Hatena::Groupmanabiai

STAR日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年10月から『学び合い』の実践を始めました。 中高の国語で『学び合い』の考え方で授業を実践しています。 授業のことを中心に、気付いたこと、考えたことを綴っています。

2019-05-15

無意識に

| 22:01 | 無意識に - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 無意識に - STAR日記 無意識に - STAR日記 のブックマークコメント

無意識のうちに、ある行動をとる場合がある。そのときは、知らず知らずのうちに身についた自分の傾向性が影響していることがよくあると思う。


その傾向性は家庭だったり、学校だったり、職場だったり、自分が主に所属する場で形成されるのだろうと思う。


それは、自分一人では容易に気づくことは難しい。


その意味で、やはり、他者と比較することは大切だと思う。ただ、それでも、「自分自身を大切にする」ということは忘れずにいたい。他者と比較して、勝っていたら自信が高まり、負けたら自信が低くなる、というのは、本当の自信ではない。


どうにかこうにか、本当の自信というものを、自分の子どもたちだけでなく、生徒たちにもつけてもらいたいものだと思う。

2019-04-30

独学

| 20:48 | 独学 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 独学 - STAR日記 独学 - STAR日記 のブックマークコメント

なんだって独学すればある程度のところまではいける。なにか問題にあたったら、とりあえず本を読めばある程度なんとかなる。


それでも、なんとかならないこともある。だから、人は集って、知恵を出し合ったり、励まし合ったりするのだ。


学校だって、そういう場所であっていいはずだ。むしろ、いまは、そういう場にならなければ、存在意義さえ失われてしまうのかもしれない。


https://readingmonkey.blog.fc2.com/blog-entry-592.html

2019-04-15

できない理由を並べない

| 20:34 | できない理由を並べない - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - できない理由を並べない - STAR日記 できない理由を並べない - STAR日記 のブックマークコメント

何かにつけて「できない理由」を並べてしまう。人間のさがなのかもしれません。ただ、それでは一歩もよい方向に進まない。


「できない理由」はいろいろあるでしょうけれども、それを「どうしたらできるか」を考える方向にシフトするのが大切だと考えています。


ときには悩むことも大切なのかもしれません。でも、その切り替えの時間は、はやければはやいほどよいはず。


そして、暇があれば少しでも本を読み、ヒントを得ること。


この繰り返しで、自分の時間をうまく作り出していきたいものです。


今年度も、おそらく「はい、どうぞ」のかたちでの『学び合い』は、徐々にしかできないと思われます。ただ、マインドとしては、それに限りなく近づけたい。そう思っています。

2019-03-10

鏡の法則

| 17:58 | 鏡の法則 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 鏡の法則 - STAR日記 鏡の法則 - STAR日記 のブックマークコメント

子どもたちに生じていることは、自分の心の鏡となっていることである。『鏡の法則』という本もあるけれども、本当に法則として存在するように思える。


だからこそ、辛いこともあるけれども、少なくとも、教職という「人を育てる」という職業に就いたのであれば、避けては通れないことだと考える。


でも、それでも「生徒の責任」にして、自分の問題とは考えない人も多いのかもしれない。それだと自分自身の成長は止まるし、本当に変えたいものも変えられない。現実に妥協するだけになってしまいかねない。


人の心を変えることは難しい。でも、自分の心の支配者となることはできる。コツコツと自分にできることをやっていくのみである。そうした姿勢で、他人に影響を与えることはできるだろう。

2019-02-08

教職の本質

| 18:32 | 教職の本質 - STAR日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 教職の本質 - STAR日記 教職の本質 - STAR日記 のブックマークコメント

突然、やる気を出す生徒もいる。何がきっかけになるかはわからない。テレビのニュースを見たり、本を読んだり、何かが発奮材料になるのだろう。


でも、私たちの仕事は人を導く仕事である。本当は、私たちこそ、生徒に火をつけることができなければならない存在なのではないか。それができないなら、私たちの努力が足りないのではないか。


もちろん、がむしゃらに努力すればいいわけではない。その裏には、しっかりした知的な蓄積が必要だろう。「その一言」のために自分の見識を磨く。


環境を言い訳にして、愚痴を言っている場合ではないかな。やれることをやっていこう。直接的な努力はそれだ。そして、間接的な努力として、布石を打ち続けることが大切だと思う。