Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2019-09-04

チューニング

| 20:41 | チューニング - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - チューニング - STAR日記 チューニング - STAR日記 のブックマークコメント

先日、久しぶりに生徒からの相談を受けた。そのときにびっくりしたのは、自分が生徒の苦しさやつらさをわからなくなっていることだった。


その時点で気づいて、頭をフル回転させて、いくつか質問を投げて、「あぁ、そういうことか」というふうにはなったけれども、そういうチューニングができなくなっていたことに気づいた。


ある意味、少しずつ年齢を重ねて、「まあ、それでも大丈夫だよ」と思えるようになったのかもしれず、それはそれでよいのかもしれないとも思う。


でも、当事者からすれば、そういう心に寄り添えない人を頼ることはできないな、と思うだろう。


自分にそれを教えてくれた生徒に感謝である。

2019-08-31

人は見たいようにものを見てしまう

| 21:22 | 人は見たいようにものを見てしまう - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 人は見たいようにものを見てしまう - STAR日記 人は見たいようにものを見てしまう - STAR日記 のブックマークコメント

簡単に言えば、「自分の解釈したいように現実を解釈しがちである」ということ。それがあると、たとえば、子どもが、教師が喜ぶような言葉を、「言いたくないのに言っている」ということにも気づけなくなる。


それを防ぐには、自分の認識力を上げるしかない。白紙の眼で物事を見れるように、意識して訓練するしかない。


この観点は、忘れがちではあるけれども、常に自分のなかにもっておきたい。でないと、子どもたちには見抜かれる。当の本人は上機嫌でいられるかもしれないけれども、周りからの信頼もなくなっていくし、大きな仕事もできない。


自分をメタ認知するスキルは、やはり大切だと思う。

2019-08-21

思考停止

| 19:36 | 思考停止 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 思考停止 - STAR日記 思考停止 - STAR日記 のブックマークコメント

慣習は人を思考停止に追い込むと思います。「これがあれば問題ない」「それがあれば大丈夫」という考えで止まってしまいます


焦りを感じることがよいことであるとは思いませんが、やはり、「このままではいけない」という気持ちはあった方がよいと思います。


授業においても、目の前の子どもたちを見ていたら、「このままではいけない」ということは明らかにわかります。


その状況に有効な一手を打てないことがもどかしくもありますが、とにかく、一つずつ、ほんとうに一つずつ、やっていくしかないのかなと思います。

2019-08-06

折り合うことを教える

| 18:37 | 折り合うことを教える - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 折り合うことを教える - STAR日記 折り合うことを教える - STAR日記 のブックマークコメント

価値観は対立をよぶものです。それでも、人と長く付き合うためには、自分の価値観を少しずつ被瀝していくことが必要となります。


そこで大切なのが「折り合う」ということだと思います。


卒業生がやってきたのですが、そのあたりで苦労しているようでした。少し、話をしてみましたが、どうなるやら。

2019-07-03

アウトプット

| 07:49 | アウトプット - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - アウトプット - STAR日記 アウトプット - STAR日記 のブックマークコメント

最近の自分のアウトプットを見てみると、どうも、行き当たりばったりで、あんまり質は上がらないなぁという感じがする。


それは、インプットをしていないからだろうとも思う。


ただ続けることは大事かと思っているので、続けている。