Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2018-07-01

バランス

| 23:32 | バランス - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - バランス - STAR日記 バランス - STAR日記 のブックマークコメント

ボランティアとして何かをしている。こちらが充実しすぎると危ない。もちろん、どこに生き甲斐を見出すのかはその人それぞれ。だけど、本業は仕事であり、仕事を充実させることによって、自分の人生を実り多いものにすることが大切だと思う。


家庭、仕事、趣味…つくづく、バランスが大切だと思う。

2018-06-26

評価の言葉

| 00:46 | 評価の言葉 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 評価の言葉 - STAR日記 評価の言葉 - STAR日記 のブックマークコメント

教職員が生徒に対して評価をしているのを聞くと、むなしくなってくることがある。たぶん、その人の「教員というバイアスのかかったモノサシ」で評価をしているということが感じられるからだろう。昔も自分はそうだったし、今もそう感じるときもあるから、人のことは言えない。


だけど、こうしたことに関して、やはり、自分の視野を広げる思考をすることが大切だと考える。その努力をし続けていれば、まったく違った角度から物事を見ることができるようになる。


自分を省みず、学ばない、という姿勢は取るべきではない。自分自身の成長もそこで止まってしまうからだ。


私自身は、あまり生徒を評価する言葉を発さないようにしている。それよりも「ありがとう」ということの方が多いような気がする。逆に、評価してしまうこと自体を恐れ、適切な言葉がけができていないと感じるときもある。


まだまだ低空飛行しているという感は否めないが、徐々に進んではいる。

2018-06-23

感謝の気持ち

| 07:32 | 感謝の気持ち - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 感謝の気持ち - STAR日記 感謝の気持ち - STAR日記 のブックマークコメント

他人に「ありがとう」と言ってもらえること。これって次の行動へのスプリングボードになる。


人の経済活動も、実は「ありがとう」という気持ちが起こったときにお金を払っているのではないか(もちろん、そうでないこともある)。


翻って、学校教育でそういう場面をどれだけ子どもたちに提供できているだろうか。大人が「ありがとう」と謝意を伝える行動を示せているだろうか。また、子どもたちどうしで「ありがとう」と言えるような場面を作れているだろうか。


単純なことではあるけれども、忘れがちなことなのかもしれない。今日、授業で語ってみよう。きっと、「自分の気づけなかったところに気づけた。ありがとう」という言葉が出てくるだろう。


そういう言葉が自然と出てくるような環境にしていきたいものだ。

2018-06-09

影響力

| 20:36 | 影響力 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 影響力 - STAR日記 影響力 - STAR日記 のブックマークコメント

中高の教員は難しい。自分のしていることが、どのような影響を周囲に及ぼすのかを見ないといけないから。

2018-06-08

学校の教員にできること

| 19:00 | 学校の教員にできること - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 学校の教員にできること - STAR日記 学校の教員にできること - STAR日記 のブックマークコメント

https://www.sankei.com/affairs/news/180607/afr1806070030-n1.html


こういうニュースを目にすると思うことは、「教育に何ができるか」ということです。現行の学校教育では、「親になること」や「大人になること」とは何かを教えられません。そのなかでも、何が自分にできるのかは、考え続けたいと思います。


国語教師と言う自分の立ち位置でできると思うのは、家族の葛藤を描いた小説を読んでもらうこと。家族論に関する評論や随想を読んでもらうこと。スタンダールの『恋愛論』やボナールの『友情論』を読んでもらうこと。