかわかりません。


昔はその状況が怖かった。でも、今は「それって当たり前だよね」と思える自分がいます。人間相手にやっているから、百発百中というわけにはいかないからです。それでも「当たり前」と思えるのはどうしてでしょう。ある程度、見通しが立てられるようになったからかもしれません。そんな状況を楽しんでいます。


そして、私自身が「どんな状況でも楽しむ」ということができることが、仕事全体に大きくプラスにはたらいているのは間違いありません。


無力感を感じることもありますが、まだまだ、自分にできることはたくさんあると思います。後悔のないように、日々、やれることをやっていきます。

2017-02-15

点と点

| 19:37 | 点と点 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 点と点 - STAR日記 点と点 - STAR日記 のブックマークコメント

堀先生の『生徒指導10の原理100の基本原則』を読んでいます。


生徒指導の基本的な考え方について書かれた本ですが、学ぶことが多いです。


悩みの種になっていたことも、実は角度を変えればチャンスであるように思えます。


うまく言語化できないのですが、点と点がつながり、線になったような感覚です。


自分が「これでいいのかな?」と思っていたことに、ぼんやりとですが回答が得られた感じがします。

フィルター

| 08:05 | フィルター - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - フィルター - STAR日記 フィルター - STAR日記 のブックマークコメント

いろいろな本を読む。そのなかで、自分に親和性のあるものと、そうでないものがある。


親和性のあるものは、自分の「フィルター」をすんなり通ったものだ。


逆に、そうでないものは、その「フィルター」にブロックされてしまったものだ。


情報を得つつも、この「フィルター」の純度を上げていく訓練をしたいものだ。