Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2018-04-16

『この1冊で、始められる! 深められる! まいにち! 『学び合い』』

| 20:34 | 『この1冊で、始められる! 深められる! まいにち! 『学び合い』』 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『この1冊で、始められる! 深められる! まいにち! 『学び合い』』 - STAR日記 『この1冊で、始められる! 深められる! まいにち! 『学び合い』』 - STAR日記 のブックマークコメント

本質的なことが、さらっと書いてある。『学び合い』実践者としては、何回か読み返したい本。


学び合い』は従来型指導とは一線を画する者であると思います。だからこそ、心得ておかなければいけないことがいくつかあります。その一つが、「周りを不安にさせない」ということだという指摘が、本書前半にあります。


これ、確かにそうだなぁと思います。「こんなことやってて大丈夫なの?」という不安を、生徒・同僚・管理職・保護者に与えないようにしていくことが大切だと思います。それ以外に、『学び合い』を続けていく道はない。


各方面の関係者に配慮しながら進めていくのは大変ですが、『学び合い』という現在の学校教育の文脈からしたら少し「異質」なことに取り組もうとするのであれば、そのくらいの覚悟は必要です。


ただ、それは学校教育というフィールドで仕事をしていくためには、実は必須のことではないかと思います。折り合いをつけながら、取り組んでいけるようにしたいと思った次第です。

2018-04-02

学びやすい方法

| 07:31 | 学びやすい方法 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 学びやすい方法 - STAR日記 学びやすい方法 - STAR日記 のブックマークコメント

子供には、この二つの方法すなわち好きなようにさせることと、集団でさせることの組み合わせが有効である。これに対し、子供が最も学びにくい方法が、一人で、自分のものではないリズム、速さ、持続を強いられることである。ところが、これが今日の学校がとっている方法である。(ドラッカー『断絶の時代』P350

jun24kawajun24kawa2018/04/02 22:04この言葉、私も大好きです。

strongmind222strongmind2222018/04/03 22:531969年にこのように指摘されているにも関わらず、この内容を知らない人が多いのはなぜなんだろう、と考えてしまいます。

2018-04-01

学ばなければならないこと

| 19:01 | 学ばなければならないこと - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 学ばなければならないこと - STAR日記 学ばなければならないこと - STAR日記 のブックマークコメント

学ばなければならない重要なことは特定の科目ではない。いかにして学ぶかである。個々のスキルではなく、普遍的な能力を身につけること、すなわちスキルを手にし、成果をあげ、何事かを達成するための基盤としての知識を体系的に習得し、それを適用することである。(ドラッカー『断絶の時代』P319-320)

2018-03-28

整理整頓

| 18:39 | 整理整頓 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 整理整頓 - STAR日記 整理整頓 - STAR日記 のブックマークコメント

家のなかの本を少し片付けた。読んでない本もあるが、ざっと目を通しただけ、というものも多い。今朝はそれで3冊ほど読み終えた。ある程度、速読をしないと、すぐに時間が経ってしまう。


でも、机の上にはできるだけ「すぐに読みたい本」を置いておきたいものだと思う。そうすることで、さくさく消化していくことができるように思う。


もちろん、読み返さないとわからないことも多い。ドラッカーなんて、20代半ばで読んでも分からなくて、30過ぎてようやくわかるようになってきた。


のろのろやっているような感じもするが、仕方ないかなぁと思う。

2018-03-18

ドラッカーは読んでおいた方がいい

| 19:07 | ドラッカーは読んでおいた方がいい - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - ドラッカーは読んでおいた方がいい - STAR日記 ドラッカーは読んでおいた方がいい - STAR日記 のブックマークコメント

ドラッカーは読んだ方がいいと思います。特に、『非営利組織の経営』と『断絶の時代』は、教師も必読だと思います。以下、『非営利組織の経営』の一節です。


――

ずっと前のことだが、私は、世界的な規模の大組織の長をつとめるある賢人から大事なことを教わった。私は二十歳そこそこ、その人は七十代後半だったが、人事の適切さで有名だった。


何を見るのかと聞いたところ、その答えが、「重要なことは自分の子供をその人の下で働かせたいと思うかである。その人が成功すれば、若い人が見習う。だから私は自分の子がその人のようになってほしいかを考える」だった。


これが、人事についての究極の判断基準である。


ドラッカー『非営利組織の経営』P18